「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

家族なのにな・・・

d0065558_12144780.jpg

音楽心理療法のプロセスの過程で ”子どもの頃の自分の家族” や ”今の家族” の絵を描いたとき
自分が思っていたのとは違う雰囲気の家族の絵が出来上がる事があります。

何も考えずに(理性とか倫理観とか常識、とかに出来るだけとらわれないようにして) 
5人家族の絵をかいてみて その絵についてセラピストと話していると
家族の誰一人として手を繋いでいなかったり
無表情であったり
一人だけ巨大にかかれていたり

自分が気づいてなかった ”事実” に衝撃を受ける事があります。

もう一つ例を挙げると
自分から特定の家族メンバーに向けて ものすごいエネルギーに満ちた色と濃さが向かっており
その色は自分の内部まで蝕んでいるようである一方
もう一人の家族メンバーに対しては ほとんどエネルギーがいっていない


ウチはなんて特異な家族の形なんだろう と思わず感嘆詞が出たとき

じゃぁ、どんなのが自分は あたりまえの家族の形 だと思っているんだろう?
という対話につながる。

CMとか、ポスターとか、商業的な場でよく見る ”しあわせそうな家族” のイメージが 
”スタンダード” だと
無意識に思っているから 自分の家族の特徴を細部まで見たときに その特異さに驚くのだろうか? 


発想を転換して
例えば 色鉛筆セット。
もし、パカッと蓋をあけたら、ピンクとオレンジの色鉛筆が5本ずつ入ってるだけだったら、は? って思うと思う。
私たちは、色鉛筆の箱には、12色 ないし 24色の色鉛筆が入っているのが ”あたりまえ” だと思っているから。

家族の形にだって同じことが言えるとおもうんだけど・・・
世の中、2パターンの幸せ家族 2パターンの家族の関係性や歴史しかないなんて、ありえない。
家族の形にだって、明るい色も、暗い色も、渋い色もあり、組み合わせによっては無限大の色を作れ どんな絵だって絵描けるものなのだ。

だけど、何かの理由で
どす黒い色しか使われていないような家族との関係だったり
おとぎ話のような表面的できれいごとごっこ をやってるような家族との関係だったり、、、

家族の数だけ 家族の絵があるのであって、 
どれがスタンダードで、
どれが特異な絵だ、
なんてものはない・・・ けれど、心は勝手にそういう事を決めつけていて、幻想を見ようとしたり、自分の”理想”を家族とやろうとして、現実の家族と現実の自分とちゃんと向かい合えてない事がある。

そして、それが自分をとても苦しめる。

色鉛筆の色が沢山あるのが当たり前であるように、
家族の形も、自分の在り方も、無限にあり
自分で選べるのだ 作っていけるのだ という感覚がもてるようになる作業ができるのも
音楽心理療法の過程で起こる変化だといえる。



音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session
についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/

http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。
.
.
.
    

[PR]
by totoatsuko | 2016-09-28 09:57 | Comments(0)

世界は 見る人の数だけ違って見えている

d0065558_11250135.jpg
誰かに対して 周りの人と全く違う印象や見解、解釈をもっているんだな、と感じたことはありませんか?

例えば、、、
小さな子供と大人がディズニーランドに行ったとき
同じ夢物語の世界を歩いていても 子どものディズニーランドの体験と大人の体験は違う。

自分より格段背が高くて大きいミッキーやドナルド。
乗り物にのって、本当にその世界を生きているように感じたり、ヒロインになりきったり。

かたや、ある大人はお金の勘定をしているかもしれないし、時間を気にしているかもしれないし、かったるいと思ってるかもしれない

例えば、日常の何気ない事
息をすること
坂道を歩くこと
メールのやりとりをすること
ある買い物をすること

人は、家族は、だいたい自分と同じように感じている、と無意識に思ってる。

でも、全然違う可能性がある、
子どもの体験と 大人の体験が 明らかに違う という程度に明らかに、くっきりと。


個々人の事情と、過去の記憶と経験の積み重ねの上に立っている現在の個々人の”感じ方”は本当に千差万別。
いいかえれば、日常に生きづらさを感じる、行き詰まり感を感じる その世界の自分の見え方は
その世界を ”見て、感じている” 自分 が 変われば 見え方も感じ方も変わる、と言える。

そのためには、今の見え方をしている自分の心の構造を変える事で可能になる。
思考をいじって、理性で、この角度から世界をみたらいいんだ、と分かっていても ”こころ” の感じ方が変わらなかったら、見える世界は本質的には変わらない。

心の 世界の感じ方を変えるには
今、自分の心は何を感じているのか という事が 
本当の意味で分かるようになってきたら 自然に変わってくる。

自分の心は 本当には どんなふうに過去を感じていて、どんな風に今感じてるか
それが、頭を使わず、感覚で 色にしたり 音にしたり イメージ化することをセラピストと重ねて行う中で
自分で 自力で 自分の心の感覚を取り戻す事ができる。

多くの場合、辛い状況や、向かい合いたくない状況を乗り切るために、
人は頭でいろんな理屈をつくって心をコントロールしていて、辛い事に飲み込まれないように自分を防御している。
心が本当に感じている事を感じられなくなっている。

そのギャップが その無知さ加減が 自分自身の苦しみを産んでいる場合がある、とも言える。



音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/

http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。
.
.
.
    

[PR]
by totoatsuko | 2016-09-01 11:05 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite