カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Music together 2016年夏学期 代々木上原クラス

d0065558_1334211.jpg
Music together 2016年 夏学期 
代々木上原クラスの日程詳細が決まりました。

場所:代々木上原駅付近
日時:日曜日 9時半~・ 10時半~ 
各回45分セッション 

(計7回)子ども一人分の参加費:17500円 
8か月以上のご兄弟料金: 13500円 
(夏学期の教材1家庭1セット、マクロビ スナック付き)

ご両親、祖父母様の一緒の参加、歓迎です!

スケジュール
初日:7月3日
最終日:8月20日 (この日だけ土曜日です!) + 公園でBBQ
8月14日はお休み

秋学期の初日 
8月28日 music together クラス 


お問い合わせ・無料体験 お申込みは letsmusicingATgmail.com 灘田 まで。
(ATを@に置き換えてください)

Music together について過去の記事
単発ではなく学期を通して参加する理由

私が娘と参加したmusic together体験感想文

music together がいい! と思う理由

Music Together本部のHP

アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ       
[PR]
by totoatsuko | 2016-06-18 13:38 | Comments(0)

音楽心理療法 と 気学 と

d0065558_10493874.jpg私が最近している仕事は

・音楽心理療法 
(深層心理と対話する個人セッション)と 
・音楽療法 
(発達や情緒が気になるお子さん)と  
・ピアノレッスン と
・music together と
(幼児早期音楽教育プログラム)
・気学鑑定 

書き出してみると、色々やっているように見えてきましたが
自分の中では、手法や視点を 相手やセッションの目的に会わせて変えてやっているだけで
根本のポリシーの所ではつながっている、という感じです。

今日は、何が書きたかったかというと

よく

「心理療法行って、本当に自分が変わって楽に生きれるようになったよ」 といろんな人に話すけど、ふ~ん という反応で、それ以上聞いてくる人ってほとんどいないんです。体験した自分からしたら、こんなにもいいものなのに、と思うんだけど。

という話を過去 あるいは 現在進行形のクライアントさんからきく、という事。


みんな現状の自分のパターンや、人との関わり方にふまんがあって、ストレス抱えていて、ちょっとはその状況を変えたい、変わりたい願望もあったりするのだけど、”変わるために自分を投げ出して何かに取り組んでみる” というのは、ちょっとやそっとでは出来ない行動ではあると思います。

現状苦しんでるけど、経済的にも時間、体力的にも自分の身を削って(あるいみ痛い思いをしたり、負担を感じたりして)、よくわからないプロセスにはなかなか飛び込めないと思います。自分自身がセラピーに初めていくまでに色々行かない理由をつけていたから、その気持ち、よくわかる。

結局、セラピストになるためにはセラピーに行かなくてはいけない、という縛りがあったので、行かざるを得なかった、というのが、私の心理的変容の第一歩でした。セラピーに行かなかったら、今なお どんだけ自分で自分を苦しめながら生きていただろう、と思い ぞっとします。


気学 は、苦しくて苦しくて息が出来ないくらいの時に出会って、
これも音楽療法と同じように 座学を学びつつ、自分でその知識をつかって動いて事象を検証したり、臨床しつつスーパーヴィジョンを受けて色々確認しつつ、今の私の一部になっています。

気学もまた、興味本位で利用すると、百害あって一利なし、の世界。

自分の存在の根源にかかわるようなプロセス、というのは
なかなか 気軽に取り組めるものではないし
その人がそれをやるんだ というタイミングでないと いい意味で利用できないし
逆に 大けがを負ってしまうこともあります。

だけど、そのプロセスをやり切りたい理由があって その人がそのプロセスを求め
セラピストや鑑定士を信頼して タッグを組むことが出来たら
それはそれは 深い変容を内側の深い所から生じさせる、
場合によって位は 別の人間に生まれ変わるような感覚になるような変容がおきる、
と信じています。

P.S 写真は、明治神宮の菖蒲。今が旬。このエリアには初めて行ったのですが、朝いちばんに行ったら人も少なく、空気もひんやりしていて、とても気持ちの良い散歩ができました。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session
についてはコチラ   
.
.
    

[PR]
by totoatsuko | 2016-06-18 11:10 | Comments(0)

傾聴とセラピーは全く異なる

d0065558_14394462.jpg辛い出来事を誰かに話す事で気が楽になったり、方向性が見えてきたりして、とても助けられることがある。
傾聴 とは、よく病院とか震災でボランティアをする人達などの教育をする時に説明することがあるのだけど、要は ひたすら相手の話をきく というスタンスのこと。 そういうスタンスで相手と接する事で、困っている人が 自分の思いを理解してもらった、受け止めてもらえた、と感じる事ができる。

傾聴 というテクニックはそういう意味で素晴らしいものだと思うが、
セラピー という治療行為の枠組みの中で相手の話を聞いている場合 
吹聴とは全く異なるスタンスで話を引きだしたり 受け止めたりしている。

なぜなら、サイコセラピーを行う時には、
その人が必要な変化:価値観・世界観の変換や、言動、思考パターンの変容 等が、
その人の根本の所から起こるような事を目的としているからだ。


それゆえ、心の深いふかいところまでを刺激するような会話や、アートワークを、
その人の状態に合わせながらやっていくのだけれど、
下手をしたら、まだ当人がその深い傷を手に取って受け止めるまで心の状態が変容していないのに 経験の浅いセラピストがクライアントの状態をキチンと把握できず、深いところに導きすぎて、再び傷を負わせてしまう(リトラウマタイズ)事がある。

傾聴 と セラピーでの会話 は よく混同されるのだけど、全く異なるものなのだ。


先日 友人が尋ねられるままに自分の経験を知り合いに話していたら
当時の細かい出来事が鮮明に蘇ってきて 過去のトラウマを追体験している気持ちになって
落ち込んでいる、という話になった。

まだ、誰かに詳細を話すほど 傷口は閉じてはいなかった、と。
相手に悪気はない、ただのお喋り、というセッティングだったから、話した自分に責任があるのだけど、、、
ちょっとかさぶたにふれてる程度のつもりで話していたけど

実際自分がやっていたこと
(細かい出来事、当時言われた一つ一つの言葉を思い出し話す、という行為)は、
自分の傷口を深くほりさげていたことだったと。

そうしたら、ぱくっと皮膚が深く開いて、血がどばーーっと流れてきた、と。

彼女の過去の悲しみや痛みは 風化していなかった。
まだ 当時のトラウマに関わった人との関わりはネガティブな形で続いているから 
もっともであるともいえるのかも。

痛みとか、恐怖とか、 そういう経験って、そう簡単に心の記憶から消去されるものではない。

なんてパワフルなんだろう。
トラウマレベルの経験は、蘇ってきたら一瞬で 深い闇に突き落とせるような魔力を持っている。


そんな事を思っているとき 
私の中で 親しい人を弔ったときのイメージが 鮮明に蘇ってきた。


日本では、人が亡くなると多くの場合、荼毘にふされる。
遺骨を囲み、ここが喉仏、ここが骨盤、これが手術していれたボルトの場所 と説明をうけながら
みんなで骨を拾って一つの壺にいれる。

肉体が死んだら、 なんにもなくなる。
自分がこうなるとき、 悲しみとか痛みとか 
そんなものは全部昇華できてる状態になれたらいいな、と思った。 


壮絶な悲しみや痛みを経験したとしても
せめて、真っ白い骨だけになるときには それを超越した状態の自分になっていて、
そうして 次のステージにいきたい、 と思うのだが
もう何十年寿命が与えられているとして その間に トラウマ的な経験をせずに済むか
というのは、生きている限り何も保障がない。

時がきたら 願わくば 透き通るように何もなくなっていくように命をおえたいと思った。




幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session
についてはコチラ   
.
.
    

[PR]
by totoatsuko | 2016-06-04 10:44 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite