「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

何故パブリックに暴露するのか?

d0065558_16571724.jpg
ゴシップ。
LINEのやりとりがパブリックに漏らされて、
奥さんと言われる人が週刊誌にプライベートな話をしている。
不倫相手から謝罪がない、と怒っている。

他人事なのですが、
どうして彼はこんな事してしまったのかな? 
というのと
どうして奥さんはこんな風にマスコミに喋ったのかな? と考えてしまいました。

世の中にゴロゴロ転がってるような話ですが、
そうは言っても当事者となると、それ相当の悲しみや怒り、やるせなさのどん底に突き落とされるような
それはそれは経験した人にしか分からない苦しみがあります。

しかし、それを週刊誌に話すかどうか、というのは別の話です。

例えばこの人が
自分が苦しくて悲しくて辛くて、そして自分は何も悪くないはずなのに、
自分にも非があるように言われたりして? 
でも、自分は本当に悪くなくて、彼が悪い。
だから彼やその相手がこの状況を修復したり
自分をこのひどい状況から元の状況に引っ張り上げる責任があるのに何もしていない、

ということを世間にバラし、世間にジャッジしてもらい、自分の味方にしようとすることで、
自分の正当性を 死ぬほど認めてほしい、死ぬほど確認したいのかな

でもせいぜい 自分の大事な人生がマスコミと不特定多数の人の好奇心の餌食になるくらいなのにな、

と思ったりしました。

暴露する事で、自分の正当性なんて絶対確認できません。

相手や状況によって失いかけた自己肯定感を取り戻したり、
どん底から人生を前に進めていく事や、死んだ自分の心に命を再び与える事は、
つらいけど、自分にしかできません。

怒りを相手にぶつけて、世間に怒りの波紋を広げても、
自分がその渦にのまれているままです。

相手がそうことをした自分をちゃんと見つめようとしない人
何故自分はこういう事を繰り返してしまう人間なのか、と深く自分と対話をしない人だったら
この人にどんなに怒りや悲しみや愛を伝えても、あるいは冷静な対話をしようとしても
こういう時の自分には必要のない彼からのエネルギーに引っ掻き回されるだけでしょう。

そもそも何もしなくたって、こういう時は ずんずんと負の渦に飲まれ引き込まれそうになる事が多いです。

自分が自分でその痛みをちゃんと感じ、自分でその痛みを受け止めたら
~ 一人でやるには困難すぎる事が多いので、、、
親しい信頼できる人に話を聞いてもらう、とか、プロのセラピストの助けをかりるとかしたら、

次に自分がやるべきことがみえてくるはずです、その力が湧いてくるはずです。
あるいは、「自分が」 この渦から 負のエネルギーから抜けようと努力しないとどうしようもないのだ、
という事に気づく事ができると思います。


しかし、そういう選択肢を何らかの理由で選ばず 
(セラピーという分野がある、という事を知らない人も多いですしね)
こういう彼とずっと付き合い結婚して、今こうしてドロドロしているということは
結局は彼女も彼と同じレベルの波動にいるのかもしれないな、と思います。

絡み合った波動から自分が抜けたいなら、
相手を責める・恨む・という形で相手の波動と自ら積極的に繋がり続けている、というのに気づいて
自分の波動を変えるしかない。


当事者の方たちは、ご自身が気づいている気づいていない、に関わらず
相当な心理状況にいらっしゃると思います。

この出来事は、とても大変だけど、其々の人にとって、自分の心を見つめなおし、
新しくより成熟した自分へ脱皮することが出来る大きなチャンスでもあります。

考えるべき、感じてみるべき感情の素材が 心の表層近くにあふれ出ているからです。

もちろん、素通りして騒動が収まるのをやりすごし、
同じパターンを人生で続けていく、という選択肢もあります。

みなさんにとってよい方向に向かっていく事をお祈りしています。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ
[PR]
by totoatsuko | 2016-01-16 13:19 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite