カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

決断の理由

d0065558_946127.jpg
何かの決断をするときの自分の中の理由はなんだろう?
みんなが納得しそうな理由を自分はどのくらい無意識に求めているのだろうか?

例えば、どうしてマクロビオティックに食生活を変えたの? と尋ねられた時
”自分がそうしたいと思ったから”

という理由が一番大事で

データによると、その方が健康にいいから、
地球にやさしい生き方だから
動物を殺したくないから
化学合成物を体にとりいれたくないから

等の、相手が納得できそうな理由は
”自分がそうしたい” という気持ちになった根拠の一部でしかない。

どんなに健康によくても、”自分がそうしたくない” と思えば
それが自分にとってベストな決断であり、それを人がどうこう言うものではない。

自分がほんとうにそういう食事をおいしいと思ってるかは二の次だけど、
自分にとって 人からオシャレ に見える事が大事で、
だから今はマクロビオティックをしてる、という人もいる。

人からの評価が自分にとって一番大事なら、それでいいんじゃないかな。

自分はそうしたくないけど、相手との関係が今は自分にとって大事だからやる。
そう、自分が分かって、相反する心を抱えながら決断しているなら、それでいいんじゃないかな。

そういう気持ちを相手に伝え、そのうえでどうするか、という話をして新しい方向性を相手と考える、という方法もあるかもしれない。

自分にとって大事な関係が、相手が求めない自分の意見を出す事で、
関係が 熟したり 変容していく のではなく壊れてしまうのなら、
そういう質の関係である、そういう事を自分が大事にしている、という事がわかるかもしれない。

結婚とか、離婚とか、進学とか、買い物とか、創作とか、企画とか、
”周りの人が聞いて非の打ちどころのない決断の理由” をひねり出す事が出来るまで自分の本当のやりたい事を実行できない、というのは勿体ない、と私は思う。

人生、時間は限られている。
何かをする時、しない時、”自分がそうしたいと思っている” ”自分にしっくりくる” というのが、
何にもまして大事な理由だと思う。 

それがあれば、その決断の結果が思うようにいかなくても、自分の決断に責任を持っているから(だって、自分が望んだことだもの)その行く末に柔軟に寄り添いながら、次の決断をしていけると思う。


やる、やらない、と自分のフィーリングを根拠に決めた後、

周りに理解してもらう、あるいは、理解できなくても見守ってもらう、邪魔しないでもらうための説明や説得の努力は必要かもしれない。やりたい事を、では、属している人間関係の中でどうやって実現していくか、というのを次に考えないといけないけれど。

そもそも万人にとっても正解は存在しないし、
すべての人に理解して賛成してもらう事なんて不可能なのだ。

だからといって、みんなに応援してもらえなそうだから、批判されそうだから
”自分のやりたい”気持ちを ”自分で否定する” 必要はないと思う。

本当にやりたいことだったら、最初は仲間がいなくても、攻撃されても、やり切れる力が
”やりたい” と思う自分の気持ちの中に宿っている、眠っている、と思う。





アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ




[PR]
by totoatsuko | 2015-03-18 10:13 | Comments(0)

助け合い行動

d0065558_15362976.jpg 元陸上選手の為末大氏

”子どもの頃に競争を避け、順位をつけない教育を受けた場合、大人になってから助け合い行動を取らない傾向があるという話をこの間聞いた。とても面白いと思って理由を聞いてみた。

理由は子どもの頃競争をせず順位もつけなかった場合、明らかな差を目にすることが少ないので人間の能力は平等であるという考えを抱きやすいのだという。もし人間の能力が平等であるならば、優秀であるかどうかは努力次第で決まることなので、優秀でない人は努力をしてこなかった人ということになる。だから困っている人を助けない傾向にあるのだという。(続く)”

と書いていたのを読んで

私は、どうして卒業後は困ってる人のためになる仕事がしたい、と大学時代に思ったのか思い出してみた。
そして、私は、競争したり、順位をつけられるような経験を子どもの頃にしただろうか? とも考えてみた。

困ってる人、というか、助けが必要な人のために働く仕事がしたい、と思ったのは、子どもの頃、自分の弟が長期にわたって入退院をくりかえしていたり、その周りにいる家族、親族がてんやわんやしているのを見てきたから。

順位とか、競争、に関しては・・・
ピアノの世界で厳しくトレーニングされる中で、
上には上がいるし、
どんなに自分なりに努力しても掴めない技術やセンス、それに運がある

為末氏が書いている、人間平等じゃない、というのは子どもの頃から何となく気づいていたかもしれない。

だけど、自分の努力が足りないのだ、という思いも強かったと思う。
ピアノって、ある意味孤独な楽器で、
スポーツのように仲間とタッグを組んで勝ちにいく、という経験は、私はしなかった。

これでいい、と自分に対して思った瞬間、
クラッシック音楽の世界では、
素晴らしい音楽を作ることをあきらめている事になる、と学んでいたから。

それに、ピアノで敵わない人が沢山いる世界にいても、
自分よりできない人の気持ちを小学生の頃に察することが出来ていたか? といえば、
そうでもなかったと思う。

自分に厳しく、そして、助けを求めず頑張る、ことは学んだけれど

”助け合い” が出来るようになったのは、この子どもの頃の経験だけじゃないな、と思う。

そんな子ども時代があって、年齢を重ね、それなりにいろんな経験をして、
その上で
とても辛くって自分一人ではどうしようもない状況になって、
家族にも助けてもらえる内容ではない状況になって
自分が我慢すれば、、、では済まない状況に追い込まれたとき
私は、初めて周りの人に、自分から助けを求めることを始めたのだと思う。

そして、自然と、周りの人に対して、自分に出来ること(職業としてではなく)を還元していく
持ちつ持たれつ(共依存、という病的ではない関係で)の共助の関係を築いていけるようになったのではないか
と思う。

同じ経験をしても、そこから学ぶ事、感じること、発展させていく事、は人ぞれちがうので
子どもの頃に競争する経験をすることが、共助の精神の土台になる人もいろだろうし
そういう経験をしなくても、競争経験がある人と同じような感覚を持つかもしれない。

今日、この日が成り立っているのも、みんなに支えられているから、
そう心から思うようになったのは大人になってから。
感謝です。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ




[PR]
by totoatsuko | 2015-03-17 16:03 | Comments(0)

Music Together 春学期 2015

d0065558_983976.jpg Music Together 代々木上原クラス 春学期のお知らせです。

初日:4月5日
最終日6月21日 (計9回)

クラスのない日曜日 4月12、19、26日

時間: 日曜日10時半~11時15分
料金: 一人目のお子さま22500円 
8ヶ月以上の兄弟児 18000円

春学期の教材、マクロビオティックなスナック付き。

ご両親、祖父母様の一緒の参加、歓迎です!


これまでの記事
クラスの単発利用は可能ですか?


私が娘とmusic togetherを体験した感想


music together・幼児時代の親子関係の色合いを変える力






アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ




[PR]
by totoatsuko | 2015-03-02 17:00 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite