「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

音楽療法からみた心の健康とは?

音楽療法からみた心の健康とは何か? 

というご質問をいただいたので、私なりに自分と対話しながら考えてみました。

以下は、私個人の視点ですが、

音楽療法、特に心を扱うことが目的のセッションは、何か特定の答えを得るため・・・
例えば、悩みがない心になる、とか、次の人生の選択肢はどれがいいか、 
というような目的を持って行わないのです。
(セラピーのプロセスを歩むことで、
結果的に、エゴとかミエとか自分の不安感に無意識に操作されている自分から解放されて、
本当に自分が選びたいことに気づく、ということはありますが・・・)


今こういう状態があって、苦しい、とか、不安だ、とか、腹が立っているとか、
自分のこうういう部分をみつめてみたい、変わりたい、というニーズがあったとしたら、
”自分が本当に必要としている心の変容” を起こすプロセスを音楽とアートを使って一緒に行っていきましょう、というスタンスです。

お薬を飲んだら、その薬が、ホルモンバランスを調整してくれて気持ちを落ち着けてくれる、
お薬だのみ、というのとは全然違う、
その人の心と、セラピストの心と、音楽とアートがtherapeutic に交錯していく過程を重ねて、
その心自らが、自分が持ってる自浄作用だったり、sef-heaingな力を目覚めさせて、
人としてhoistic によりheathy な状態になっていく。

何か、特定の出来事が起こる事に向かってセラピーは行わない。
自分が想像できる範囲の変容なんて、限られているんです。

心は、意識されていない、無意識の部分のほうがはるかに大きくて、そこに、よりよい方向に向かうためのヒントがたくさん眠っている。だから、その部分の自分と対話して起こる変容というのは、想像をはるかに超えるものなのです。



だから、私は、”一般論として” は、”こころの健康とは ~ ”  と断定はできないんじゃないかな、と思います。

それぞれの人が、
心から、今私の心はheathy な状態である、
と感じられたら、それが、心の健康だと思うし、

体みたいに、心だって風邪をひいたり、あるいは大病を患って大手術が必要になることもあるだろうし、
死んでしまって、生き返られなくなってしまうこともあるだろうし、、、

一回、健康な状態になったから、それがずっと続くとは限らない。

心は、体と魂とも密接につながっているから、心だけ語っていては、語りきれないだろうし・・・



体の不調を診断したり、治療する専門職は、医師、看護師、技師、整体師、鍼、お灸、など沢山ありますが、
こころの専門職は、精神科医、心療内科医(これは比較的新しい分野ですよね)、くらいしか日本では浸透していませんよね。

体が不調だったら、すぐ行く専門家の場所があるけれど、
心が不調で、カウンセラーのところにいく、という文化は日本にはないですよね。


日本人の心の健康、 はどこに向かっているのでしょうか。
[PR]
by totoatsuko | 2013-11-05 00:01 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)

オードリー ヘップバーン

オードリー ヘップバーン は、私の母の世代に生きた女優。
私も、子どものころ、彼女の映画を何本もみて、すごく好きでした。

最近、それらの映画に使われている、ムーンリバーとか、ファニーフェイス という曲についての話題がでて、
久しぶりにヘップバーンが見たくなって、いくつか借りてきて立て続けにみました。

あんな大きな瞳で見つめられたら、心が奪われてしまいますよね。

お金持ちに見初められる典型的シンデレラストーリーや、
お姫様が庶民を体験する逆シンデレラス?トーリー

映画で描かれている、紳士淑女の美しい部分の世界には、うっとり夢をみさせてくれます。

子どもの頃と違って、
こんなプレボーイを好きになったら、あとが大変よ~、
とか、恋愛と結婚はちがうのよね~、
とか、上流階級はそれはそれで生きてみたら庶民には窮屈すぎると思うけど、


とか思ってしまって、ヘップバーンが演じる役になりきってお姫様気分を味わえないのは残念ですけれど、

自分が人生を経験した分映画が提示するさまざまなシーンの価値が分かり、素晴らしさの深さも感じたりして、子どもの頃とは全く違う楽しみ方ができました。

ヘップバーンって、こんなに歌も踊りもできる女優さんだったんですね。

美男美女と、美しい調度品、レトロな馬車や建築、当時のパリ、ニューヨーク、素敵な衣装
そして、うっとりする音楽。



たまには、タイムスリップして昔のおとぎ話に浸るもの、ステキな時間でした。
[PR]
by totoatsuko | 2013-11-03 20:59 | Comments(0)

ちょっと先に、夢を持つ

d0065558_019873.jpg

ちょっと先に夢をもつ、それも、仕事以外のことで、少し頑張らなくちゃいけないけど、楽しいことを。


シングルマザーなので・・・

私が体調を崩したり、何らかの精神的なダメージを破壊的に受けたりして立ち上がれなくなったら、
子どもたちとの生活はどうなっちゃうんだろう・・・ 

とか

日本の音楽療法、音楽心理療法の行方はどうなってしまうんだろうか・・・
このまま、ピンからキリの音楽療法の、キリの方が広まって、そのまま消えて行ってしまわないために、
音楽療法は、きちんとトレーニングされた専門家が、専門知識と積み重ねられ続ける経験を持って、常に進化し続けいているユニークで効果的な領域であることを、日本の社会で認識してもらえるように、私にできることは何なのか? 

とか

食の安全性や、食のスタイルによって引き起こされているのではないかと言われている、精神的な病や、成人病など、社会的に問題視され始めて、もう長い年月がたっているのに、いまだに、日本はオーガニック後進国だし、plant based diet な人もマイノリティー。 私の子どもたちは、成長の過程で、その食のスタイルに対して、攻撃を受けたり、批判される経験をしていくのだろうか・・・ まぁ、それも人生の修行であり、彼らは自分を試されているのであり、そこで立ち止まって今一度自分と対話する、自分の信念を言語にして相手に分かりやすく伝えようとする努力の過程、
あるいは、自分の信念とは違うが、相手のいう事に共感し、
これだけ、人間の一人ひとりの食べ方によって、地球の在り方が変わり、税金でカバーされてる医療経費だって全然違うはずだし、次世代への影響も変わり、自分の体にも心にも影響を与えているのだ、ということを伝え続けてきたのに、違う世界へと向かっていくのか・・・

とか、

私にしては、珍しいのですが
なんだか、すごく心配になって、自分の中でぐるぐる回していたとき

フラメンコの先生が、クラスの終わりがけ、唐突に

1年半か、2年後にクラスメイトたちによる発表会をしようと思うから
自分が踊りたい曲を決めて、確実に踊れるようにしていってね

と、言いました。


そうしたら、すぐに踊りたい曲が思い浮かんで、
そしてすぐにまといたい衣装のイメージがわきあがってきて、

そうしたら、1年半ってあっという間・・・
もっと練習しなきゃ。
まず、ここ数か月、いろいろ自分に言い訳してなぁなぁになっていた踊りの振りを覚えることを、本気だして早く確実に覚えて踊りこんでいけるようにしないと。

と、気持ちが何か しゃん、 とする部分が生まれてきました。

前回が私にとってはフラメンコの初めての舞台で1年半前くらいの事でした、。

素晴らしい仲間たちと思いを一つにして一緒に成長していくレッスンや、
少しでも時間の隙間を見つけてステップを練習したり、
舞台直近では頭がフラメンコで一杯になっていたり、
日々の会話も、フラメンコがらみの事が多くなったり、
自分の中で、フラメンコに対する思いや成長を大きく前進させてくれ、
それは、私と周りの人の会話や空気を豊かにしてくれた日々でした。

なかなか大人になって、こんな風な自分への負荷のかけ方や、緊張感は味わえないですよね。



色々、紋々とした気持ちは消えないんだけど、

衣装は、明治時代、鹿鳴館で踊っていた婦人たちのような品のある昭和レトロな感じ、
色は、淡い白に近いラヴェンダーのもので、裾の長い、バタデコーラというスタイルものにしてもらって、
持つ扇子は、レースを使った上品なもの

と、妄想を膨らませていたら、うつうつとした気持ちが変化してきました。


将来はわからない。
今を誠実に生きるしかない。

そして、真剣に生きる!

近い将来、ちょっと頑張らないといけない事、でも楽しい事がある、っていうだけで
毎日の色合いってかわるんだなぁ、と思いました。

気持ちは、日々のもろもろと取っ組み合ったりしてるんだけど、

意識のどこかは、もっと先、そう先にある楽しみ、
しかも、”与えられる”楽しみ、じゃなくて、

自分が頑張った分だけ、絶対自分の喜びや達成感が大きい、ってわかってる、
主体的につくっていける楽しみ (それは、なまけたら、その分自分が情けない、恥ずかしい思いをする、という要素もあるのですが、だからこそ、背筋が伸びる)

そして、その楽しみは、自分だけの楽しみだけじゃなくって、
その日に向かって気持ちを持って日々をくらす、
私のポジティブなオーラや波動を受ける家族や友人へとも共有していけるものだし、
舞台を見に来てくれるであろう人たちにも、大きな喜びや希望を与えるものだ、と思えるもの



舞台に立ってる時間なんて、そんな長い時間じゃない、10分?くらいのはずだけど、
色合いを変えながらも、変わらず向かっていく気持ちを持ちながら、
あの緊張感、あのスペシャルな数分にむかって、
”仲間や家族と一緒に” これからの2年間を生きていく、



夢をもつって大事ですよね!

しかも、その夢が、自分だけで完結するものでなくて、
身近な個人的な関係を持っている人にもいいものをもたらすことがうれしい。 
この要素があるから、もっともっと頑張れるし、頑張りたい、って思う気持ちが持てる。
頑張りたい気持ちがあれば、本当に頑張れる、ってことだから、日々の自分をしっかり支えてくれ、
自分の生き方にブレがなく過ごしていけると思います。


って、頑張りすぎて、母行と音楽療法士行と趣味行のバランスが崩れないように、
楽しい無理のない頑張りにしたいと思います!
[PR]
by totoatsuko | 2013-11-02 00:15 | Comments(2)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite