「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

低体重出生児~ 病院を退院した後のサポート環境 と 音楽療法ができること

d0065558_16101639.jpg
障害を少なくする医学を究めていこうと願いつつ,
それでも障害が残る生存になった場合の医療を社会の皆様と共に整備していきたい

NICUをメインにお仕事をなさっているお医者さんの一言が、
色々なことを考えさせられました。

日本では、とても熱心な医師に出会うと、
生まれてからだいぶ成長するまで親身に見てくれるけれど、
そうでない場合は、病院から離れるとどうしていいかわからず、手探りの状態になる。
重い場合は病院とのつながりがあるけれど、
軽い場合は医療との接点もなくなり、不安なままの育児になる、

というような保護者の方たちの声もあります。


例えば、自閉症 と診断を出すのは、医師ですが、
診断をもらう事自体が、子どもを生きやすくはしません。

それに、自閉症といっても、
それぞれの子どもは多彩な特徴があるので、その診断だけでは、その子の本当の姿は何も見えてこない。

自閉傾向のある子どもが、彼らの苦手な 

他者の存在への気づき
感情や意志の表出とコントロール
コミュニケーションスキル

などなどの点を改善、
あるいは伸ばすための介入は、医師による診察では行われません。



浦安市で、何等かの発達障害をもつ未就学児向けの療育プログラムを提供している
こころとことばの教室  という施設で、私は音楽療法などを提供しているのですが、
早産低出出生体重児 も療育の対象に含まれています。


療育施設で日々お子さんの発達が心配で、
療育などの場を探しているお母さんたちや、発達センターの方との関わりの中で思うのは、
公的機関での療育の提供は、量に限りがあり、
療育を受けたくても受けることが出来ない人が沢山いるのだな、という所です。

また、育てにくさがあるお子さんに対して
”療育” という、専門家によるプログラム?サービス?クラス、というものが存在する、
という事すら、まだまだ一般には浸透していないと感じます。



ここ数年、市や区が、民間団体に委託して、あるいは、発達が気になる子どもを斡旋して、
福祉センターでは月1回しか療育を受ける事が出来ない子どもも、
民間の療育プログラムを、毎週 という単位で受けられるようになっている、
という流れが生まれている市や区があるようです。



あるいは子どもの障害の特徴を
正しく理解して接することが難しいケース、幼稚園や学校、家庭環境の中で
子どもたちが生きづらさを感じ、精神的にダメージを受けざるを得なくなっていると、
被害妄想がひろがったり、言葉で説明できない分、手が出ることを抑えられなくなったりして、
二次的な障害を持ってしまっている、
そしてそれに対して、専門的に介入するルートがない、 というケースも少なくないと感じています。

その点、保育所等訪問支援事業、 というサービスに国の予算が数か月前におりて、
認可された施設の専門スタッフが 保育所や学校などに出向いて、お子さんの様子を把握し
先生方の困り感、お母さん方の困り感を組みながら、どのようにしたらそのお子さんが集団生活の中でより混乱がすくなく、あるいは安心して過ごすことができるのか、 というのを専門家の立場から対話を促し、アドバイスを行っていく、という事業も始まっています。

まだまだ、そのサービス自体が全国には浸透しておらず、
提供出来る力がある者も、利用希望者も少ないのが現状ですが。


医療的に問題を持っているお子さんは、療育施設に行く、という事自体大変な事である場合があり、
スタッフが病院や、ご自宅に訪問して療育を提供する、というのが団体として出来ないか、と相談したところ
浦安市からは、事業所内で療育を行う事に対しての認可をもらっているので、原則出張サービスはできない、とのこと。

この辺にも、必要としている子どもたちに療育を届けることが出来ないもどかしさがります。



また、療育を行うと とても成長が促される、
そして、お母さんも子どもへの接し方が学べ子育てが少しでも楽になることが促せますが、
特に、肢体不自由さを持ち、他の発達障害を持っている重複障害お子さんに対して療育が出来る力を持っている専門家の数が、日本では圧倒的に限られているように感じています。



盲学校なども、視覚の問題以外の発達の遅れがあったら受けいれない、
という学校もあり、とても難しい問題です。


日本では、まだまだ質の保障が約束されていない音楽療法の分野ですが、
ヨーロッパ、アメリカなどの音楽療法は、
様々な音楽療法の専門性を大学、大学院と臨床現場で教育され、
医療チームの一員として、患者さんのトータルケアに携わっているケースがあります。

私が直接知っているアメリカの病院では例えばNICU 産科 では音楽療法士が入り、
低体重児の体重増加のために、音楽を道具として療育目的を達成するために使います。

低体重児は、生まれてからすぐ保育器で育成され、点滴などで栄養が投与されるため、
自分で吸う、という力が備わりにくいのです。

そこで、おっぱいを吸う動きを顔の筋肉、そして体をつかって行おうとする”気持ち” を育てるために、
吸うと録音されたお母さんや家族の歌声が聞こえてくるPAL という開発された道具をつかって、
その音楽を聴きたい、お腹の中にいるときからずっと聞いていたお母さんの声がききたい、聞いたら安心する、 という赤ちゃんのモチベーションを生かして、”吸う” という行為をうながし、自力でミルクを飲む力をより早くつけさせる、ということだったり、

保育器などに隔離された新生児とお母さんとの心理的なつながりを確保するために、
音楽療法士の介入のもと、赤ちゃんの呼吸や鼓動にあわせて、歌を紡いでいくプロセスをお母さんに促し、
両者ともが、お互いの存在を近く感じ、感情的なやり取りを音楽的に行い、
それによって、あかちゃんの体重増加も増え、あかちゃんと繋がりを感じることが出来、
保育器にほとんどの時間入っているわが子にたいしても自分が何かをしてあげることが出来ている、等という体験を通して、お母さんの精神的な安定もうながしたりしています。


難聴の子どもにも、視覚だけに依存しない、感覚統合の力を伸ばすために、
矛盾するようですけれど、音をつかって療育することで、彼らの世界を広げたり、
苦手だけれど “聞こうとする力” ”ききたい” と思う気持ちを育てることで、
どうせ聞こえない、とおもって使っていなかった、わずかでも残っている聴力を 
”つかおう” ”きこう”
という気持ちにすると、耳からの情報の量は、格段に上がり脳に伝達され、
脳も、音を情報として処理する力が訓練されていきます。


言語でのコミュニケーションは、子どもはそもそも 大人ほど高くありません。

それに、”感情” という非言語な生き物。
もっと生きたい、もっとやりたい! もっとできるようになりたい、という意欲は、
出来なくて悲しい、腹が立つ、どうして自分は、、、 という気持ちにを受け止められるのは、
言葉でのやりとりには限界があります。

非言語レベルで深く働きかける音楽が、療育の現場で、
あるいは、心の問題を抱えている人のためのセッションで、
トレーニングされた音楽療法士によって、とても有効に使えることができる。

知能、認知、ことば、体、コミュニケーション力の発達のための教育・療育を
音楽を奏でるボランティアではなく、 ”専門道具” としてつかう音楽療法が、
早産低出出生体重児の発達を促すための日本のシステムに正規に組み込まれるには、、、
日本の音楽療法教育の質を上げ、層が厚くなる事でしかないのかもしれません。


養護学級など特別クラスも、生活習慣を学べる、
集団生活を経験するための貴重な体験をすることができるのですが、

それぞれのお子さんの、言語を伸ばす、コミュニケーション力を伸ばす、運動機能を伸ばす、感情のコントロールを学ぶ、などのための 言語聴覚士や、音楽療法士、心理士、OTが行うような専門的な介入を提供することが目的の場ではありません。

病院以外の、医学的な介入以外の、その子どもたちと、
病院や福祉センター、学校との提携の中で利用できる 
療育プログラムが増えていくことを、心から祈っています。




音楽とアートをつかったカウンセリングや、幼児音楽教室についてのお問い合わせやご予約は letsmusicingATgmail.comまで

音楽心理療法・ Guided Imagery and Music 個人セッション (HP)体験談

 アメリカ発 幼児音楽教室 music together ♪  代々木上原教室 無料体験受付中
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-16 16:12 | 音楽療法セッション例 | Comments(0)

見えざる敵「日本: 年間自殺者3万人」との戦い

見えざる敵「日本: 年間自殺者3万人」との戦い

アイルランド人が制作した50分くらいのドキュメンタリーが youtube にアップされている。

10年間で30万人の日本人の自殺者、およそアイスランドの人口と同じ。
まがりなりにも、心理領域の専門家である、
でも、日本の医療制度などには 正式に認められていない、
米国認定音楽療法士、Guided Imagery and Music therapist  という 自分のタイトル。

今、この瞬間にも沢山の人が自殺を考えている。
自殺ホットラインはつながりにくい。
自殺の方法が書いてある本はミリオンセラー。


そう簡単に溶ける心の闇ではない。
個人だけの問題ではない。
それは、確か。


死ぬこと。
それは、その人の肉体が朽ちる、という事だけではない、
沢山の人が、様々な形で傷を受ける。
他の人の生きる力さえ奪いうる。


まだまだ発展途上の日本の心理学などの専門領域。

とらなければならないアクションは沢山ある。


自殺の問題が議論されるようになっても、その数は減っていない、という現実・・・

日本の各種専門家達、地域や、家庭、そして社会、そして個人、全てが当事者。
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-15 00:05 | Comments(0)

未就学児むけ療育施設での 音と色の療育クラスの定義

一言に音楽療法 といっても、
実施される場所、団体、対象年齢、対象者のニーズによって、様々なアプローチと目的設定があります。

そして、同じ相手を前にしても、その音楽療法士が受けてきた教育と、長年の経験などのバックグラウンドにより、(例えば、行動療法的なのか、心理療法的なのか、神経学的なものなのか、等)、セッションの目的設定から、手法から、まったく異なってきます。

それゆえ、未就学児の発達に何等かの特徴があるお子さん向けの 
こころとことばの教室 (受給者証保持者は500円程度で療育プログラムを受ける事が可能)
で わたしが立ち上げの頃から行い、積み重ねてきた音楽療法はどういうものであるか一般的に説明できる文を、仲間と一緒に考え、以下のようにまとめてみました。

短い文で この教室の音楽療法とは を纏めるのは、
音楽療法が狙いとすることが、お子さんの状態によって千差万別なので、
なかなか いい言葉をみつけるのに苦労しました。

少しでも、音楽療法のことを知ってもらう助けになれば、と思います。


音と色の療育(45分間)

このプログラムは、「音楽」と「アート」の二つのセクションに分かれて構成されています。

音楽療法のトレーニングを受けた療法士が、音・音楽や色・アートを「療育を行う道具」として利用し、それぞれの子どもの成長に必要な、

認知力、
言語力(ことば)、
情緒の安定(こころ)、
身体機能の向上(からだ)、
コミュニケーション力

などの発達をバランスよく促します。

音楽療法は、音や音楽の働きかけの中から、子ども達の五感を刺激し、心と身体で感じる感情を育み、もっとお友達と関わりたい、 もっと出来るようになりたい、という意欲を育てます。

日常生活の中で自信を失いがちな子どもたちが、
楽しい音楽体験の中で、時には演奏者になったり、時には参加者になったりと、
参加者が一緒に、音楽を介しながら誰かと同じ時間と場所を共有し、自信をはぐくむことができるのです。

音楽、という 「正解」「不正解」がない世界で
主体的な音楽づくりの参加経験から、
他の人と何かをする楽しさ、
仲間の一員であると自負できるような音楽的空間の中で、
自己表現したり、他者とコミュニケーションをとったりする楽しさに気づきます。

音楽活動での成功体験の中から、積極性を伸ばし、
集団生活に大切な協調性が身についていきます。

「色」の時間も、「音」の時間と同様にアートが持つ様々な要素を療育的に用い、
子どもの創造性、主体性、そして発達を促します。


同時に子どもたちがアートプロセスを行っている時間内に
セッションリーダーが別室のミラー越しでセッションを見守る保護者の方の部屋へ移動し
セッション内で起こった療育的意味を説明したり、日々の悩みや相談を受け付けています。






音楽とアートをつかったカウンセリングや、幼児音楽教室についてのお問い合わせやご予約は letsmusicingATgmail.comまで

音楽心理療法・ Guided Imagery and Music 個人セッション (HP)体験談

 アメリカ発 幼児音楽教室 music together ♪  代々木上原教室 無料体験受付中
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-14 13:44 | 音楽療法セッション例 | Comments(0)

「パートナーと何を創っていきたいですか?」

【今日の魔法の質問】
「パートナーと何を創っていきたいですか?」


(引用)
あなたは
どんな未来を
創っていきたいだろう。

1人で未来をつくる

いいけど
2人で未来をつくる。

お互いに相手に何を求めるか
よりも
お互いでどんな未来を創っていきたいかを
話し合ってみよう。


###


「パートナーと何を創っていきたいですか?」

私は

信頼関係の歴史。






音楽とアートをつかったセラピーや、幼児音楽教室についてのお問い合わせやご予約は letsmusicingATgmail.comまで

音楽心理療法・ Guided Imagery and Music 個人セッション (HP)体験談

 アメリカ発 幼児音楽教室 music together ♪  代々木上原教室 無料体験受付中
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-09 19:59 | Comments(0)

文化の違うひと と 出会う

d0065558_92913.jpg
先日の 投げ銭ライブ。

すっごいローカルな雰囲気のお店に
アーティストの方のお友達のヨーローッパの方々も交じっていて、
なんだか面白い光景でした。

子どもたちがサッカー練習帰りだったので、
ヨーロッパのサッカーチームのユニフォームレプリカを着ていたら、「かわいー」 といって、子どもたちに話かけてくれました、日本語でw



子どもA 「どっからきたの?」
お客さん A 「スイス」
お客さんB 「私のお父さんは、ドイツとフランス人で、お母さんはスペイン人。そのチームがあるところよ。」
子どもA 「えっ、じゃぁ、フランス語喋れるの? メッシと会ったことある?」
お客さんB 「そうね、スペイン語と、ドイツ語もちょっとなら」
こどもABCD 「すげっ。」
母に向かって 子どもA 「さっき、この人英語も喋ってたよ・・・ 日本語喋ってるね。」

ちょっと、会話の細部 はしょって書きましたが・・・

小学校とか、商店街で、日本人じゃない人と交流することはあるけれど、
ライブスペースで、こんな風に関わるのは初めてだったとおもいます。

ナゼ? ナゼこの人日本にいるの?
ナゼ沢山の言語喋ってるの?

?がいっぱいだったらしく、質問止まらず (苦笑)

テーブル囲んで、ヨーロッパの人とこういう会話をしたのは、子どもにとって初めてじゃないのかな。
しかも、色んな国の血が混じってる、多国語を話せるひと・・・



世界には、色んな世界が、価値観が、生活が、生き方がありますねぇ~。
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-08 09:02 | Comments(0)

子連れ 投げ銭ライブ

以前から、友達が企画などにかかわっている、
子連れOKな投げ銭ライブ (事情と都合と気持ちで自分で額を決めて渡すシステム)
の存在を知っていたのですが、
今夜、やっといくことができました。

畳2畳くらいのちょっと高くなったスペースがステージ。

ここは子連れOKな飲食店で、
d0065558_22455370.jpg
畳の間にはちゃぶ台があって、
子どもがレゴとか広げて遊んだり、本よんだり、ごはん食べたりしているスペースだから、
ライブが始まっても、お構いなしに、
子どもたちがモリモリごはんを食べながら、頭の真後ろでガンガン かっぴかれるギターと歌声に反応して、時折、からだをひっくりかえしてギターをみてたり、
さわったり、ギタリストに話しかけたり (だらか、ライブ真っ最中、演奏真っ最中なのですケド!)、
モリモリ食べながら、箸を止めて歌詞に反応して大笑いしたり、
ハーモニーの面白さ、メロディーのカッコよさに真剣な顔でききいっていたり、

ちゃぶ台で食事、というなんだか昭和的なシーンと、ライブのスペシャル感。
ちょっとオモシロイコンビネーションの風景。

そして、大人、子連れじゃない大人の方たちは、お行儀よく、静かに、立ち見してる。

大人も、ヒュー とか、体が動いていって、観客の中にグルーブが自然と生まれてこないかな~、と思いながら、ちょっと眠くなってすり寄ってきた子どもと体をくっつけて揺れる。


まだ、ライブ途中だったけど、9時をまわっていたので、夜風に吹かれながら帰路へつく。
異常に元気そうでハイテンションで走り回っているキッズたちを、
ちょっとオサケが入って、気だるい気分でほほえましく幸せな気持ちになりながら眺めて、
ぶらぶら 歩く。


帰宅して、少ししたら、
友達から 今 ライブ すっごい盛り上がってるよー聴かせたかったな、 
っていうメッセージがはいってくる。



うん、小さな子どもがいなかったり、
他に子どもの面倒を見てくれる人いたら、
私も 最後まで満喫して、
そのあと、もう何軒か ライブの余韻をたのしむべく ハシゴできるのだけど・・・


でも、今は こうやっておうちに帰ってくる、
おうちにかえってきて、 超日常的な家事育児業務を、ハハの顔に戻ってする、
っていうので、いいの。

ハハ にとっては、こんなところに来れることすら、すでに、とてもスペシャル。

もうちょっと食べたかったんだけど っていう、おなかすいてる感と似てるかな。
子どもの世話と子どものニーズが第一でありながら、自分もそれなりに楽しむ時間をすごす。

自分が、
自分の時間が、自分だけのものではない、特に小さな子どもを育てている人生の一時期。

子どもを通しての、
あるいは、母というアイデンティティーが大きく自分を占めている時の世界の感じ方、見方、関わり方も、
トータルで見たときに、その人の人生を豊かにしてくれる時間のひとつ。






音楽とアートをつかったカウンセリングや、幼児音楽教室についてのお問い合わせやご予約は letsmusicingATgmail.comまで

音楽心理療法・ Guided Imagery and Music 個人セッション (HP)体験談

 アメリカ発 幼児音楽教室 music together ♪  代々木上原教室 無料体験受付中
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-07 22:57 | Comments(0)

はらぺこあおむし の アート

d0065558_1259831.jpg
はらぺこあおむし という絵本、もう何十年も前から読まれているものですが

さいきん、はじめて 
あおむしが、たべて たべて 大きくなっていく様子をまじかでみました。


出窓においている、ひまわりの鉢。
ある日気づいたら、レース模様になってる!



はっぱの表面には何もいないから、そのままだったのですが
あるひ、はっぱも花ぴらも穴だらけになっているのにきづいて、
はっぱのウラをみたら、たっくさん あおむしがいました。

しかも、あの絵本そっくり! の。

しばし、絵本の世界に連れていかれました。

On Monday, he ate through one apple. But he was still hungry!
On Tuesday,he ate through two pears. But he was still hungry!
On Wednesday, he ate through three plums. But he was still hungry!
On Thursday, he ate through four strawberries. But he was still hungry!
On Friday, he ate through five oranges. But he was still hungry!

On Saturday he ate through one piece of chocolate cake, one ice-cream cone....
That night he had a stomachache!

The next day was Sunday again.
He ate through one nice green leaf.
.
.
.


窓を開けない出窓のサンにおいているから、
家の外からやってきたおあむしではないはずなのですが・・・

土の中に卵があるのか、
とっても とっても 数日したら、巨大なあおむしを ふと発見します。



不思議な感覚の マインド & イメージトリップを、
出窓のひまわりの 変化していく穴だらけのはっぱをみるたびにしています。


P.S 隣に あさがお も育っているのですが、
そのはっぱには 一つも穴があかないのです。
不思議 というか、面白い。
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-04 13:04 | Comments(0)

確かなものが無いなかで

何かを新しく始める、
あるいは、始めなくてはならなくなったとして

ーそれは、社会人になることだったり、昇進だったり、妊娠・出産・だったり、転職・退職だったり
リスクをとって、周囲の反対や向かい風を感じながらの新しい試みだったり、
追い風で、サポートを得られながらの展開だったり
d0065558_10371373.jpg

いろんな、新しい局面の経験があると思います。


楽しい事もれば、悩み、苦しむこともある。


脱皮できない蛇は死ぬといわれています。

幼虫も、脱皮がうまくいかなくて蝶になれず幼虫のまま干からびてしまったもの、
あるいは蝶の姿になったところで力つきている幼虫を、子どもの時に見たことがあります。
人生って 残酷だな、とその時思いました。

みんな一生懸命生きているんだけど、
うまくいかないこと とか、どうしてそうなってしまうのか分からなくて、
自分の人生なのに、色んな要因に翻弄されているような気持ちになることもあると思います。


例え、そうであっても、
生きる事が 何故か不協和音ばかり、
音のぶつかり合いだけで出来ているような音楽のように聞こえるとしても、
耳をそばだてて、そのなかに自分の音を見つけ、
その音(自分)を見失わないように、自分で自分の音を聞き、
その音が欲しい音をみつけ、音同志が殺し合うのではなく、共鳴できるハーモニーを紡いでいく。

そんな風に、
音楽は、どうやって展開するか分からなくても、
今 この瞬間の音が次の音に繋がり、そして次の音につながり、
リズムとハーモニーとメロディーとダイナミックスが
うねりをつくって、進んでいく。

自分の毎日を、人や家族との関わりや仕事の内容を紡いでいく

今は、100パーセント自分のやりたいことは出来ていないかもしれない
でも、今やれることをやりつづける ことで、 

今 自分がやりたい と思っている事を超えた何か  

をやることになる機会が巡ってくるかもしれない



音楽は、事前に書かれた楽譜をなぞるだけのものではない、
生きている事、息遣いが、歩くことが、すでにリズムを生み出し、メロディーを生んでいて、
その音楽の展開は、即興的に 誰でも作っていけるもの。

これまでの自分の生きてきた軌跡が、
誰かが書いた、あるいは自分がえがいた楽譜通りではなかったことで証明されているように。

誰かに評価してもらうためだけに音の表現があるのではないように、
そして、自分の音を音楽を、誰かに変わって作ってもらう事はできず、
自分が出した音の責任や影響を、他の音になすりつけることなどできないように

生きる事もまた、誰かに評価してもらうためのものでなくとも、

音楽を作る事 その過程自体に大きな意味と苦悩と喜びがあるように、
生きる事もまた、その人 その人の ありようが そのまま明日につながり、
生まれてから死ぬまでの一部となっていくのだと思う。



音楽とアートをつかったカウンセリングや、幼児音楽教室についてのお問い合わせやご予約は letsmusicingATgmail.comまで

音楽心理療法・ Guided Imagery and Music 個人セッション (HP)体験談

 アメリカ発 幼児音楽教室 music together ♪  代々木上原教室 無料体験受付中
[PR]
by totoatsuko | 2013-06-03 10:57 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite