カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

食育

最近 よく「食育」という言葉を見聞きする。
やさいをもっと食べよう! ごはんをもっと食べよう! という講義形式のものから、
田んぼに行って植えるところから刈り取るところまで、部分的に参加する、とか
親子のお料理教室とかという参加型のものまで。

昔に比べて、食べることが出来るシロモノ は量的に増えているかもしれないが、それゆえに、何をどう食べるか?どこからどう調達するか? という問いをしなくてもよくなったため、益々私たちの生活・命は、命から心から遠のいていまい、それに対して警鐘が食育ブームなのか。以前は、クラスなんかとらなくても日常に存在していたであろう農作業や農作業風景、料理のプロセスたち。

それなら、牛が生まれて殺されて裁かれる過程も体験するべきだと思う。綺麗で楽しいことだけやるのは偏ってる。以前は庭で鶏をしめるのを自分の親がやっているのをみて育ち、自分も実際鶏を手にかける。そうしないと鶏肉は食べれなかった。

子どもと命の食べ方 を一緒にみることにした。大人ですら目を背けてしまうような現実。でも、目をそむけたいものはそむけ続ける、というのは、真の食育ではないと思う。

かわいそう、どうして殺すの? 
人間がお肉が食べたいって言うからよ。
どうして? 
食べたいからじゃない? 牛肉食べたかったら、牛さんを殺さなきゃ食べられないんだよ。 
うん。
どうしてお肉たべるためには殺さなきゃいけないの? お母さんが殺されたらかわいそう・赤ちゃん。(映像をみながら)牛さん、嫌だ嫌だって言ってる・・・
お魚も殺さなきゃいけないの?
そうだよ。
機械がお魚のお腹、刺してる・・・

命を奪う現場に立ち会う機会(こちらはもう少し命に対してリスペクトがある殺し方・食べ方)はめったにないけれど、せめて自分達が食べるものがどのような経過をたどっているのか映像を通して知らせよう、と思う。そして、気持のシェアリングや、自分がどういう風に命と関わって生きたいのか、という対話を、まだ、現在の一般常識を知る前の、肉を食べなければ食卓がさびしい、という概念を固めてしまう前の子どもに問い続け・対話し続けていきたい、と思う。

そうすることで、周りからの影響による先入観を持ってしまう前に、自分なりの考えを自分との対話の中から導き出す手伝いをしたいと思う。

牛の命や気持なんてどうでもいい、オレは毎日肉がくいてぇんだ! という風になって欲しくないな、というのは私の願いではあるけれど、彼らは彼らの生き方があるから、そういう考え・生き方に行き着いてもどうこう言わないようにしたい。 でも、そこに行き着く前に、いっぱい対話を重ねたい。知っておいて貰いたい、自分の生き方が、食べ方が、生命に地球にどういうことをしてるのか、という事を。みんながやってるから、の一言で済ませて、考えなしに生きて欲しくない。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-30 09:34 | Comments(0)

アメリカの医療改革ー仲間のために

★ボストン便り(細田満和子さん)[USA] を読む。

この医療改革には様々な視点・論点があるのは承知だが、このリポートには心を打たれた。

以下部分引用
2009年9月9日にオバマ大統領は、両院議員総会でヘルスケア改革についての演説をしました。その際彼は、改革にまつわる人々の危惧を打ち消し、共和党議員たちに改革への協力を訴えかけました。貧困層ではなくて中産階級の人たちが、保険料が高額のため、あるいは持病があるために保険に入れないこと、そしてひとたび大病になったら破産という事態になっていることを指して、アメリカは「民主主義国の中で唯一、富裕国の中で唯一、何百万人もの国民に、こうした苦難を強いている」とまで言いました。

そしてオバマは、ヘルスケア改革の志半ばで病に倒れたマサチューセッツ州代表の故エドワード・ケネディ上院議員(愛称:テッド)からの手紙を紹介しました。
「(ヘルスケア改革は)物質的な損得勘定以上のものです」
「われわれが直面しているのはまさしく道徳的問題なのです」
「問われているのは、政策上のこまごまとしたことではありません。社会正義の根本原理とわれわれの国民性なのです」。
手紙にはこのように書かれてあったそうです。

つまりオバマは、ヘルスケア改革の実現可否というのは、厳密に法制度を整えて正確な収支計算することではなく、アメリカ人が道徳心を備えた公共的精神の持ち主であるかどうかにかかっている、とアメリカ人自身に迫ったのです。

###
自分ひとりの損得のためでなく、国民自身が自分の道徳心に問いかけて決断した。
そんな決断迫られたとき、今の私たち日本人は、困っている人のために、と選択できるだろうか?

政策に道徳を持ち込むことが、私たちは出来るのだろうか?

自分達は弱者だ、とだれもかれもが主張して、なんとか自分達が得するような政策を編み出してもらったり。自分達の税金をそんな人・そんなために使って欲しくない、とか言ってみたり。

それはそれで真実なのだろうけど。

改めて、信念と実現力を兼ね備えたオバマ大統領に改めて感服の念を抱いた。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-29 13:26 | Comments(0)

2月8日-12日 in 広島

広島の大学の授業でGuided Imagery and Music(ガイデッド イマジェリー アンド ミュージック・GIM) について話することになりました。

8日-12日の朝まで広島にいますので、
広島でのGIMや音楽療法全般のワークショップ、
あるいは体験個人セッション希望、という方はご連絡くださいませ。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-25 16:57 | Comments(1)

飛び降り自殺の名所にて

NY timesの記事


自殺する人の数がアメリカよりも、3倍の日本。
政治家を退職した人が、飛び降りの名所で、飛び降りをとどまらせる活動。

ただ、彼らは話を聞いてくれるひとが必要なのだ、と。
話しを聞いてくれるひとがいなくて、追い詰められている人が多いのだ、と。
政府が動くまで、活動し続ける、と言う彼。

私がそういう人のためになるには、どういう動きをすればそこに居合わせることが出来るのだろうか?
オフィスで待っているだけでは出来ないことが沢山ある。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-24 10:58 | Comments(0)

同じであろうとする努力

ふと
人と違うようになる、このためだけに努力をしたことはないけれど、
人と同じであるため、それそのものになるための努力もあまりしたことがない、
と思った。

だから、
誰かのように、あるいは、「一般的に」いい、とされる装いや振る舞いやライフスタイルに近づく事に興味を持っている人が多いから、結果的に、消極的に、なんか人と違うね、と言われることがよくあるのかもしれない。

本質的には、みんな 一人ひとり 人と違うはずなのだけど、
違う、という事が目立ってしまう社会。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-16 09:58 | Comments(2)

Happy Birthday!

先日子供の誕生日。

ふとこの子が生まれてから一緒に過ごした数年間を色々思い出している自分に気づく。
いろんな思い出。その思い出に付随してくる思い出、想い。

そうだ、手紙をかこう。

親や友達や恋人を思い、一緒にすごした日々を思い出しながら手紙をかいたことはあったけど、
子供には、まだない。

子供はまだ字が読めないから、渡すとしたら少し遠くの将来。
渡さないかもしれないな。

それでもいい。
書くこと、そのプロセス自体にとても意味がある。

このスペシャルな気持ち、かけがえのない思い出を、
この子がこの世に命を授かった時、生まれてきた時の事を思い出しながら、
毎日 毎日 くるひもくるひも一緒にすごした私の想い、そして、これからもきっとずっと一緒にいることができる喜びを手紙にしてみよう。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-12 10:59 | Comments(1)

アナログな感じがたまらない

舞台って、その時一回きり、同じ演目を次の日やっても全く同じでない。

それがなんだかすごーくアナログな感じがして、それがまたすごーくいいなぁ、と心にしみる。

ゼロから脚本かいて、稽古して、役者以外の人間達も多くかかわって、それぞれが凄い時間をその作品にかける。そして、一瞬一瞬をつむいでいき、一つの演目として今日そこに居合わせた観客の前で提示される。

かたやYoutXbeとかって、見たいときに見たいものを確実に見れたり
見逃したものを見れたりしてすごーく便利。
撮られた場所や時間に関係なく、誰でもアクセスできる。

そういうものの恩恵を日常でうけているからこそ、
何日も稽古して、その場その場を役者達が生きているエネルギーをリアルに発し・ぶつかり合わせ・交じり合いながら作られていく、その時限りの撮り直しがきかない舞台って、すごい、と思った。

撮り直しがきかないからこそ、その刹那を生きる役者たち・ひいては観客たちのエネルギーが場を芝居を一回一回ユニークなものにしているのだと思う。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-10 23:32 | Comments(0)

半そで

今日も子供たちは半袖。ズボンも、膝丈を希望される日もあり。
冬物いらず。

家を出るときは、ジャケットを着る時も着ない時も。

寒くないの?
寒そう、
かわいそうね、
風邪ひくよ、
がんばってるね、
元気だね、
肌つよくなるよー、
もう12月だよ、

コメントは人の数だけ。
批判的だったり、教育的指導が入ったり、サポーティングだったり、褒めるニュアンスだったり。

コメントを言う人が、子供の状態をみつめて言うのではなく、
自分がかかえている何かを無意識に私や子供に投影しているのではないか、と思わされることもあって聞いていて興味深い。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-09 22:22 | Comments(1)

ライフスタイルを変えるつもりはない

0歳児の子供がしょっちゅう下痢してたり、熱あったり、日常的に抗生物質を摂取しているのをみて、0歳から薬漬けかぁ、なんだかなぁ、、、、としみじみ思った今日。食事を変えれば、病気にもかかりにくくなって保育園も仕事も休まなくていいし、子供の機嫌はよくなるから手がかからなくなるし、お互いの精神安定するし、薬だって与えなくてよくなるのに。マクロビオティックな生活をしている私の視点からは、体に酷なものを食べて病気になって薬をのんで、という循環はやるせない、と思うが、人にはそれぞれの生き方があるので、病気しながら、薬を日常的に摂取しながら生きるのも、尊重したい。

アトピーの人で、アトピーが治ればいいな、と思いなが症状が悪化したときにステロイド塗ってその時その時を対処して乗り継いでいっている人も、食事変えればアトピーとさよならできるのに、とマクロビオティック的には思うけど、その視点はあくまでもマクロビオティック。

最近、はっと気づいて個人的には目からウロコだったのは、食事を変えてまでアトピーを治したいとは思わない、そういうのは「積極的」に望んでいない、むしろ拒否している、という信念・生き方があるのだ、という事。確かにアトピー症状はなくなってほしいけど、食べたいものを我慢してまで・ライフスタイルや食のスタイルを変えてまで治したいとは全く思っていのだ、ということ。、いままでの食生活は維持しながら薬で対処療法をしながら、薬による副作用や内蔵への負担、体内に蓄積された薬毒が次世代の子供の体質にも持ち越され、子供も同じ症状・あるいはもっとそれより重い症状を患うかもしれない、という事実を見込んでもなお、一生アトピーとそういう形で付き合っていく、という生き方をしたい、と思っているのだな。

それに気づくと、何かがストンとおちてすっきりした。
アトピーや糖尿病、生理痛、など慢性症状がある人は、なにがなんでも不都合で不快な症状から開放されたい、と望んでいるのだと思っていたのは、私の思い込みだった。

それは、目からウロコだった。そういう生き方を積極的に選んでいるのだから、それがその人の生き方のポリシーなのだから、尊重するべきだと思った。だから、食事を変えたらその症状は治るよ、次世代への影響を最小限にとどめられるよ、と言うことは、ナンセンスで、その人にとても失礼なことなのだと気づいた。

食事スタイルを変える、というのは多かれ少なかれ痛みを伴う。
周りからはなんで? という反応をされたり、自分の体のニーズと記憶のニーズ(今まで食べてきたものでもたらされた楽しい時間、なつかしい味など)が対立して心が引き裂かれるような思いだったり。食事を変える=さみしい食卓・楽しくない食生活・ひいては周りからわがままと見られたくない、などという不安や根拠のない偏見があるのかもしれない。
食事を変えたことはなくても、そういうことが起こるんじゃないか、という自分の思いや仮想を無意識的に察知して、この痛みを乗り越えてまで症状を和らげたいとは思わない、一生症状とつきあうことになってでも、次世代に悪影響を与えることになっても、心は痛めず薬で対処していきながらたい、という心理も一部あるのではないか、と察する。
[PR]
by totoatsuko | 2009-12-02 22:53 | Comments(2)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite