カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

どうしてこうも振り回されるのかII

d0065558_1537517.jpg家族や親友は、私にとってとても大事な存在だ。
彼らが存在すること自体が、私の一部である。
ものすごく複雑な絡みを積み重ねてきた歴史があるから、どんなに彼らの言動から自分の心が傷ついても、その関係をかぽいっ、と捨てることが出来るものではない。むしろ無理やり関係を切ろうとすると、もっと自分を傷つけてしまうような関係。

でもクライアントは、第3者だ。
関係は、数回しかセッションを行っていない歴史しかない人もいる。

なのに、どうしてこうもセラピストの心は振り回されてしまうことがあるのか。
振り回されるのがセラピストとしてあってはならない状態なら、さくっと割り切ればいいのに。
頭だけで考えると、それが出来ないのが凄く不思議に思ってしまう。

例えば、、、
あるセッションまでクライアントはセラピストに、いかにこのセラピーによって自分のためになっているか、いかにセラピストの言葉や振る舞いが自分にとって暖かく頼りがいがあるものであるか、というのを熱烈に語る。そしてある日突然、今まで言わなかったけどあなたは最悪、と引導を渡される。

love and hate

だれだって、そんな矛盾した気持ちは内包し常に気持ちは揺れているけれど、その触れ幅がはんぱではないボーダーライン-境界性人格障害(神経症と精神病(うつ病、統合失調症の境界領域にある症状も含む。googleしてみてください。具体的なエピソード、色々でてきます。例えばclick。自分の家族や仲間にも似た関係・状態がみられるかも?)に多い。

セラピストになる訓練の中で、自分はどれだけ愛に飢え、愛にしがらみを持ち、hate (憎しみ?嫌悪?)によってどれだけ傷ついてきたか、それゆえにどれだけhateを恐れているか、など嫌がおうにも向かい合わされる。こうやって自分の飢えや恐れを知り、ある程度把握することによって、セラピストというモードの時に自分のニーズをクライアントに満たしてもらおう無意識に振舞ってしまう事を避けることが出来る。


例えば、子どもの頃に親が一切してくれなかったために、誰かに自分を肯定してもらいたい欲が積もり積もっている場合、その状態に気づいていなかったら、無意識のうちにクライアントに認めてもらいたい、と思い、クライアントの心のプロセスに寄り添うのをついわすれて、クライアントに自分の親を投影してクライアントに認めてもらえるような表面的な言動をしてしまう恐れが、例えばの話、ある。

クライアントと恋に落ちてしまう、とか。(ちなみに、APA-American Psychological Association の倫理では、クライアントと個人的な関係になるのは、セッションを終焉させてから二年は置かなくてはならない、とある。)


そうやって、自分の心と向かい合う訓練受けたセラピストたちが、それでも何故love and hate の激しいクライアントに足元から揺さぶられそうになり、その状態に陥るのを防ぎながらセラピストとしての仕事を全うするために何故スーパーヴィジョンを必要とするのか?

人に愛される、人に憎まれる、人を愛する、人を憎む、というのは、それくらいものすごい力を持っているのだ。相手を一瞬に突き放し、塀に打ち付けてずたずたにしたり、一瞬にして天にも昇るくらい幸せな気持ちにさせたり。それは、自分の心がそういうものをどれだけ求めているかというのを知っているか、知らないか、というのを簡単に飛び越えてしまうくらいの、理屈でない世界。ボーダーラインなどの人のlove and hateの針の振れは、はんぱでなく急で大きいので、

思い出してみる、過去の気持ちの変遷を。

そう、私は大事な人に愛されたいというニーズを持っている。しかし目の前のクライアントはクライアントであり、プロフェッショナルな関係である。だから、この人に罵倒されても私の愛されたい、という気持ちは傷つくはずは無い。この人に愛されても、私の大事な人に愛されたい、というニーズは満たされない、分かっている。この罵倒はクライアントの病理の一部であるとも分かっている。それでも悲しく、self-esteemが揺らいでいるのは事実であり、それを無理やり悲しくない、と自分に思い込ませるのもナンセンスだ。
(その後、スーパーバイザーと話し、平静を取り戻す。)


セラピストをやっているとき、クライアントの心近くに寄り添えば、それだけクライアントの心的エナジーを受け取り影響を受けやすい状態にある。と同時に片足は土台がしっかりした大地をしっかり捉えて、大局観をもってクライアントのプロセスをサポートする。揺れ動くクライアントとセラピストである自分自身の心を観察しながらバランスをとっているセラピストの心のプロセス。

分かっていても、どうしてこうも振り回されそうになってしまうのか。
滅多にない現象なのだけれど、そういう状態になっている心に気づいたとき、そう自分に問いかける。

それは、心が生きている証拠?

プロフェッショナルな関係、という前提であっても
心の芯が安定していることが鉄則であっても
クライアントとセラピストの心、や、関係、は「生き物」で、それらの動きを止めることは決して出来ない。

そもそも、生きているものの動きを止めようとするのは、不自然なことだ。

ただ、セラピストとしての役割が全うするためにその関係や、クライアントから影響をうけた心が暴動を起こさない程度に、いい関係性を保つ点検には気を配って行きたいと思う。
[PR]
by totoatsuko | 2009-08-24 15:36 | Comments(2)

どうしてこうも振り回されるのか I

d0065558_1426966.jpg心とは、得体のしれない生き物である。
「自分の心」なのに、自分の頭(理屈?)の言うことをきかない時はもうどうしようもない。
どうして涙が出るのか分からないけど、止まらないことがあって、それも奥深い心の仕業。
自分の心に、自分の行動が制約されたり、ふりまわされたりする。

相手が憎くて絶縁したいと思っているのに、何故か今何をしているのか気になったり、相手に認めてもらいたい、という願いを捨てきれない自分がいたり。自分の心に、自分の行動がふりまわされる。

忘れなよ。という頭からのメッセージが心に届かない。
思わずにはいられない、という状態が、頭には見えないし理解できない。


心理療法のセラピストは、クライアントの心のみならず、自分の心とも向かい合う。クライアントから受け取る、言葉、言葉にならないものから何かを受け取り形や居場所を変え続けるセラピストの心。

セラピストのクライアントに対する存在意味の一つは、クライアントが歩んでいる心のプロセスを補佐する事。
クライアントからのメッセージを敏感に受け止め、返し、また受け止め・・・
その過程では、セラピストの心は常に揺れ動いている。その揺れを利用してクライアントに対峙している、他のセラピストではない、ユニークな一人のセラピストが存在する。

セラピストとして対峙なのは、(心が)揺れても、揺さぶられても、芯はどっしりしている状態を保っていること。
揺れるのと、芯がぐらぐらしてしまうのでは、大きな違いだ。
芯がぐらぐらしてしまったら、プロフェッショナルな役割を果たしにくくなると私は考えている。

だから、スーパーヴィジョン(信頼できる、第3者のセラピストにと定期的にセッション内容などについてコミュニケーションをとる)が欠かせない。

クライアントの心の深遠に寄り添いながら、クライアントの心のプロセスをみまもるスタイルをとるセラピストなら、誰でも心の芯がグラグラするような経験をしたことがあるはずだ。私は、クライアントの言葉にセッションが終わってもなおぐらぐら、ぐちゃぐちゃな状態になってしまった自分の心が抱える不安などと向かい合いながら、一方で、「クライアント」 という、家族でも、親友でもない人によってどうしてこうも自分の心が傷ついているのだろうか、と疑問に思う。
(続)
[PR]
by totoatsuko | 2009-08-24 14:18 | Comments(0)

誘導尋問

d0065558_16114271.jpgガソリンスタンドに給油しにいった。
日本では珍しい「セルフサービス」(自分で給油する。アメリカはこれがスタンダードで、いつも当時は自分でいれていた)の看板をみつけて、お!! と思ったが、通り過ぎてしまったので、次に見つけたガソリンスタンドへ。

「いらっしゃいませー!!(すごい元気で感じにいいかけ声)」
「満タンでお願いします。」
「ハイオクですね。」
「いえ、レギュラーで」

「洗車、すぐ出来ますけど。」
「いいです。」

給油開始。

「こちらに傷がありますが、今ですとキャンペーンでお安く直せますが」
「いえ、いいです。」

「すいません、遅くなりました。これが見積もりでございます。」
「(頼んでないんですけどー)はいどうも。」

「ありがとうございましたー!!!お帰りはどちら方向で!?」
「あっちでお願いします。 どうもー。」
「またよろしくおねがいしますー!!」

####
ただ給油したかっただけなんだけど、いちいち相手の言うことを訂正しなくてはいけなくて、凄く疲れました。
レギュラーよりハイオク買って欲しいのかもしれないし、洗車もして欲しいかもしれないけど、誘導尋問されてるようで、、、私はそういうの好きじゃないから、もうこのスタンドには行かないかな。

気付かず誘導会話してる人っていると思う。
本人は誘導してるつもりは無いんだけど、相手も自分と同じ価値観を持っている、という前提で話してると、
例えば自分が給油はハイオクに決まってるでしょ、って思ってると、ハイオクだよね、って自然というだろう。

親子の会話でも誘導会話って起こりやすいと思う。
相手の意図を相手が発言するのを「待たずに」、「これはこうよね」「こうしよう」「悲しい・嬉しいって思ってるんだよね」って、言っちゃう。待てば出てくる相手の本意を聞きそびれてしまう。そして子どもも自分の内なる声に耳を傾けたり、自分の意図を自分自身で確認する作業をする機会を逃してしまう。

自分はどうしたいのか?
自分は今、どのくらい怒っているのか、悲しいのか、楽しいのか?

セラピストとクライアントの関係もそう。
あなたはこう思ってるんでしょ、わかるわかる、と先回りしてしまうセラピストの言葉のクライアントの心のプロセスに与える影響は多大だ。

本当にそう思っていて言い当ててもらったら、このセラピストは私のことをよく分かってくれてる!こんなに私のことを分かってくれてる人は人生で初めて!という感激により、より強く信頼できる関係を築く一端になるかもしれないが、

あなたはこう思っているんでしょ、と言われることで、自分の言葉で自分の気持ちを伝える作業がカットされて、その作業によって得られる・はぐぐまれる自分自身を探求する機会を失ったり

逆に、セラピストが言ったようには全く思っていなくて、このセラピスト全然分かってくれてない、と思うこともある。

ガソリンスタンドでの会話から、色々思いがめぐりました。

写真は、友人が昆虫展に行って、カブトムシ釣り、というある意味残酷だけど子どもが喜びそうな遊びで貰ってきたカブトムシのつがい。釣った当人は、釣った後はカブトムシに興味ないみたい、というので、カブトムシを欲しがってるムスコが里親に立候補しました。いつかカブトムシ見つけに、森に連れて行ってあげたいな。
[PR]
by totoatsuko | 2009-08-18 16:10 | Comments(1)

刺青の方、お断り

d0065558_15214026.jpg刺青の彫り師について読んだ。
その人の仕事に対する哲学や、彫る図柄に対する深くて豊かな理解。
何より、Tatooと違って、日本の伝統文化を継承しているというプライドを持っている。
お洒落、でするのとは、気合の入れ方が彫り師もクライアントも違う。

仕事に対するプロフェッショナリズム、その刺青を入れる、ということへの意味合い、
など、なんとなく世間一般にあるネガティブな印象を受け流しながら、とくに疑問を感じて調べたりしたことがなかったが、いままで気にもとめなかったことを知って感銘を受けた。

全身に渋みがきいているもののカラフルな伝統図柄が彫られた体の写真は圧巻だった。

それでふと、温泉などでよく見る「刺青をいれている方はご遠慮ください」という文句を思い出した。この文句は、プールではみかけない。何故温泉はダメでプールはOKなのか?)¥

溶け出してお湯が汚れるわけじゃないし。
見慣れてないから、すごいのやってる人がお風呂はいってきたらびっくりするかもしれないけど、見慣れてないから、というのが理由なら、どんどん刺青入ってる人に入ってもらって私達が慣れればいいわけだ。

刺青は、その人と共に生き、死とともに消える、という特異な性質をもった美術なのだ、という文句にうなった。
[PR]
by totoatsuko | 2009-08-14 15:27 | Comments(0)

9世紀、すでに病院で音楽療法

d0065558_8324223.jpgまだ読んでいる途中なのだけど、トルコでは6000年前から「音楽療法」という領域が存在し、9世紀-18世紀にかけては病院において医師たちも巻き込んで、病気の子どもから老人、精神疾患の治療方法の一つとして音楽療法が研究&実践されていたそうだ。

当時の薬と医療と音楽療法の効用レベルは対等だったのか?

音楽療法が実践されていたトプカピ病院は、現在は博物館になっていて、音楽療法士が患者さんとコミュニケーションしている部屋と人形が再現されている写真は興味深かった。

2009年の現在でも、日本の病院は公的には音楽療法を取り入れてないのだけれど。

具体的にこの症状には、こんな音楽、とかかれていたり、どういう時間帯が効き目が期待できるとか書いてあったり、かつてはヨーロッパ、アラブとアジアの文化が激しくまいわりあっていたトルコらしく、文化の違いと音楽療法、というテーマにも視点がおかれている。

基本的に文献はトルコ語で書かれていて読めないのですが、
興味深いので英語に訳されているものなどを探そうとしているところです。

またアップデートします。
毎日、暑いですね。ご自愛ください。


P.S 気球に人生初めてのってみました。
気球にー のぉってー どこーまでーゆこー♪ という中学頃の音楽の時間でならった歌のゆったりふわふわした感じとはうらはらに、実際はゴーーーーという音だったり、そこまでない安定感や開放感だったり。
きっと、この歌詞あるいはメロディーをつけた人って、気球に乗ったことなかったんだろうな、あるいは、乗ったことあるけどあえて下から見る気球の雰囲気を反映しただけ、のどっちかだろうな、と想像してしまいました。
[PR]
by totoatsuko | 2009-08-13 12:31 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite