カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゴールの無いマラソン

ある講演で「天職をもとめていくプロセス自体が大事なんだ。何かに到達することだけが意味のあることではない」という意味合いのフレーズをきいた。この考え方は私自身もよく人との会話の中言うし、心から信じていることだけど、私自身が人が言うのを聞くことは滅多にないので、新鮮に聞こえ心の中でself-reflectionがおこった。

母親として出来ることをし、
子育てを楽しもうと、大変なものも大変じゃなく感じるようにやろうと工夫したり、
家族との関係がいいものでありたいと願い、そのために出来ることをしようとしていて、
音楽心理療法の仕事と勉強をし、マクロビオティックの勉強と実践をし、
感性が刺激されるようなイベントや人との出会いにアンテナを張って
個人としても、家族の人としても、仕事の私としても、成長し楽しもうとしている「私」。 

どの銘柄にも、昔のような全力疾走をしていないが、
どの銘柄にもマラソンのように継続的に長期的に取り組んでいる。
それは、全力疾走していた時期が長かった私には、時にはがゆく感じられる。
疲れて休息をとったり、同時進行でいろんなことをすることで、到達したい地点まで望んでいるより随分時間がかかってしまうの自分が許せなく感じるときがある。

誰も、そんな今の私のペース・スタイルを責めないのに、Goal orientedな側面の自分が、Process orientedな自分を尊重出来ないがために内部矛盾が起こって、私を苦しめる。

歯をふんばって、いつ息がきれてもおかしくないくらい全力疾走していたときは、
自分が1人で、取り組む銘柄もこんなに多くなかったし、ある一定期間中に得たいゴールに向かっていた。

いま私が抱えている銘柄には、どれにも明確なゴールが無いし、
自分ひとりではコントロールしきれない偶然性が複雑にからみあっているものだということに、改めて気づく。
そこには、自分が設置したゴールがあるレースでは決して出会えない、自分の想像力を超えるクリエーティブなハプニング(出会い・結果・経過のプロセス)が起こる余白が沢山ある。

ゴールが見えないものに対して全力疾走はできない。
どこに向かって走るべきなのか、というのが存在しないから。
どれだけ頑張ったら、どれだけ走ったら、いつぐらいに、「自分を満たす何か」を確実に手に入れられる、というのがないから、どういうペース配分で、自分のエネルギーを投入していっていいかわからない。分からないまま全力疾走するのは危険だ。まだまだ道はつづくのに、エネルギーを使い果たしてしまうかもしれない。

ゴールが明確でないものには、存在しないゴールを目指して全力投球するのではなく、
走っていること自体を楽しむ以外、その、ひとりぼっちの、あるいは自分自身とのレースを続けることはできなくない。

あと1年死ぬ気でがんばったら欲しいものが手に入る、だから、この苦しさを死ぬ気で乗り越えて、徹夜でも借金でも、何でもして乗り切ろう、という戦略は使えない。

時に、足をゆるめて景色をみたり、疲労を感じて座り込んだりすることは、短距離走では決して許されないが、
ゴールのないマラソンでは、どんな風に休んだり、どんなふうに自分らしく気を散らしたりしながら、いかに楽しみながらゴールのない、という途方も無い人生、というロードを「楽しみながら続けられるか」「自分らしい彩りにできるか」、というところに本質があるんだ、と改めて思った。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-31 10:28 | Comments(1)

草食 vs 肉食

何かを形容したり分類する場合、分類する視点によって、表現の仕方が異なってくる。

例えば、人間を国ごとに分ければ、日本人、韓国人、アメリカ人・・・となるし、感情の面からわければ、怒ってる人、泣いてる人、笑っている人、となる。前者の場合、感情という要素は考慮されておらず、後者の場合、国籍という要素は入っていない。一つのものを形容するのに、ほんとに色んな視点があり、どの視点から形容するのか、というので、形容する人の先入観や哲学みたいなのも垣間見れる。


先の投稿でかいた、相撲大会 草食男子・ダブル優勝。
自分の親や友達に、きいてきいてー、と、子どもを誇らしく思う気持ちを話していると、
ダブル優勝じたいは別に大したことないけど、(マクロビオティックやって)お肉食べないと成長に悪いとか、かわいそうな食事をさせてる、とか言われることがふだんよくあるから、「草食が肉食を倒したんだぜ、ほらみろ」、って誇らしいんでしょう
という人がいて、目をぱちくりさせてしまった。
(そうじゃないんだよー、というのは幸い話して分かってもらえました)

ぜんぜん、草食 対 肉食っていう視点で見てなかったから。ただただ親バカな喜びを味わっていたから。

私はマクロビオティックだけど、
マクロビアン vs 非マクロビアン とか 
ベジタリアン vs マクロビアン とか 
肉食 vs マクロビアン
という対立構図で見たことはなかった。
(マクロビアンの中にも、こういう対立構造の視点を持っている人は沢山いると思う)

お肉を食べる人であろうと、そうでなかろうと、自分がおいしいと思うものを食べる私達、というくくりで自分と周りの人を捕らえている。例えてみれば、イタリアンを好むひと&チャイニーズを好む人、という嗜好の違う人たちがいる、というイメージで、彼らは対立しないし、敵対心も、相手の好みに対して批判的な気持ちも持たない。

なのに、どうしてマクロビオティックだと、そういう反応になってしまうのだろう?
家族や学校の先生などにものすごく批判をされた、あなたは間違っている、と言われた、
というのをよく聞くし、私も言われる。


ある日、手巻きでホームパーティーするよー、と招待された。
手巻きやる、っていうのに私マクロビです、ってノコノコ顔出すのは招待してくれた人に失礼だ、という人もいたので、うわー・そんな考える方する人もいるのね、知らなかった、勉強・勉強と思いつつ、ホストはそういう人ではないのを知っていたので、気兼ねなく参加。失礼なことをするな、といった人の頭には、手巻き=魚only、私は食べるのボイコットで肉食を暗に批判、という絵があったから、と話してみたら分かりました。

実際は、他のゲストも、マクロビであることを取り立ててほめるわけでも、目くじらたてることもなく、かといって、腫れ物にさわるように私が選ぶ巻物の具に反応するでもなく、ごく普通に、ホームパーティーという場と食事(魚以外だって手巻きにつき物のおいしい具はいっぱいあるのですもの) を楽しむゲストの一員として時間をすごせたのが、とても嬉しかった。

最近は、マクロというと、すごーい!!! って言う人と、 ああ宗教みたいなやつ? とか 食事制限がきついやつ? っていう両極端な反応を受けます。私にはマクロビオティックだからって、それが素晴らしいわけでもなんでもなく、一つの食や生きるのスタイル・哲学であるだけだと思っているので、欧米やベジタリアンが沢山いる国で受けるような反応を日本で受けることができて嬉しかったです。

日本でも、
マクロビアン vs ベジタリアン vs 肉食、という対立構造ではなく 
例えばイタリア人と中国人と日本人が同じテーブルで集うように、
マクロビアン& ベジタリアン & 肉食 が、お互いのidentityや哲学をrespect/尊重しながら、自然な感じで食卓を囲めたら、と切に切に思う。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-27 21:06 | Comments(1)

親バカが子を育てる

ある日、保育園に迎えにいったら、先生達に、
「凄いですよ!兄弟でダブル優勝!」
「え?何が。」
「今日は、おすもう大会だったんですよ。
上のお兄ちゃんは凄い接戦の末、優勝。みごたえありましたよー。下のお兄ちゃんは、早生まれなのに、優勝しちゃっいました。」
廊下の壁をみると、結構立派なトーナメント表が張り出してある。そういえば、昨夜子ども達も「明日は相撲大会!」と張り切っていっけ。

あれ、どうして私、こんなに誇らしい気持ちになってるんだろう。
他の人がきいたら、どうでもいいような、些細なこと。

ああ、これが親バカといい、これが親の子に対する愛情なんだ、こういう絶対値的な愛情。
ー他人にとってはどうでもよかったり、他と比べたら対したことがないことでも、その子が頑張った、その子が喜んでいる、という事実が凄く大事に感じる。
そんな親ばかな心理をはじめて「自覚しながら」感じた。

客観的にみれば、相撲大会に優勝することが、他の子どもたちより強い、という訳でないし、強いのがいい訳でもない。もし相撲大会ビリだったとしても、それはそれでよく頑張ったね!そっか、くやしかったかー。分かるよその気持ち、って会話するのだと思う。 でも、ちいさな優勝をこんなに誇りに思ってしまう親の心理。そんな説明がつかない理屈でない気持ち。

ボクのお母さん、ボクのこと誇りに思ってくれてる、ボクのことちゃんと見てくれている、という喜びを日々受け止めていく。「自分は大丈夫」「自分は頑張ったんだ」という気持ちを、「親に」共感、反復・肯定してもらうことで、自分が行ったこと、感じていることをもう一度確認し、内省し、自尊心をself-esteem, self-confidence を固めていく。

「一般的にみて」出来がよくても、悪くても、それとは関係なく、ただその笑顔が、ただその泣き顔がいとおしく子どもを愛してしまう親の心理って、ほんとよくできてる。

でも、そんな感情反応をしない親をもつ子どもがいるのも事実。
相撲大会で優勝? だから? あっそうなんだ、よかったね。たった10人でやったんでしょ。たまたまじゃない?外に出たら、もっと強い子いっぱいいるんだぜ、そんな事で喜んでんの?甘いね。

勝った!という喜びも、頑張った!という事実も認めて貰えないどころか、過少評価されてる。
いくら、先生や友達に認められても、親からの評価の意味合いや重みは異なる。

万事子どもに対して親がこんな感情反応をしていたら、子どもの伸びるべき自尊心は常に摘み取られ、頑張る意欲もそがれてしまい、結果、何をやっていても自分に自信が持てない人になってしまいがちだろう、と思う。

そうして、そんな風に育った親は、自分の子どもにも同じことをやってしまいがち。
少なくとも、その負のスパイラルを起こしている親自身が自分の心理構造に気づかないと。
気づいてもなお、変わりたいと思って自分で努力してもなお変われない場合も多い。
だからこそ、私達のような専門家が・職業があるのだと思う。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-27 10:15 | Comments(0)

Cafeにいく

長い間、ブログをかかなかった。
何か、気持ちが向かわなかった。

週末、本も何ももっていない状態でどうしても一時間1人でCafeで時間をつぶさなくてはならない状況で、
コーヒーを頼んで机に座ったら、書きたいこと、日ごろ想っては消えていっている考えや疑問がどんどんでてきた。

家やオフィスで、1人コーヒーを入れて机に座っても浮かんでこないピースたち。

やることが色々ある日常で、わざわざカフェに行く気持ちの余裕がうまれないのだけれど、
こんな時間、わざわざ努力してでもつくる必要あり、と改めて想ったしだい。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-25 17:24 | Comments(0)

恋はたくさん、愛はいくつ?

恋と愛の違いって、なんだろう?

結婚していても、恋はいくらでも、いくつになっても出来る。
恋の対象は人だけではない。
なにか情熱をかたむけたくなるもの。その対象が自分を燃え上がらせ、心に躍動感をもたらすもの。
フラメンコ、文楽、学問、哲学、国、文化、etc。

すごく自己中心的に、最高温度でその対象を想う。
相手のことがしりたくてしりたくてしょうがなくて、相手に少しでも認められたい。

自己中心的でなく、継続的に、中ー高温よりちょっと低いくらいの温度で、ずっとずっとその対象を思いつづけるようになると、恋が愛にかわったというのかもしれない。

どっちもすごいエネルギーを使ってる。
質は違うけれど。

そんな継続的な相手への深い思い・愛も、ひからびてしまうことはある。

かなしいものだ。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-25 17:17 | Comments(0)

死の床での音楽療法

少し前、末期癌の初老の夫と奥さんへ行った音楽療法のプレゼンテーションを聞いた。
プレゼンの内容は、QOLの数値が音楽療法を行うことによってあがった、というものだった。
どうやってQOLの数値を出したのかその詳細は時間の関係か、説明されなかったが、
週一回音楽療法を行うことで、男性がそれを楽しみに・生きがいに日々を暮らせるようになった、奥さんとの会話が増えた、笑顔が増えた、ということだった。

音楽療法がなかったら起こらなかったであろう現象をひきおこすことができて、よかったな、と思う。

ただ、死を目前にしている人とのセッションで大事なことは、楽しいことを増やす、だけではない、というのをセラピストとして多くの人に知ってもらいたいと思う。笑顔だけでなく、怒りや悲しみをプロセスすることによりQOLを上げることが出来るのだ、というのを知って欲しいと思う。

死を目の前にしている人とその家族とのセッションでは、笑顔や会話が増えるだけでなく、
もしかしたら抱えている、人生で怒りそびれたこと、泣きそびれたこと を実行に移す機会を促す役割だって、同じくらい大事だと思う。

そういうと、多くのお医者さんに それは困る、と言われる。
患者さんを怒らせたり、泣かせないでほしい、と。
でも、怒ったり、泣いたりするのは、笑うのと同じくらい大事な感情。
人間が生きていくうえでは、決して排除することが出来ない、人生を豊かにする要素である。

砂糖の味しか知らない、あるいは楽しめないひとよりは、
苦味や辛味も楽しめる、そのウマさを知っているほうが、
食の喜び、幅は、広がるのと同じ。

自分自身が気づいていない、自分自身が怒ったり悲嘆にくれることに対する拒否反応をもって、患者さんも、自分と同じように怒ったり、悲しんだりするのは避けたいと思っているはず、と自動的に想定するのは、セラピストの行うことではない。

患者さんにしっかりと寄り添っていると、患者さんの心のニーズはおのずと伝わってくる。非言語的に、あるいは言語を通して。怒りや悲しみには触れたくない、まだ触れるだけの準備ができていない、と思っている人もいるし、怖いけれど、でも死ぬ前にそういう気持ちも溶かしたい、と意識的に・無意識的に願っている患者さんもいる。

死や病気を目の前にしてのセッションは、明るいもののみを探しがちになっている人もいるのだが、
それは、セラピスト自身が求めてしまっているのか、それとも、それが患者さんの本当のニーズなのか、
そこのところをしっかりと捕らえるために真摯に患者さんによりそうことっで、一歩踏み込んだ患者さんやその家族との関係を構築し、非常に意味深いセッションを重ねていくことで、死、という「点」でなく、個のスピリット・命・肉体の「変容」の過程を、その人らしく、その家族らしくたどるサポートが出来るのだと思う。
[PR]
by totoatsuko | 2009-05-24 22:58 | Comments(2)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite