カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

生まれてくる過程が死んでいく過程

ヒトの生命は、精子と卵子が受精した瞬間から始まる。
いや、受精しなくとも精子・卵子自体が生命体 =生きているもの、
なのだが、単体では新しい生命(人間)へ発展しない、という意味で、ヒトの生命は受精後始まる、とここでは言うことにする。

受精卵が子宮に着床して、37週たったら、その受精卵はもう人間の姿をしていて、子宮外でも自力で生きていける機能を持ち合わせている。

しかし、全ての受精卵がそのような過程をたどるわけではない。
着床して数日でその生命を終えたり、人間の形を形成していく過程で臓器や染色体の異常を発展させていき、それらの要因が母体内・あるいは子宮から出た直後の死に繋がることもある。

人は、自分がもうすぐ死ぬんだ、と感じた時
死んだらどうなるのだろう? 自分の体は?魂は?心は?
と、死んだ後の事を考えて凄く不安になったりする。

でも、自分が誕生した瞬間

ーそれを、受精した瞬間ととらえるか、子宮からでてきた瞬間ととらえるかは、人それぞれだと思うが・・・妊娠の過程で様々な問題に遭遇する母体と胎児のケースを多く聞いていると、生命の誕生は、私の中でconception(受精)の瞬間になってきた。

をみつめて、自分はどこから来たんだろう、と心を煩わすひとは多くない。

conceptionの瞬間、まだ数ミリの細胞でしかない時から数時間後、数日後、数週間後の死に向っている生命体もあるんだ、と思うと、改めて死ぬことと生まれることの表裏一体性を感じさせられた。

生まれてくることも、死んでいくことも「点」ではなく、プロセス。
何だか切ない。

映画「おくりびと」の中で、橋の上からメスの鮭が川上に向かって逆流の中で必死にお泳いでいる姿と、上流で産卵してその生命を終えて上流から流れてくるメス鮭の屍骸をみて主人公は問う・「何で死ぬためにこんなに頑張って泳いでるんだろう。」通りがかったおっちゃんがそれに呼応する「帰りたいんでしょうなぁ、自分が生まれたところに」

体内で死ぬ胎児は、自分が誕生した場所から動かないまま、誰とも出会わないまま、その場所で死ぬ。受精卵になった時点で、すでに病気な状態であったりもする。母親との繋がりを感じつつも、自分の家族の声やもし子宮から生きて出ることができたら遭遇するであろう世界の音を聞いたりもしている。胎盤からうまく栄養が吸収できなくて苦しいとか、まだ未完成ではあるけれど内臓に腫瘍があってでもうまく治療されなくて辛いとか。理屈では、そんな痛みや不安ヤトラウマティックな体験を、小さな細胞が感じるはずはないのだけど。

この世に生まれて何年・何十年とたって死を迎えるとき、わたし達はその死んでいくプロセスを生まれてきたプロセスに結び付けにくい。だから、なんだか「死んでいくこと」は、生きていることから切り離して捉えがちなんだと思うけれど、胎児の一生を考えたら、その繋がり・continuityをあらためて確認した気持ちになった。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-28 23:23 | Comments(0)

ホスピスは早く入ったもの勝ち

ブログの更新が滞っていました。
数日間、自分の咳で夜中目を覚ましてしまうほどのヒドイ咳に悩まされ、咳するだけでこんなに体力を消耗するものなのか、と驚きました。

先週は、以前ブログで紹介した「ご縁玉」という映画のメイン登場人物で癌を患っている山田さんの訃報を受け取りました。7年前に乳がんを克服して、去年末再発。体力の続く限り「いのちの授業」を各地で続けられ、老若男女の心に、その体験からくる言葉を響かせてきた人です。

彼女のとても近くでずっと取材を続けてきた記者が訃報の知らせのメールの中で彼女の言った言葉をいくつか紹介していたのですが、

「ホスピスは早く入ったもの勝ちだね。その事をもっと多くの人に知ってもらいたい」

というのがありました。

ホスピス、ときくと一般的には、もう死ぬ直前の人がいる場所とか、もう生きる・回復の望みがない人がいるところ、というイメージを持つ人が多いと思います。それに当てはまる人がいるのは事実です。でも、彼女がそう言った背景には、ホスピスは積極的な病気の治療はしないけど、痛みのコントロールやQOLの向上のための医療介入に長けているので、生きるのがずっとずっと楽になるんです。

そして、ホスピスに一旦入ったらもう死ぬまでそこを出られない、訳ではありません。
上手くペインコントロールが出来るようになったら、退院して痛みを必要以上に感じない生活を家族や友人達と送ることが出来るのです。

勿論、病気の進行は止まりません。
でも、自分の死様を自分らしく演出し、最後の日までの日々をより豊かに過ごそう、と腹をくくることが出来たら、病院で過ごすより、ホスピスケアを受けるほうが、自分の希望をより実現したり、あるいみ活動的であれることが出来ます。

そして、ホスピスにもよりますけれど、そこは決して悲しみに満ちた暗い雰囲気の場所ではない、というのをホスピスで活動していた私の個人的な体験から伝えておきたい、と思います。

山田 泉さんのご冥福をお祈りします。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-27 21:55 | Comments(0)

患者と医者 - 同胞になれるか?

参加している医療系のメーリングからの情報。

11月7日付けのBritish Medical Journal「Patients are ready for partnership」と題された記事。 http://www.bmj.com/cgi/content/full/337/nov06_1/a2431

以下は、その一部。
A shift towards seeing patients more as partners than as recipients of
care could be the change we need. It could advance the debate around
research ethics, say Michael Goodyear and colleagues (doi:10.1136/
bmj.a2128). It could also reduce errors by tackling what the Bristol
enquiry called the culture of arrogance among doctors.

イギリスの医療界も、日本と似たような問題意識を持っているようです。
(イギリス医療界には個人的な知り合いがいないので、事情は詳しく知りませんが。)

上記に書かれているように、患者さんと医師が、治す人・治療される人、ではなく、
ターゲットとしている病気の治療に取り組む同胞のような関係になると、
医療者・患者の治療に対する満足度はあがるでしょうし、ミスコミュニケーションや情報の偏りによる誤解を減らすことに繋がるのではないか、と思いました。

セラピストとクライアントの関係もしかり。
日本の主流でみられるのは、
カウンセラー&クライアント=答えや方向性を示す人&答えを教えてもらったり、気持ちを楽にしてくれることを期待する人。

この関係でのセッション・面談では、摂食障害、虐待(加害者・被害者)、どんどん数が増えている自殺の原因にもなっている鬱、引きこもり、自律神経失調症などは、根本的にcureされない。
セラピストやカウンセラーと名乗る人が、きちんと自分もセラピーに行き、自分の闇を見据え・プロセスした経験がないと、
セラピストがクライアントの闇を(無意識にでも)怖がらず、しっかりと受け止め、
"クライアント自身”が自分自身のいかなる内面をも受け止めれるよう促し、
心のバランスを心自身が自然と取り戻す動力に気づく手伝いをし、
individuation processや、
より自分らしく、より楽に生きることが出来る様になる、自分自身が本来持っている生きる力を取り戻す手伝いを
表面的な会話や、”話を聞いてあげてアドバイスをする”という方針や姿勢では決して実践することはできない。

でも、そんなことに気づいているカウンセラーは日本に少ない。
「話をきいてもらったら楽になりました」と言われて自分の役割は果たしたと思っているカウンセラーは沢山いるし、それくらいの事しかカウンセラーに期待もしていない。

でも、サイコセラピー(音楽心理療法・GIMも)は、もっともっと深いところからの変化を促すことが出来る。そういうこの分野の可能性と力をカウンセラーと名乗る人でも知らない場合が多いし、一般の人ならなおさら。

クライアントの闇に飲み込まれず、とことん付き合えるようになるためのトレーニングシステムも、日本にほとんど存在しない。とても残念だ。

医療界では、患者と医者の関係性が取りざたされるようになり、メディアも取り上げ、この種に関する論文の数も増えてきているが、心理療法・精神療法の世界では、まだまだ意識が低いままだし、当事者達が現状に危機感をもっていないは、とても残念に思う。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-11 22:51 | Comments(1)

おくりびと

d0065558_22393649.jpg おくりびと という映画を観た。いっぱい泣いた、笑った。

亡くなった人の体を棺に入れる専門職・納棺士たちが主人公。
亡き人の着せ替えをし、旅立ちのための最後のお化粧を施す。
昔は、家族がやっていた事らしいけど、最近は葬儀屋さんや納棺士がやるようになってきているらしい。

納棺の仕事を知らない人は、そんな仕事をしている人を可哀想、あるいは けがらわしい、とさえ思う。仕事をやっている本人ですら、そう思っていて、自分の仕事にプライドを持てない人もいる。

でも、映画をみたら分かる。
彼らがどんなに重要な仕事をしているか。
お葬式をする前の、大事な大事な故人との別れの儀式。

映画では、納棺士が遭遇する様々な故人と家族の別れのシーンを垣間見る。
ぐれた娘が彼氏と遊んでる最中に亡くなる。母親は、茶髪の娘の姿を、彼女が死んでもなお受け入れられない。自分の娘はこんなはずじゃない、と泣き崩れる。暴走族っぽい彼氏は、あんたがちゃんと構ってやらなかったから彼女は寂しかったんだ、と納棺士の前・葬式の準備をしている時に叫ぶ。

わだかまりのあった母親が突然亡くなって、母親が親しくしていた人から、母親が息子には話さなかった胸の内を聞いて息子は泣き崩れる。かぁちゃん、生きている時にちゃんと気持ちをうけとめてあげられなくてゴメン、って。

子供の頃自分と母親を捨てて女と失踪した父親の死が突然知らされ、遺体の引き取りにいく事になる。父親との数少ない思い出と、思い出せない父親の顔、母親と自分を捨てたことに対する怒り。そんなものが、納棺の儀式を通して色合いを変えていく。

死を意識したら、もっと生を大切に出来る、なんてよく聞くフレーズ。
そんなこと言われたって、実感する出来事が起こらないと、心に響かない。

映画を観て私は、生を大切にする、というよりは、自分にとってどちらかが死ぬまで続けていきたい、と思っている人との関係(例えば、家族、友達)を、大事に積み重ねていきたい、と思った。人間関係は、生き物だから、どちらかが肉体の死を迎えなくても、予定外・予想外の事情で心理的に、あるいは肉体的に別れる・距離を置く方向に進む・発展せざるをえないといけないこともある。

そういう選択が、自分のそして愛する相手の人生をより豊かにするものなら、それはそれでいい、というかその方がいいと思う。すくなくとも、今一生繋がりを持って生きていきたい、と思っているとしても、それに固執する理由はない。

でも、少なくとも今の時点で、出来る限り長く人生をシェアしたい、思う人とは、
本当に大事に、正直に、素直に、その生きている関係を作っていきたい。
その関係をより豊かにし、お互いにとってenrichingなものにしていくための自分と相手の気持ちに対するcomittmentは惜しまないようにしたい、と思ったのでした。

関係を終わらせるのはいつでも出来る。
親子関係だって、恋人だって、夫婦だって。
勘当してしまえば、電話やe-mailに返事をしなければ、バットで殴り殺せば、
終わりにできる。(記憶からは抹殺できないけど)
でも、続けることによってでしか味わえない・構築できないもの、って沢山ある。
trust/love/history/elaborated.deep. complex tastes/etc.

続けることによって受ける自分の心理的ダメージが大きいなら、その関係を続ける意味はないだろう。でも相手が、その関係を育てることに協力的なら、相手と関係を育てていきたい、そのためには向かい合いたくないことにも向かいあおう、という点で最低限の合意ができるなら、やってみる価値がある。

私は、プライベートでの私の大事な人たちとどんな分かれ方をするのだろう?



そう、別れのプロセスって凄く大事。
それぞれのクライアントとはいつか必ず最後のセッションを迎える。
色んな最後のセッションがある。
色んな、最後のセッションに行きつくまでの最後のセッションを見据えたセッションがある。
最後のセッションを迎えようとしている、ということを無意識では感じ取っているけれど、それをセッションの中でプロセスせずに、突然消滅しまうクライアントもいる。

全て、クライアントの生き方が反映している。

だから、私は凄く大事にする、クライアントとのtermination processを。
勿論、私がどんなに大事だとおもっても、クライアントの協力がないと出来ないことなのだけど・・・
関係の終わりのプロセスをちゃんとやることによって、もう私と会わなくなったあとのクライアントの生き方に、大きな影響を与えうる。人生にセラピーのプロセスを例えるなら、、、
元気で活発でいろんなライフイベントが起こっているときだけでなく、壮年期・終末期も大事に生きることによって、その人生がより豊かになり、自分の肉体が死を迎えた後の自分自身の魂や周りの人の人生における自分の存在感も凄く豊かにも貧弱にもできるのだ。

お葬式よりも、もっともっと個人的な儀式(故人と最低限の家族or親しい人のみが関わる、という点で)をめぐる人間模様を おくりびと という形で感じたことは、自分の個人的ものから、クライアントとの関係まで、色々思いめぐらすきっかけになった。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-09 23:02 | Comments(0)

死ぬの、怖くないんですか?

d0065558_22363797.jpg死んでいく人やその家族と音楽療法士として関わっていた時の事を、エピソードを交えながらをしたら、
「死ぬこと、怖くないんですか?」
と聞かれた。

死のまわりに渦巻く人の様々な感情をセラピストとして受け止めながら、本人や家族が、その人らしい死の受け止め方・関わりかた、死という生の一部の生き方が出来るようサポートする仕事。

先ほどの質問の私の答えは
「凄く怖い。怖いし、耐えられない位悲しくてつらいものだと思う。」

そう、私は死を恐れていないわけではないのだ。
死が引き起こす、様々な感情体験は、音楽心理療法士として、グリーフカウンセラーとして、日常死に関わらない人よりは少しだけ余分に体験している。だからといって、「死に慣れる」ということは永遠に起こらない。ひとつひとつの死のストーリーは全く違うから。そこに、惰性・慣れがはいりこめる余地はないから。

関われば関わるほど、別れの悲しさ、死に方によってはその悲惨さを、自分の心を痛めながら痛感する。涙を流す。ましてや、それが私の人生の個人的な出来事として起こったら、それはそれは辛い事だと思う。自分の大事な人との、この世での別れが怖くない訳がない。自分の魂が肉体を離れる時に起こりうる自分の肉体が感じるかもしれない痛みを怖がらないわけがない。

だからこそ、一生懸命になる - 死を意識した人たちと関わっている時。
どんなに辛かろうが、悲しかろうが、痛かろうが、それは生命が誕生する過程と同じくらい重要な人生の一部だから。死にはネガティブなものだけではなく、希望さえ存在するー少なくとも私はそう信じている。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-09 22:35 | Comments(0)

from splitting to integration - 補足

d0065558_224177.jpgもう少し 具体例を挙げたほうが、読んで下さっている方が具体的に個人的な体験・感覚と照らし合わせてsplit・内面の分裂(というか感情の分裂)という心理状況を身近に感じてもらえるかも、と思い、補足投稿。

例えば、家族と接している顔、仕事の顔、夜の顔。全部違って当然。全然気持ちの持ちようが違って当然。

例えば、仕事人間している時、家族や恋人のことなんて全く考えてない状況。
大好きな人と時間を過ごしているとき、自分の趣味に没頭しているとき、仕事なんてどうでもよくなってくる状況。

それが度を越したり、バランスを崩したりして、どれか一つのdentityが他のidentityの欲求や存在を四六時中否定している心が感情が分裂・splitしている状態。

小さな子供が親の仕事や夜の顔を見てもの凄くショックを受けて嫌悪感を感じる、という童話を読まれたことはあるだろうか?あまりにも自分が知っている母の顔・醸しだすオーラが違う。その艶やかな母親の表情に嫉妬する。誰かに恋してる一人の女性と、自分だけに愛情を注いでくれる人ー母親。その二面性は、その子にとって一人の人とは受け入れられないものだったのだ。

そういう、他のidentityにとってはびっくりさせられるような異なるidentity/パーソナリティーが自分の内面に存在していて、何かのきっかけで知らなかったIdentityの姿をかい間見たとき、子供がショックを感じるように、自分自身でショックを受けている可能性があるという事。

一体 そのidentity/その価値観・世界観をもつ人格は、誰なの?!
心理学用語を使うと、それはshadow/影とも言えるけれど、どの顔がshadowでどの顔がMainかなんて、決めるのは意味がない。

例えば、夜の顔をしてる自分は、家族(以下、家族は仕事にも置き換え可)を思う家族の一員というidentityが主幹をなしている自分を否定していたり、家族が存在していないように振舞うことにより、他のidentityからのsplit/溝を明確にし、より夜の顔のidentityの自分を後ろめたく感じず楽しめる。

しかし、そこには生きている感情がある。頭でidentityスイッチボタンを押して、identityを使い分けても、内面の感情は理屈では整理整頓しきれない。心のそこで繋がっているから、内面の矛盾は知らないところで、どんどん膨らむ。

例えば、母親というidentityには、夜子供をほっとらかして飲み歩きたい、という夜の顔の主張は受け入れられない。逆に、夜のidentityは家に閉じこもって母親になる以前楽しんでいた喜びを諦める、というのは受け入れられない。

自分自身がsplitしている、という風に自覚・あるいは認識していない人は多い、splitしている、という実感を持っている人も少ない。Splitを自覚したら、お互いの主張を真正面から取り扱わないといけなくなって、それはとても苦しいことだから、自然と避ける。splitしていないように、明確に異なるidentity同士の距離をしっかりあけて、どこかのidentityを演じて・楽しんでいるときは、他のidentityの存在を全く考えなくていいような環境を整える。

内面に存在するdentity達は、新しく生まれ続けるし、その寿命を全うしてfade outもしている、生きている存在。彼らの存在や関係のダイナミックスに注意を払っていなかったり、知らなかったりしたら、自分の生き方も、無意識のうちに彼らの利害関係にコントロールされてしまい、トータルな自分として満足・納得する人生・日々を積み重ねていくための障害になってしまう。

すくなくとも、私は NY-Bostonに移る時期、自分のセラピー(音楽心理療法)のプロセスで、splitしながら生きる、という事の凄い痛み、それによって受ける自分の傷の深さに気づいたのでした。
[PR]
by totoatsuko | 2008-11-04 22:47 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite