「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

深く関わらないと

d0065558_13115012.jpg
深く関わらないと絶対に吸収できない層がある、というのは何にでもいえる事だなぁ、と改めて思う。人間関係にしても、習い事にしても。

私がそう実感したのは
ピアノを音大受験に向けて、そして音大生としてさらっていた時。プロとしての演奏を完成させるためには、譜面を追うだけでなく、譜面の行間を読み、自分が紡ぎだす音を顕微鏡で見るように細部にわたって耳をそばだて、自分が出したい音が実際ちゃんと出ているか確認する。細い細い繊細な糸を使って丁寧に織物を手で織っていくような作業。音の聞き方、聞こえ方がまるっきり違う。それは、楽しみとして弾いていては絶対に出会えない世界。

習い事って、いっちばん最初は楽しいけど、そうすぐには先生のように出来なくて停滞感を感じてやめてしまう人って多い。(余談ですが個人音楽療法セッションでもブレークスルーが起こるちょっと前辺りで、セッションに来る意味が見出せないと感じて・あるいは自分と向かい合うのが辛くなって来るのを辞められる方もいらっしゃる。)

あるいはクライアントとの関係。
私は占い師でも預言者でもないので、クライアントのイメージや書いた絵をみて、「ハイ、あなたは $%な状態ですね」とは絶対言えない。数時間ともに時間を過ごしたからって他人(専門家ですら)分かられるような人生を歩んでいる人は、だれ一人としていないと思う。ただ、回を重ねるごとに、点が繋がって、より包括的にクライアントの存在を知っていくことが出来る。
(もし、「読み取れる」超能力を持っていたとしても、クライアントの自分で自分をメンテナイイスしていく力をはぐくむサポートをするのが目的なら、こちらから読み取ったものを伝えるべきではないと思う。クライアントが「自分で発見していく力」をつける事が重要だから)

あるいは、パートナーや自分の子供との関係。
人間の心と体って常に変化しているから、表層で付き合っていたら、あっという間に見失ってしまってる。同じ屋根の下に住んでいても、だ。時に感情を曝しあわないと、絶対に知ることが出来ない相手の側面がどんどん増えていくし、進化している相手を発見する喜びを感じる機会を失ってしまう。

それは、自分自身にも言えることかもしれない。
自分の人生に深く関わっていないと、人生を見失ってしまう可能性があるし、本当は知り得た自分の持っている可能性やエネルギーや能力に気づかないままになってしまうのではないか。

深く関わるって、持久力のあるエネルギーの要ること。深く深く行く過程では、その都度停滞期や閉塞感を感じる時期があって、それを乗り越えないと、もう一歩深いところに踏み込めない。色んな事が割りと手軽に吸収できる感がある広く・浅くタイプ(こちらはフットワークの軽さとアンテナの鋭さが重要そう)とは、対極だと思いました。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-28 13:11 | Comments(2)

セラピスト志望

d0065558_23354440.jpgセラピスト志望の人の中には、人にセラピーする以前に自身がセラピーにいく必要のある人がいる。精神的に落ち込んでいる人とか、トラウマを持っている人が、心理系の分野に興味を持つのは理にかなっているのだろう。この分野の知識をつければ、自分の心にたまっているものを何とかできるかもしれない、と。

それはそうでいいのだけど、
実際その分野の学生になったら、そのひと自身がセラピーを受ける必要がある事に気づき、自分と将来のクライアントのために行動を起こして(セラピーに行って)ほしいと思う。授業料だと思って。自分のためのセラピーに通うことにより、自分はセラピストという仕事は出来ない、と気づく、あるいは、セラピーで過去の傷をどうにかしてからでないとセラピストとしてはやつ堂できないことに気づくのは、その分野の学生として重要な学びだ。それに気づくのがいかに困難かであるか、という事実は、セラピーに行ったことがないセラピストが沢山存在していることに証明されるだろう。

自分の悲しい過去の体験を生かして、自分と似たような体験をした人をヘルプしたい、という理屈は分かる。そういう体験をした自分なら、相手の気持ちをよりわかってあげられる、という理屈も分かる。

でも、セラピーってそれだけでは出来ない。共感力は大事な要素だが、自分の過去をセラピーで向かい合った事がなければ、セラピストとして関わってもクライアントの過去と感情に飲み込まれ、クライアントと共に心の奈落に転がり落ちてしまうのがオチである。

心の深い部分を扱うセラピーを行なうのは誰でも出来るとは思わない。出来ないから自分に欠陥があるわけでも、出来るから凄いわけでもなく、他の仕事と同じように向き不向きがあり、それを見極めるのが、自分とクライアントのためにとても大事だと言いたい。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-25 23:12 | Comments(4)

日本人らしさ -信念の提示

d0065558_2336411.jpgP.S 12/15(土)午前中の音楽心理療法ワークショップ、まだ空きあります。
音楽や芸術に全く素養がない方でも、十二分に意味のある時間を過ごしていただけます。

さて、今日の本題。例えば小さな子供を持つお母さんの間で「子供にお菓子やジュースをくれる人たちにどう言う?」という会話が起こった時、
あるお母さんは「アレルギーなので、と言って断る。でも、うっかり食べちゃってアレルギーでなかったらウソがばれちゃうよねー。いちいちアレルギーって言うのめんどくさくなってくるし。」あるお母さんは「そのときだけは目をつむってそのまま甘いものを貰う」と言う。相手の気持ちを配慮する気持ちはよく分かるけれど、それって子供に対して自分の信念を簡単にまげてたり、ウソをついてもOKというモデルを提示してることになるんじゃないかな。相手の気遣いに対して感謝していることを伝えると同時に、自分の価値観は相手と違うんだ、ということを伝えるよ私は。それに、最初の時点で一度ちゃんと説明すると、もうごまかさなくても、あああの人は甘いもの食べないんだ、って割り切ってくれるから後々楽じゃない?こう私が言うと、それって凄いアメリカ人的な考え方、と言った人がいた。(私自身は日本で生まれ育ったのですが。。。)

なるほど、人(相手)と同じ、というのが前提だし、相手に合わせるというのを大事にする文化だから、どんなに礼をつくしてもその後、でも私は違うんです、が結論だと自動的に否定されたような気持ちになる人が日本には多いのかもしれない。あるいは、日本の礼儀よりも個人の哲学を尊重しているとみなされるかもしれない。

Thank you. But I don't give sweets to my children. (ありがとう、でも子供にはお菓子をあげないことにしているの)
Oh, you don't? OK. (あ、そうなの?わかったわ)Any reasons? (なにか理由でもあるの?) 
XO#&CX (これこれ・しかじか)
I see. (ふーん・ なるほど)

というさっぱりした空気には日本ではあまりならない。そういうポリシーを貫く態度に冷たい目だったり、逆に恐縮されたりする。かわいそうに、この子はこんな美味しいものを食べさせて貰えないなんて、ひどい親。あるいは、ごめんなさい私が悪いものあげようとして・そうよねー虫歯になっちゃうし太っちゃうものね、と甘いものを食べる自分が悪いと言われたような気持ちになったり。

私は甘いものを食べる人が悪いとも、甘いものがいけない、とも思わない。ただ、私の家族は家族なりの理由から食べないようにしている、そういうライフスタイルなだけ。甘いものを提示されて私の信念が問われたときに、私はその場限りの対応をするのではなくて、摩擦をおそれず、正直に提示するだけ。

以上は、sweetsと子供の話だけど、自分の信念が問われることって日常よくある。その時、いちいち相手に合わせたり、自分を曲げるのがめんどくさかったり、人と違う自分を確認させられて疎外感を感じるのが嫌だったりして。相手との緊迫した接点を避けるためにあえて自分の信念を持たずに生きている人が日本にはいかに多いことか!音楽療法ワークショップや個人GIMセッションなどを通して、すごくそれを感じる。

信念をきちんと説明すれせば、きっと違いを理解し違いを尊重しあえると思うのだけど、そうするだけのエネルギーがなかったり、うまく説明できるほど自分の信念を自覚していなかったり、となかなかスムースにいかないようだ。

私は日本人なので日本人らしくありたいが、同じだけ自分らしさも大事にしたい、と思う時点で、もう日本人らしさ失格なのかもしれない。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-24 15:13 | Comments(0)

GIM 音楽の入り方

d0065558_23372274.jpgGIM(Guided Imagery and Music)では、変遷意識状態ーいってみれば半分夢うつつな状態・あるいはエゴがすごーく弱まった状態ーで音楽を聴くことによって、無意識の層にあるものを、イメージや体の感覚、感情として反映させ、自分を知る、あるいはもつれたものを紐解いていくプロセスが起こる。

なので、どういう音楽を選ぶか、というのが非常に大事になってくる。GIMのトレーニングの半分は使う音楽の分析と使い方に費やされているくらい。

それで、クライアントはどんな風に音楽を聴くのか?なのですけれど
人によって異なりますが
普段CDを聞くような感じでメロディーラインを追うとか、歌詞の内容を理解して感動するとか、というのとは違って、なんとなく抽象的に音が変遷意識に入ってくる。意識的に音を追っているのではなく、空気のようにそこにある。

例えば長時間高速を一人でドライブしている時に、何も考えてなくて音にも注意を払っていなくて、もうただなんとなくひたすらずーっと車を走らせている状態に似ているかもしれない。

例えば雨の音を雨の音として聞くのは普段の意識。変遷意識状態で雨の音を聞いた場合、それはもっと抽象的なイメージ・滝のように流れている悲しみだったり、無機質な乾いた心だったり、永遠に続く何千もの平行線だったりするわけだ。

クライアントが必要な心のプロセスをサポートできる空気を音楽によって提供することにより、クライアントが自分ひとりでは行けない心の領域にアクセスする。そしてそこにあるものを見たときにショックや恐怖で打ちのめされないよう、または、素晴らしい発見の喜びの証人として、セラピストはクライアントのイメージに寄り添い、クライアントのイメージに対する理解を深めるための手助けをする。

と、ここまで書いてみて、どうもうまく説明できていない印象。できれば読者の方に突っ込みを入れていただけると、それに返信することで、的確な補足説明ができそうです。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-22 04:06 | Comments(0)

金魚の餌

d0065558_124977.jpg現在ウチには2種類の生き物がわたし達と共存している。
夏の金魚すくいですくえなかったけど、オマケでもらった出目金と、魚屋さんがくれた沢蟹。

出目金は、最初一週間ガラス瓶でこめ粒をあげて飼育していたけど、数日家をあけている間面倒みてくれた里親さんが、「抗菌金魚の餌」なるものを購入してくださったので、それ以来金魚の餌をあげている。

沢蟹は、ちょっと前の投稿の写真に登場しましたが親指サイズの大きさ。何をあげようかまよった挙句、金魚の餌をあげると起用にハサミで一個づつはさんで食べている。

友人がきて「えーー、まだ蟹 生きてるの?すごいね。死んじゃうまえに蒸すかから揚げにして食べちゃったら?」と冗談交じりに言ったのだけど、「う・う・う。 抗菌 金魚の餌を食べている蟹は食べたくないな。きもちわるい。」と即レス。蟹を通して金魚の餌をたべるって事でしょ?しかも、「抗菌」加工(どんな加工なんだ?)されてる。

同時に、スーパーに並んでいるお肉や養殖の魚も、自分が餌をあげていないし、実際どんな環境で何を食べていたのか知る由もない。だから金魚の餌ごときでうろたえている自分も食べる事ができるんだろうなぁ、ちょっと気持ち悪い、と思ったのでした。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-20 12:37 | Comments(0)

スタンリー女史

d0065558_17322347.jpg11月の頭にフロリダ大学のスタンリー女史による音楽療法の講演を聞きに行って、びんびん刺激を受けました。私の音楽療法のトレーニングは、ヒューマニスティックやフェノミノロジカル、ユング辺りのものが主で、認知・行動療法のほうは本からの知識がほとんどでした。フロリダは、こちらのやり方が進んでいるので、それについて生の話や映像が見れたことで、この分野の音楽療法を新しい視点で見るきっかけになりました。

彼女の音楽療法に対する熱い思いにふれながら、知っている事を復習することによって、がんばろう! もっともっと勉強したい、という気持ちになりました。しまいこんでいた英語の音楽療法の本を引っ張り出してきてみたり。

日本では、音楽療法に対するリスペクトがあまりないし、心の深い部分を扱えるだけの訓練と度量を持つ人との接点が少ないので、共通の概念や信念みたいなものを持っている人に触れることが出来てとてもよかったです。

会場にはまだ少し空席が残っていたのが驚きです。
こういう質の音楽療法の講習こそ、今の日本の音楽療法が十分に持っていないものを補ってくれそうだと思いましたので。

今日は、クリスマスリースを作りました。
もみの木や、ヒイラギ、ひば杉のいいにおいを体にいっぱいにとりこんで、ちょっとした森林浴。オフィスにいらした方は、ドアにかけてあるので、是非鼻を近づけて香りをかいでいってくださいね。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-15 17:31 | Comments(0)

泣くエネルギー

d0065558_232162.jpg買って欲しいものを買ってあげなかったら、帰り道、自転車の後部座席で子供の泣き叫び続けられた。泣き声が通り全体に響き渡って、この住宅街に住んでいる人みんなに聞こえているんだろうなぁ、うるさいだろうなぁ、申し訳ない、と思いながら、自転車をこぎ続けた。

もうそろそろ泣き止んで、と言ってもよかったのだけど
泣き声のエネルギーが頭の後ろにぐおんぐおんぶつかってきて、これを止めさせるのって、罪ではないかと思って、泣き叫ぶままにしていた。

こんなに凄い悲しみのエネルギーを発散する 泣く という行為を止めさせたら、そのエネルギーの・悲しみの行き場がなくなってしまう。無理に我慢して泣き止んだら・泣きやませたら、心の底にどんどんその悲しみが溜まってしまう。

音楽療法士としてクライアントと接している時は、絶対に泣くことは止めないし、むしろ泣きたくても心の何かが邪魔をして泣けない状態の人が、泣ける場所を提供することに結果的になったりもしている。でも、多くの場合 大人のクライアントは声を上げて泣き叫ぶ、という事はしない。

だから、今日 子供の泣き声を聞いて、改めて悲しみとか怒りが持つエネルギーの大きさを再認識させられた。肌で感じた。目に見ることが出来た。こんなにも凄いエネルギーを、人前で泣くべきじゃない、とか悲しい気持ちにならないほうがいい、など理性の理屈で日々押し込め、感じないようにしたら、心のバランスが崩れていくのは、それはそれは当たり前の成り行きだろう、と思ったのでした。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-11 23:02 | Comments(5)

音楽療法ワークショップ

音楽や色をつかって、一年を振り返る忘年会ワークショップを行ないます。
セッションルーム入り口→d0065558_14512377.jpg
12月、師走で気持ちも忙しくなっている時期であろうかと思いますが、ちょっと早起きして冷気を感じながら出かけ、静かに自分と向かいあう時間を持ちませんか。

GIM(Guided Imagery and Music)や、アートセラピーに興味がある方にとっては、その要素を味見する機会になると思います。その時のグループのニーズによっては、グループ即興演奏も取り入れようと思っています。

12月15日(土)9時半ー12時半 @代々木上原 (千代田線・小田急線)
定員8名
参加費 4000円

興味のある方は letsmusicing@gmail.com までご連絡くださいませ。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-09 14:36 | Comments(0)

生きる姿勢

マクロビオティック雑感 続報です。
マクロビ料理教室に行っていると、本には決して書かれていない沢山の情報を得ることができるなぁ、と思う。
先日は、マクロビオティックを厳格に実行していたら、マクロビオティックにはまっていない家族からは、あきれられ、見放され、家庭崩壊になってしまう可能性高いですよね、とクラスメイトと話す。なぜなら、マクロビオティックの考え方にそって調理していると、それはもう膨大な時間がかかってしまうのだ。例えば、ベジタブルカツレツ(小麦のたんぱく質を抽出したものーグルテン粉を使って作る)は、およそ2日以上かかる。豚肉を使えば10分で出来上がるものなのに。まさに、は? という感じ。

そして、統計によるとマクロビアン(私の造語です)の平均寿命は70歳半ば。今の日本人の平均寿命より10歳も若い。しかも、クシ先生というマクロビの大家は、現在胃がんだとか。
いわゆる「ヘルシー」な食事をしていて、食べたいものを我慢した結果70才で死んだり、胃の癌になるなんて、割にあわない、と思うかもしれない。

でも、そもそも70歳で肉体を終えるほうが、自然なのかもしれない。
肉体が自然にその寿命を終えられる、というのはある意味理にかなっているのかもしれない。

こういう視点からみると、マクロビオティックって、いわゆる巷でイメージされてるような健康法ではないという気がする。長生きを約束してくれるものでもなければ、病に全くかからない体になるわけでもない。

勿論、マクロビオティックな食事をしていると、血液はサラサラに保てるだろうし、体にいい要素は沢山あるけれど。たまには病気になって、体の毒素を出す、という視点を持ってる。そして食事で毒素だ出るのを促進する。例えば熱が出たとき、もっと熱が出るようなメニューを処方したりする。

マクロビを離れた視点・ビックピクチャーから語ると、ものを大切にするとか、環境に優しく生きようとするとか、100回噛むとか、日本人が受け継いできた食生活・昔の日本人の体にあった食べ方を尊重する、という「生き方」みたいなのを大事にしていこう、という哲学を料理を通して伝えているものなんだと思う。

だから、ただ健康にいいから、と思ってマクロビを取り入れようとしても、現実問題取り入れられないと思う。玄米食べてる、健康にいいから・というのはマクロビの哲学とはそれている。
ましてや、家庭や人間関係の存続を危うくするようなマクロビの取り入れ方は、意味がないと私は思うし、そういう事をこの哲学は主張していない。

マクロビアンたちが提案している、「生き方」に共感する部分があれば、取り入れればいいし、どんな風に生活に取り入れるかは、自分次第なのだと再び思う。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-08 17:22 | Comments(3)

医療裁判

d0065558_1254023.jpg日本も、以前と比べて医療訴訟が増えてきている。犯罪の裁判でも、精神鑑定など、お医者さんが絡んでくる裁判がニュースでよく目に付く。

日本の医療を考える勉強会に入れてもらっているのですけれど、一般的な報道からは知りえない、当事者たちの議論が生々しく交わされていて、もっとこの分野学びたい、と思っています。

様々な意見が交されている中の一つに、
「検察官や弁護士が医療事情にあまりにも疎いがために、おかしな論理・論証が導かれてしまう。」
というのがありました。それは、以前紹介した ノーフォルト という本の中でも触れられていました。
日本では、医療訴訟は歴史が浅いのでしょうがないのかもしれません。日本人が得意な感情的議論になりがちなのもしょうがないのかもしれません。だからこそ、当事者達、専門家たちは、この分野をもっと学ばなくてはならないと思います。医療だって、アート。裁く側が医療は万能だと勘違いしていたら、怖くってお医者さんなんかやっていられなくなると思います。

医療ミスが起きたから、なんでもかんでも刑事裁判にしてしまうのではなく、民事裁判あるいは、ADR(Alternative Dispute Resolution - 医療トラブルを裁判以外で解決する方法)で落としどころをつける道も、一つのオプションとして考慮されるのが私は望ましいと思う。

出来ることなら、自分の主治医を訴えるなんてしたくない。それ以前に、猜疑心を持ちながら治療を受け続けるのではなく、主治医や病院と信頼関係を築きながら、治療を受けたい。その上で、治療がうまくいかなかったり、不慮の事故が起こってしまっても、もし医療チームが誠意を持って対応してくれていた・いる、というのが分かっていたら、訴えたいとは思わないのではないか、と考えています (あくまでも、今の時点での考え)。

自分の子供と近所の子供を殺してしまったお母さんの裁判内容がニュースで報じられています。容疑者を養護するつもりはありませんが、裁判官の質問を読んでいたら、報道は表面的な部分しか触れていない、といのを差し引いて受け止めたにしても、虐待関係にある人の心理状態について、あまりにも無知すぎる、という印象を受けました。

何でもかんでも精神鑑定に持って行くのもどうかと思いますが、これだけ精神的に病んでいる人が多くなった世の中ですから、司法の専門家も、より公平な裁判を行なうために、この分野について慎重に触れていただきたいものだ、と思ったのでした。
[PR]
by totoatsuko | 2007-11-06 14:16 | Comments(2)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite