「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

魔がさす

d0065558_17543629.jpg大きな事件を起こしてしまった人の中には、
「どうして自分がやってしまったのか分からない」
という人がいる。

その人を知る人が
「まじめそうな人でした」とか、
その人が大きな事件を起こしそうな人物でなかった、と供述することもある。

一体、何がその人を突き動かしたのか?

一つの仮説は、その人の心の構造があまりにも平坦化され、柔軟性を失ってしまっていて
すっ、と強い力が心の隙間に差し込んだ時、これまで精巧に保たれていた心の均衡や静けさは、一気に崩れてしまい、これまでの状態の影・あるいは裏面が、ペロンと表層化して、事件を起こしてしまったりする、体調を壊してしまったりする。外部からの衝撃を吸収する弾力や、ゆっくりと消化していく機能が働かないのだ。

均衡が崩れた瞬間、爆発してしまう、自分が破滅してしまう。

予定外の心への衝撃を、もろに打撃としてしか感じられなかったら、
余計心は硬直するし、その衝撃に対してもより脆くなる。

例えば、色恋沙汰に全く心を揺るがさない人、あるいはそういう事を否定的に見る人がいるとしよう。理由はいろいろあるだろう。昔つらすぎる痛手を負ったとか、そもそもそういう事に興味が無い人間だと思い込んでいるとか。恋をしなくても楽しいことは沢山あるとか。何かの理由で、誰かに魅かれることは悪いことだと信じているとか。。。

どんなSexyな人を見ても、どんな雰囲気のある人と話をしても、心が揺らがない。
もしかしたら、そんな人と接するのさえ億劫だと感じているかもしれない。
それは、心が、硬直しているか、単層化しているかもしれないサイン。

風がふけば、理屈は関係なく肌が風の流れを感じ、髪や洋服が風に靡くのが自然なように、
心がエネルギーを持つものに接した時、何かを感じるはずなのだ。
ときめきや、あこがれ、この人いいな、という素直な心の揺らぎ。

異性に対する感情だけではない、日々の出来事、今やっている作業やイベント、人との触れ合いに対しても、心は色んな刺激を受けている、自分が意識している以上に!

それらに対して様々な心の反応をもてないということは、
心が、外的刺激に対して感じる豊かな感情反応を保持できないほど切羽詰っているか、感じないように平面的になり、刺激をなるべく汲み取らないようにしているか、刺激を跳ね返して、心の層に取り入れないようにしているか。。。

そんな心の状態の場合、死の痛みとか、心が傷つく痛みは、なかなか感じにくい。

平穏にそれなりに楽しく暮しているはずの人の心に
ふと魔がさして
心は平面的な存在ではないことを主張する。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-31 17:48 | 日々感じたこと | Comments(0)

幸福論

今日は 先日パネルディスカッションのパネルを共にした 陽明学の権威 吉田 公平先生と
たわいもないお喋りをしてきた。

分野は全く違う方なのだが、ざっくばらんに話ができた。

そこで、ひとつ心に残っているのは
彼が、幸福論 みたいなのを歴史の観点から書きたい、とおっしゃっていたこと。

何が幸福なのかよく分からない現代、
エッセイとしての幸福論は世に沢山出ているけれど、
歴史のなかの人物や哲学には、どのような「幸福」の価値が、感じ方が存在したか吟味する試み。なかなか面白そうだ。


ボストンにいた頃、ハーバードビジネススクールの学生達や、招待されたスピーカー(いわゆる社会での成功者、お金持ち、大きな資本をもつ会社のトップ)、教授たちが、しきりにワーク ライフバランス について話をしていた。

日本には ワークライイフバランス なんて概念・言葉が存在しないが、、、
日本よりは資本主義が進んでいるアメリカにおいて、どんなにお金をもうけても(アメリカのお金持ちは日本のそれとケタが違う)、どんなに物に満たされても、名誉を持っても、個人的な人間のレベルで満たされない人が沢山いる現象から、ワークライフバランス なる物が 社会の成功者・成功者の卵の間でまじめに語られているのだろう。仕事で満たされる自分の人生と、プライベートで充実する人生のバランス。

それと比べると、まだまだ日本は
お金をもうけることとか、物質的に満たされるとか、社会における地位とかを得ることが、人生を幸福に感じる、あるいは「勝ち組」となる 大事な手段である、と考えられているような気がする。家族と時間を過ごすこととか、自分の趣味やぼーっとする時間を充実させることが、人生の成功のKeyだとはあまり思われていない。

お金をもうけることが、名誉を得ることが、物を買うことが 悪だ といっているのでは決してない。
ただ、社会におけるステータス、社会の中で生きる自分の人生以外に、
自分の中心に近い、自分という ただここに存在している個としてのの幸せの探求や、
個としての自分と社会で生きる自分を同じように重要だととらえる意識が、日本人の中では、まだ 多く起こっていないと感じるのだ。

幸福論 - 私が感じるものを短く言えば、
自分自身の心が、心から幸福だと、満たされていると、
心が、自分がありのままの姿で人生を歩いていけることではないか、と思うが、
ここで言い切れない思いは様々だ。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-28 22:48 | 日々感じたこと | Comments(0)

11/11(土) in 大阪

11月10夕方~11日に大阪を訪れます。
スーパーヴィジョン、GIM体験など、興味がある方は、ご連絡ください。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-27 14:10 | Comments(0)

闇のなかで

d0065558_13525154.jpgあなたは 一体誰?
どうして いつもそんな怖い顔してるの?

あなたの視線は私を凍りつかせる
そんな目でみないでよ
何か 言ってよ


ああ あなたに会いになんかくるんじゃなかった
悲しんでいるかとおもって 慰めにきたのに
いつもそうだけど あなたの顔をみるだけで こっちも気分がわるくなる

もう 当分来ないわ こんなところ
最悪ね
ひとりで ずっとそうしていればいい
もう2度と あなたの顔なんてみたくない


***

よくも 白々しく 私を誰かと問えるわね
あなた自身じゃないの
わからないの?

もうずっと前から あなたに見てみない振りをされてきた
この目をみても わからないの?
あなた自身が溜めてきた やるせなさと怒りが詰まって涙で一杯になっているのに
くやしくて、涙が目の表面に出てこない
言葉が 胸につまって 口からでてこない

一度出しはじめてしまったら、
あなたを飲み込み深い底に連れ込んでしまう程のものを
ひっしに押さえているの
明日は わかってくれるかも
何も問わず 優しく抱擁してくれるかも と望みをかけて

こんな冷たいあなたに弱みをみせるのは癪だけど
あなたにつれなくされるのはつらい
あなたに忘れ去られるのがこわい

だから時々叫ぶの
私はここにいる!って

あなたは どうしてそんな気持ちになるのか分からず
でも むしゃくしゃして わたしの顔を見にこざるをえなくなる
もしかしたら わたしの仕業じゃないかって 薄々きづいている

あなたに 私をわすれさせはしないわ
このまま私の存在をいないことにして
楽しい振りして生きていてご覧なさい

いつかあなたをのっとってあげる
この暗闇とともに
永遠に
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-26 14:07 | 日々感じたこと | Comments(0)

自分に向けられたアグレッション

d0065558_13504795.jpg待ち合わせをしていて道行く人を何気なく眺めていたら、
隣に立っていた家族が横断歩道の中央に駆け寄った。

そちらに目を向けると、道路の真ん中で人がうずくまっている。靴も脱げている。
両脇を抱えられるようにしてその人は歩道にたどりつく。
筆一本で描けてしまうほど細い体と、蒼白で無表情な顔をその人はしていた。
強風にあおられてしまったのか?

少しすると、黒ずくめのその人は ひとり、
倒れた横断歩道へ心もとない足取りで戻り 雑踏の中に消えていった。

もしかしたら、自分の体に生きていくために必要な栄養を与えることを
自分自身の誰かが拒否しているのかもしれない。
心に潜む 何かに対する怒りややるせなさ、あるいは悲しみか、、、とにかく強いいわゆるネガティブといわれる感情を無視し続けるか 無意識のどこかに押しやる。その結果、その感情があの人の体と心をアタックしているのかもしれない。あるいは、栄養を取らないことにより、この耐えられない人生から、この世から、少しづつ自分を遠ざけているのかもしれない。意識がうつろになることにより、人の声もプレッシャーも敏感に感じなくてよくなる。そして、少しづつこの世での存在が薄くなり、どこかの世界に行くことを望んでいるのかもしれない。

意識されない自分の中のアグレッションは、自分に対してひどいことをする。
それは一重に、どれだけ辛い思いをしているか、自分に気付いて欲しい、というメッセージなのだけど。

白昼に目にした一瞬のシーンがスローモーションで思い出される。
あの人の心はどうなってしまうのか、、、
誰かサポートをしてくれる人がいるといいのだが、と祈るしかない。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-24 21:50 | 日々感じたこと | Comments(0)

関わり方

d0065558_13502493.jpgピアノの腕をみがくために、ひいては音大に行くためにピアノをやっていた頃、
赤川次郎の本に出てくるプロのクラッシックミュージシャンが、本物を知ってしまったら中途半端な演奏を楽しめない、ある意味損である、という内容のセリフを言った。

言い換えれば、プロとして鍛えられた耳にとって、完成度のあまい演奏は聴くに耐えない、というのだが、当時の私は妙に納得した。(なんて貧しい音との関係だったことか!)精巧な織物をつむぐように、指のタッチひとつひとつに細心の注意を払い、理想の音を、そして音楽をその譜面から導き出すために、耳を神経を研ぎ澄ませる。どんなに緊張しても、どんな舞台でもどんな状態のピアノでも、自分の音楽を100%演奏しきるために、日々研鑽をつむ。

そんな風に音楽と、音と関わることを、そんな風な形のみで生涯関わってきた先生からレッスンを受けていれば、音楽との関わりかたは、こうでしかない、というか、他の形があるという発想すら持たなくなっていたのは、ある意味自然といえる。

しかし、音楽療法を学び始めてから、いかに自分と音楽の関係が一つの縛られた形でしかないか、ということを目の当たりにした。芸術的な美を表現するだけが音楽ではないことを学んだ。

そこに人間や自然の息吹や存在があれば、その音は、意味がある。
場合によっては、完成された芸術美とは比べることが出来ない 人間的な美しさが音を通して表現される。ひとつのため息からでも、深いメッセージや音楽的な美しさを感じ取ることが出来る。

わたし達は自分の経験を通して自分の価値観を築き、世界を作っていく。
しかし、自分一人では知ることの出来ない、体験する事の出来ない視点から見た世界観が、数え切れないほど存在する。

自分の限られた価値観に囚われて生きている人は多い。
啓蒙本で、考えの転換をする方法を提案するものが沢山出ているが、人間 本を読んだり、人に教えられたりして得た知識から、それまで生きてきた思考パターンを根本から変えるなんて、そう簡単に出来るものではない。(出来る人もいるかもしれないが)。

自分の心が何かのきっかけではっ と自分を制限している思考・行動パターンに気づき 取り組み始めたとき、自分の中の何かが変わる。そして、世界の色合いが、人との関係が、そして自分自身との関係が変化する。人生の楽しみ方も、もっと豊かになる。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-24 21:24 | 日々感じたこと | Comments(1)

伝える努力 II

d0065558_14404471.jpg前回の投稿を書いていて、
伝える努力、というのは何も音楽療法士と施設の間だけの話ではなく、
わたし達の人間関係全てにもあてはまることだと、感じていた。
自分自身に対しても、自分がどう思っているか伝える、ということも含めて。

あ・うん で理解しあえるのは素晴らしい。
そうやって息が合ったときのすがすがしい気持ち、知っている。

しかし、いつもいつも相手の心を慮っていては、絶対本当の相手に出会えない。
いつもいつも自分の気持ちや考えている事を分かったつもりでいては、永遠に自分の心からのメッセージを掬い取れない。

時には、意識的に尋ねないと。相手の本意を表情とボディーラングエッジ付きで言語化してもらわないと。本音を尋ねることは、失礼なことでも、相手を思いやれないのでもない。適当に理解した振りをしている方が、長期的にはよっぽどその関係にとって悪なこともある。

ふと気付いたら、もっとも身近な人だと思っている人の心が、実はとてつもなく遠いところにいってしまっていることもある。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-21 14:40 | Comments(0)

伝える努力

d0065558_1422926.jpg今日は近所の知的障害者の通所施設でバザー&コンサートが開かれた。
通っている人の年齢は10代後半から50代まで。今日は、彼らの家族やボランティアが中心となって、この企画を実行した。お昼には、カレーが振舞われ、さながらお祭り気分。

私は、ここでの活動に関わっていないのだが、職員の方と話をしたことがある。
そのとき、月に1回音楽療法を専門学校で教えている先生が音楽療法セッションをしにいらっしゃるというので、「たった1回なのですか?もっと頻繁にあればいいですね。」というと、いや~、というあいまいな返事をされてしまった。まぁ、どんちゃん騒ぎしてるようなものですからねぇ、と。

私はセッションを見ていないので内容についてどうこういうつもりはない。
ただ、音楽療法士を受け入れる施設の人と療法士がきちんとコミュニケーションがとれていないようで残念に思った。セッションは通りすがりの人から見たら、ただのどんちゃん騒ぎや、誰にでも出来るようなものに見えることがある。実際そういう場合も有るが、ものすごく深いことを音楽を通してやっていることもある。もし、後者の場合だったら、残念だと思うのだ、職員の人、利用者の家族にそれが伝わらないということは。

音楽は誰でも使えるし、選べるし、演奏できる。
「自分で出来るミュージックセラピー」なんて記事をどっかで読んだこともある。
ようは、気分をよくするために音楽をどう利用したらいいか、見たいな事がかいてあるんだけど、
どうして、いちいちセラピーってつける必要があるのか?

きちんとトレーニングを受けていない人でも実践できるもの、という印象が広まってしまったら、何故何年もかけてトレーニングする必要があるのか疑問を持つ人が増えてしまうだろうし、音楽療法ってそんなものか、と思う人が増えるのは、このフィールドを発展させていきたいと思っている私にとっては危機だ。

音楽、という非言語なものを言語化するのはとても難しい。
音楽心理療法セッションで音楽とともに起こる心の変化も非言語なものなので、第3者に説明する時は言葉選びに慎重になる。

あ・うん の呼吸とか、言わなくても相手の考えていることや気持ちを察することが「常識」で、常に欲求されている日本では、折り入って自分のセッション内容を自分の哲学から、音との関係まで説明するのはヤボだと思われるのだろうか?また、みんな忙しいから、やることやってくれればそれでいいから、と雇う側も思うのか。

でも、実際今日本で起こっている現象は、音楽療法に対する誤解。
これを黙認するわけにはいかないではないか。
雇うなら、雇った者がやっていることをきちんと理解してもらいたい。

だから言葉をみつけていかなくてはならないのだろう。より多くの人に、ただ楽しいお歌の時間以上のものが提供できることを。そして、より多くの人が、その恩恵を授かるチャンスを広げるために。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-21 14:24 | Comments(0)

人にいわれたって、、、

d0065558_11424573.jpg人からもらうアドバイスは、自分にとってとてもインパクトがあるときと、全く無い場合がある。


ある人は親身になって、
ある人は親身な振りをして適当なアドバイスをする。

ある人は、一緒に真剣になって考えてあげたのに自分のアドバイスを無視した、と怒る。

しかしアドバイスを求めたから、そのアドバイスに従わないといけない、というルールは何処にも無いし、アドバイスをくれた人に対して、それに従わないことに対する罪悪感を感じる必然性も無い。(感じてしまうのなら、それはそれでしょうがないし、否定する必要も無いが。)

この人生を生きているのは、自分なのだ。

「この人の事をとても大切に思っているから、転ばぬ先の杖、と思い色々助言してあげているのに、何故耳を貸そうとしていないのか?」と怒る人がいたが、それは筋違いというものだ。

その人はきっと、この怒っている人の助言は耳に入っているのだ。
ただ、この助言者の価値観と自分のそれがしっくりこないから、それを積極的に意思決定に織り込まないだけ。助言者を無視しているわけでも、助言の内容を意味ないものとみなしているわけではない。

それに、転んでみないと、転んだ時の痛みを感じることは出来ない。痛みを知らないなんて、人生もったいない。それに、もしかしたら助言者が転んだ状況を、本人はいとも簡単に乗り越えるかもしれないのだ。

結局、この人生を生きているのは自分だし、決定を下すのは自分。例え無意識の決定でも。それが本当の自分が求めているものに近い決定になるか、周りの状況をうかがって、周りも一緒にハッピーになれる自分の個の欲求よりも周囲との調和に重点をおいた決定をする事もある。

どちらが良いか悪いか、という議論は意味をなさない。

それよりも、本当に自分が納得して決定出来ているか、あるいは納得した振りをして自分で自分の心を騙すのではなく、納得していない自分を認めてあげながら、色んな意思決定をしていけるか、という事が大事だと思う。生きてると、自分の思うように行かないことは、いっぱいある。しょうがない。ただ、思うように行かないことに対して不満を感じている自分を欺いたり、無視したり、心のどこかに押し込むだけではなくて、その声に耳を傾ける機会を自分で自分のためにつくってあげたらどうだろう?

どうやるのかって?
一人でやるのは、ものすごい感情が出てきてしまうかもしれないから、躊躇してしまうかもしれないけれど、例えば、心の声を色にしてみたり、踊りにしてみたり、発声してみるといい・
そして、出てきたものを見たり、録音して再生して、どんなメッセージが込められているか、一歩引いて 感じてみたり、対話をしてみてはどうだろう。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-20 12:03 | Comments(1)

シュールな童謡

d0065558_16293097.jpgやぎさんゆうびん という子供の歌をご存知だろうか?

しろやぎさんから お手紙 ついた
くろやぎさんたら 読まずに たべた
しーかたがないので お手紙かーいた
さっきの 手紙の ご用事 なあに?

それで続きはどうなるのかなぁ?と思ってきいていると

くろやぎさんから お手紙 ついた
しろやぎさんたら 読まずに たべた
しーかたがないので お手紙かーいた
さっきの 手紙の ご用事 なあに?


メロディーは、牧歌的だし ヤギというとメーメーと のほほんとした声を出すイメージだが、
当たり前のように相手の手紙を読まずに食べるあたり、かなりシュールな関係だと、思わずおもってしまった。

子供の世界でもあるのだろうが、あまり手本にしたくない関係である。
とはいえ、大人の世界の本質をついているかもしれない。
聞きたくないことには、聞こえないふり、知らないふり。そして、あっけらかんと、で何がいいたかったの?と自分が受け取った手紙の中身を受け取れなかった事は無視して相手に返す。自分が聞きたいことを相手が出してくれるまで、やってくれるまで、問い続ける。

もしかしたら、ヤギさんも、どっちかがこれじゃらちがあかない、って悟って
手紙ではなく食べ物でも送ったら、やっとコミュニケーションが取れるかもしれない。
いや、食べ物だけ食べて、何送ってくれたかなんて気付きもしないのかもしれないが。

もうひとつの示唆は、
相手が分かるコミュニケーション手段を選ばないと、自分のやり方・言語に固執していたら、永遠に平行線のままだということか。言葉を持たない障害を持った子供や、痴呆のお年寄り、もしかしたら言葉を操っていると自負しているわたし達も、言葉では、本質的なコミュニケーションが、本当の関係が築けない場合もあるのかもしれない。
[PR]
by totoatsuko | 2006-10-18 16:29 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite