「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

解き放つ III

d0065558_204192.jpgしかし、ここ10年、終身雇用制度が崩れ、高齢化によって税制、福祉制度、生活スタイルの変化を余儀なくされた日本人。あてにできていた、あるいは保障してくれた学歴、会社、親が、今までのように機能しなくなってきた。今までの価値観では計れない、新しい概念が波の様に覆い続ける。

属するべき信頼できる集合体(社会、家族、親)が消えつつある。

グループの一部になることによって、グループの成功を導き、その結果を自分のもののように喜べるような予測可能な文化ではなくなってきた。会社や学校がつぶれたり、中途社員に追い抜かれたり、法律が劇的に変わったり、妻・夫に逃げられたり、子供がぐれたり、親を殺傷してしまったり。何の保障もないのに、いままでなら社会が示してくれた、明確な正しい生き方や価値観の指針なくして、自分の人生を自分の価値観によって生きていかなくてはならない。

キレやすくなったり、不安を常にかかえていたり、生きる気力をうしなってしまうのも当然だ。
頼るものがないのだから。
ありのままの自分を信じること、自分で価値観を生み出せる事を信じられないのだから。
翼をもっていても飛べない鳥を、いきなり空に放ってしまうのと同じことだ。

解き放たれる、には未熟すぎる個が、まだまだ日本には沢山いると感じる。
集団に寄りかからなくても立っていられる芯の部分が、心に育っていない気がする。
解き放たれるべき原石は、すべての人に眠っているのだけれど。

もし、それらが解き放たれ、羽ばたくときがくるのなら、
願わくば、欧米の真似事のような個人主義を形だけ作るのではなく (たとえば‘個を生かす教育‘改革と言って現場では生徒の首を絞めているような矛盾を起こすのではなく)、
解き放たれた個が、和を重んじる日本文化を生かす形で羽ばたいていって欲しいものだと思う。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-26 20:41 | Comments(0)

解き放つ II

d0065558_20414913.jpg河合 隼雄のいう 「まず社会があって、それに属する個がある」という一般論。

言い換えて、鶏が先か卵が先か、と問えば
日本人の場合、
親を選べない、
将来どういう生き方をするのか、何を幸せと、何に充実感を感じるかということの決定権が自分にあるとは夢にもおもっていもいないひよこ、
と表現するのは少し言いすぎだろうか。

少し前まで、(ずっと前はまた違う)とりあえず社会の価値観は同じ方向を向いていた。
いい大学と言われる大学を出て、いい会社といわれる所に就職すれば生涯の生活はその会社が保障してくれる。親がよいと思う人とお見合い結婚をすれば、親が死ぬまで精神的な自立は先送りでOK. 親は自分のかなえられなかった夢を子供に託し、子供の幸せな生涯のためにあれこれ道筋を立ててあげ続ける。

つまり、おおきな社会の流れや一般常識とよばれるものに当てはまる生き方をするのが、楽だし、周りともうまくいくし、幸せと感じられる人が多かったのだ。


属するべき集合体の和のために、その生命のために、個は集合体の色に染まり、集合体の一部として行動し、発言する。トヨタが個人主義の塊の欧米企業に勝てるのは、こういうグループ力があるから。同じ100人従業員がいても、トヨタの場合、グループとして1000人分の力が出せている訳だ。

10X10=1000という、個よりも属するグループのために生きてきた人、あるいはそういうのを見て育った人に、
「さぁ、今あなたは自由です!あなたの強みを生かしておおきく羽ばたいてください。」と言っても、その人はきっと困るだけに違いない。だって、自分の強みを個として生かすより、今までとおりグループの一部として頑張ったほうが大きな仕事(の一部になれるし)が出来るし、そもそも、自分に強みなんてないと思う。あったとしても、大したものじゃない、と答えるだろう。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-26 20:26 | Comments(0)

音楽家による夢想的「療法」論

d0065558_22254734.jpg久しぶりに オンライン ミュージックセラピー雑誌の 
第六回中溝俊哉氏による一音楽家による夢想的「療法」論 に対して、コメントを書きました。

編集部のコメント欄へお進みください。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-21 23:00 | Comments(0)

解き放つ I

d0065558_1723038.jpgある会食にて

「多くの人が、いかにトヨタのシステム、会社のあり方が素晴らしいか謳い、
国外のビジネスマンに‘トヨタがあるべき会社の姿のモデルだ‘というニュアンスで伝える人がいるけれど、私は、トヨタの社員には絶対なりたくないな。」

「トヨタは、トヨタ王国だから。その完璧なシステムに従業員は完全に組み込まれ、心地よい環境をみんなで作り出し、世界でトップクラスの効率と細部への配慮、デザイン性、チームワークを誇っている。ここでは、このルールを乱す人は、認められないんだ。」


という話から発展し

「日本人をもっと解き放ちたいんだ,それを縛っている既存のシステムやルールから。
優秀な人が沢山いるのに、もっている能力を存分に発揮できる学校や、会社や、社会の環境が今の日本にはないんだ。」

もっともらしいお話。
でもねー、日本人に
「解き放ってあげます。もっと自由に自分を表現し、自分を表に出していいんですよ。」
と言っても、そもそも解き放たれるSelf 「個」が自分にある、という自覚が、社会のなかで、そのユニークな個がいかに無意識のうちに変容しているか、という自覚、本当の自分や、自分の意見、生きたい生き方を持っている人はほとんどいないんじゃないかと思うのです。
だから、和や、チームワークが個の意見よりも格段大事にされている文化で育った個々の日本人が、もっともっと自己表現できるようになり、他者と意見が異なることを恐れず、そこからの対話で切磋琢磨したり、個々の潜在的な才能を花開かせるためには、まず「個」「自分自身」に対する自覚を高める必要があるんじゃないかなぁ。

河合 隼雄も、
「欧米人は、まず個があって、それが社会を形成しているという自覚。日本人は、まず社会があって、それに属する個がある、という自覚。」
と書いているし。

(IIに続く)
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-18 17:02 | 日々感じたこと | Comments(0)

帰国

d0065558_19251463.jpg日本にかえってきました。まだ、くうき を感じるよゆうがありませんが。

東京に住むのは6年ぶり。

日本の土壌と気候を確かめながら、大事に根をおろしていきたいと思います。

どんな出会いがあるかな、

どんな木が、花が、実がなるかしら。


これから、オフィスを探して、セッションを再開していきたいとおもっています。
実家が広島なので、月に一度は、そちらでもワークショップなど、企画していきます。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-08 19:25 | Comments(6)

Slow Dance written by a young girl

d0065558_1152991.jpg余命6ヶ月の女の子が書いた詩が転送されてきました。ここで、みなさんにシェアしたいと思います。

(This poem was written by a terminally ill young girl in a New York Hospital.
It was sent by a medical doctor.)


SLOW DANCE

Have you ever watched kids
On a merry-go-round?
Or listened to the rain
Slapping on the ground?

Ever followed a butterfly's erratic flight?
Or gazed at the sun into the fading night?

You better slow down.
Don't dance so fast.

Time is short.
The music won't last.


Do you run through each day
On the fly?

When you ask How are you?
Do you hear the reply?

When the day is done
Do you lie in your bed
With the next hundred chores
Running through your head?
You'd better slow down

Don't dance so fast.
Time is short.
The music won't last.


Ever told your child,
We'll do it tomorrow?
And in your haste,
Not see his sorrow?

Ever lost touch,
Let a good friendship die
Cause you never had time

To call and say,"Hi"
You'd better slow down.
Don't dance so fast.

Time is short.
The music won't last.

When you run so fast to get somewhere
You miss half the fun of getting there.

When you worry and hurry through your day,
It is like an unopened gift....
Thrown away.

Life is not a race.
Do take it slower
Hear the music
Before the song is over.
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-06 11:05 | Comments(3)

不眠症と音楽療法 III

d0065558_134549.jpg先ほど、ふと「音楽」「不眠症」でGoogleしたら、

癒しの音楽療法
f/1 高音周波の音楽をつかった不眠治療
リラクゼーション 音楽療法

等、不眠に対してリラクゼーションを促すのを目的として音楽を有効活用しているものが、たーくさんありました。


余談ですが、その瞬間、「音楽療法士です」と言ったときの、多くの人の相槌を自動的に思い出してしまった。
「ヒーリング音楽かけてくれるんですか/演奏してくれるんですか?」
「あー、音楽で癒してくださいよー。結構ストレスたまってるんで」

(私のやってる音楽療法セッションはかなりイメージと違うんだけどなぁ)と思いながらいつも聞いています。

話は戻って、、、
それで、過去2つのエントリー記事の書き方では、きちんと私のスタイル (この件ではGIM)を説明できていないような気がして、追加エントリーを書くことにしました。

GIMセッションは、深層心理に働きかけるものです。心地よい音楽を受動的聴いてα派を脳に出してリラックスするというよりは、その人の心、体、魂の状態を基に特別に訓練されたセラピストが、その人の内的プロセスを喚起・促進するであろう音楽を注意深く選びます。クライアントは、変遷意識状態 (深いリラクゼーション状態も含む)で、自主的にイメージを見ます。音楽が自分のある部分(意識されていない側面、感情、記憶も含む)と繋がり、イメージになって出てくる。この音楽・イメージ体験を通して、自分の深いところの何かががらりと大きく組み変わったり、全く新しい、人生観・世界観が内面から生まれたりします。

GIMセッションでは内面から心や体の緊張などのバランスが変わるので、音楽を聴いていない時でも、セッションで体験したことの効果は持続しているのです。

言葉によるガイデッド イマジェリー (催眠、誘導)という技法も、リラクゼーションに有効なものとして知られていますが、GIMと全く異なる点は、どういうイメージを見るかは、クライアントに全てまかされている点。セラピストが、リラクシングな場所(さざなみが聞こえる海辺、小川、森林)を言葉で導くのとちがって、GIMセラピストはクライアントの心、体、魂の状態に合った音楽を選ぶことにより、クライアント本人が自分にとって意味のあるイメージを見る手助けをします。

それゆえ、クライアントの音楽&イメージ体験は、深いし、セッションの後から何度も何度もその場所や感情を生々しく思い出し、自分の中で意味合いを発行させていくことが、何度も味わい続けることができる。リラクゼーション音楽でリラックスするのとは、大きく異なるのは、その体験の深さだ。GIMは総合的に、心と体と魂を扱い、それぞれの持つ癒しの力、よりよいバランスをを生み出すことを可能にするものなので、不眠にも必然的に効く、というニュアンスが、前回紹介したケースを表現するのに、しっくりきます。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-04 01:13 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(1)

脱 不眠症II

d0065558_12252445.jpgある人は、地底深くにある恐ろしいほど静かで神聖な場所を自分の内面に発見することによって、

人生の歯車を前に進めることで必死だったある人は、イメージの中で、忘れ去っていた子供の頃兄弟と日が暮れるまで毎日遊びまわった、どこまでも広がる草原とすみわたる青い空の下で、もう一度子供に戻り、そのシンプルで無垢な生の喜びを再体験することにより、

眠つき、眠りの深さがよくなりました。

これらの人は、不眠治療を目的にいらしたのではないので、私も不眠改善を目的にセッションをしたのではないのですが、心と体と魂との対話をうながすことにより、頭で考えて口にするセッションに対する目的とは別に、自然と心と精神からの要求にも敏感になり、全体がバランスを取るように内面から働いていくのだとおもいます。

GIMセッションで出てくるイメージは、私が作るのではなく、音楽と繋がったクライアントの内面から自発的に生まれてくるもの。それゆえ、全てのイメージはその人にとって、とても深い意味がある。


不眠には、色々な理由がかんがえられますが、あまり薬に頼ることなく、自然な心のバランス執りをうながす音楽療法も、有効な対策法としてひろまっていけばいいなぁ、と思っています。
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-03 12:26 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)

音楽療法(GIM)で 不眠症 脱出 I

d0065558_19444348.jpg先日、小、中学生の4人に1人が不眠、というニュースをちょっとした驚きをもって読みました。

ストレスを発散したり、自分が自分自身でいられる、背伸びも、知ったかぶりも、とりつくろいもしなくていい空間と時間が、今の日本にはないのかなぁ?


不眠症、と一概に言ってもそのタイプは様々で、時差ぼけなど体の生理的リズムが
の崩れ、環境の変化、カフェイン・アルコール、加齢、緊張やストレスから、精神疾患などが、その原因に考えられます。

ここでいう緊張・ストレスとは、例えば仕事での人間関係、締切りや自分に向けられたプレッシャー、仕事や恋愛での気持ちの高ぶり、精神疾患とは、例えば鬱や自律神経失調症。


そう思っているうちに、GIM(Guided Imagery and music therapy)セッションを受けたあと(最短で1回目のセッションを行なった日の夜から)、「ぐっすりと眠れるようになりました。」というフィードバックを何人もの人がくれたのをふと思い出しました。心の状態が不眠に深くかかわっている場合、心と体と魂 (Body Mind Spirit)に働きかけるGIMは不眠の解決にもなるようです。


色んな方法を試みながらも何年も不眠 (寝つきがわるい、夜何度も起きてしまう)と付き合っていたのが、最初のセッションの日の夜から深く眠れるようになった人達の最初のセッションでは何が起こったのか?

ある人は、なんとなく居心地が悪い奥さんとの関係を初めて口で他人に説明し、そう感じている自分を「良い、悪い」と判断するのではなく、ただその事実を自分で受け止めるプロセスがありました。居心地が悪いと思っている自分を認めたら、家に居たくなるんじゃないかという無意識の怖れから、本当の自分の気持ちをだましだまし、奥さんと楽しく暮らしている自分を演じていることに対する相当な緊張感が、彼の不眠を起こしていたようでした。

でも、GIMセッションで、まず自分の本当の気持ちを発見し、認めることをしたことで、ふっと心と体の緊張が解けたのだと思います。(その後のセッションで、私たちはその居心地の悪さはなになのか、探していくことになりました。)

(続く)
[PR]
by totoatsuko | 2006-07-02 19:42 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite