カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1リットルの涙

d0065558_12135976.jpgこの夏、日本に帰ったときいただいた本の一冊が「1リットルの涙」。

難病と闘い続けた女の子の発病から6年間の日記をまとめたもの。

彼女の"生きたい” ”発病する前の元気な状態にもどりたい”、という思いが切なく胸に響いた。

そこには、生きている喜びとは別に、どこにもいけない堂々巡りの怒り、悲しみ、諦めの気持ちが何度も何度も記されていて、涙を誘った。

それと同時に、自分自身を責めている文章が、とても多いと感じる。

責める必要なんかないのに。。。

薔薇が薔薇であることに何の罪が無いように、
(たとえ、その棘が人を傷つけようと)
彼女が彼女らしく生きる事に罪は無い。

おしっこが間に合わなくてもらしてしまい、余計な手間を作ってしまうこと、
家族の期待にそぐわず、病状が進行していくこと、
めんどくさくて、やらなくてはならないこと事をさぼること
怒ったり泣いたりする自分。

全然悪いことじゃない。
全然自分自身を攻め立てるようなことじゃない。

怒りがあって当然、
悲しくて悲しくて泣き叫びたいなんて、あたりまえだよ、そんな難病と何年も付き合っていたら。

でも、誰もそうは言ってくれなかったのだろうか?

みんな、
”元気になるよう、がんばろうね。”と、
"元気になること””それにむかって努力する事”のみを評価している様だった。

それでは、人生の一大イベントの"病”や”死”とちゃんとむきあえるはずがない。
病と闘い続けている限り(闘病)、どこかで、自分自身を無視していることになる。
なぜなら、病も、自分自身の一部、死も人生の一部だから。

一介の音楽療法士として、
言葉でも筆談でもコミュニケーションをとれなくなった彼女とその家族に、この分野が専門の音楽療法士がいたならば、と思わずにはいられなかった。

心と体と魂はつながっている。
体の変調(病)が何をつたえようとしているのか、
耳をかたむけてみれはしないだろうか。


余談:
アメリカの病院には病や死に関わる諸問題を専門的に扱うGrief Therapistという専門家が必ずいるが、日本にはそういう資格さえない。

せいぜい精神科医から抗鬱剤などを処方してもらったり、カウンセラーに話をきいてもらうくらいなのだろうか?

それでは、本質の解決にはならない。
心の怒り、悲しみ、苦しみは、化学品で治されるとは思えないから。
[PR]
by totoatsuko | 2005-09-29 11:37 | 日々感じたこと | Comments(0)

個性

d0065558_10592322.jpgオトナになると、いい大学を出たり、要領がよいことが とてもいいことのように話されるのをよくきく。

たぶん、給料がよかったりして、買いたいものがなんなく買えたり、社会的に尊敬される地位につけたりして、人生のチョイスが広がってるようにみえるからかな?

幼稚園、小、中学校では、アタマがいい子より、走るのがはやかったりするほうが、少なくとも私の周りでは、みんなの羨望のまとだった。

人は、ひとりひとり違うんだから、得意な事がちがって、当然。それによって、生き方が違ってくるのは、必然。


アタマがいいのも、個性。足が速いのも個性。同等だ。

ただ、いいアタマを使う場所がビジネスの場において沢山用意されている (お金や社会・家族あるいは地域からの評価に繋がる)が、足が早い人がその特技を生かす場が社会ではあまりない。

プロや、オリンピックの選手になれば、社会からの評価もそれなりに得られるかもしれないけど。


社会で生きていくということは、そういうことなのかもしれない。
社会の価値観・枠に自分を照らし合わせながら、枠の中で生きていく。

いいかえれば、社会的に成功する事や、社会・友人・家族に評価されることが、個人の幸せのバロメーターになっているというところか?

危うい。

社会の価値観とは別の自分だけの価値観ってあるはずだ。
人にみとめられなくても、自分自身の内面において満たされること。

それに気づいている人って、どのくらいいるだろう?
どのくらい、自分と社会の価値観が交じり合ってるのか考えた事ある人はすくない。

人が羨む職を持っていても、パートナーを持っていても、
どこか満たされない人はいっぱいいる。

自分次第では、例えば、
足が速くてアタマが悪い人生を最高のものにすることが出来ると思う。



それは、社会の価値観をベースに世界を感じていてはムリで、
きっと、自分の価値観・世界観を持つことによって、可能になる。
[PR]
by totoatsuko | 2005-09-26 10:44 | 日々感じたこと | Comments(0)

アイデンティティーII 〔写真:夏の終わり〕

d0065558_145786.jpgじゃぁ、どうやってその叫びと向かい合えばいいの?

それって、簡単な事じゃない。

ある人が、受験を終え、大学生になって喪失感を感じ始め、鬱な状態から、摂食障害になってしまいました。どうやら、これまで無視してきた ”一体自分はなにをやっているのか?何のためにやっているのか?”という質問が抑えきれなくなって、心ががらがらと音を立ててバランスを崩してしまっている。

何年もかけてゆっくりと、着実に培ってきた親、学校の先生、友達、そして自分自身との関係(それが、どういうものであれ)が、ある日突然バランスを崩してしまった。

その結果、生きている意味さえ、分からなくなってしまった。

この人は、そうなる前に、体に異変がきたすまで、なぜ心の問いかけに立ち止まらなかったのか?

親、先生、友達に対する見栄?
世間の価値観(A大学はよい)を自分の価値観と勘違いしていた?


いや、たちどまったかもしれない、何かがおかしい、と。

でも、セラピーが、何をやってくれるのかも分からなかったし、
セラピーに行くのは病気だとレッテルを貼られそうだから、と抵抗感があったかもしれない。

でも、私は自分自身の経験から、自信を持って言える。
いいセラピストとのセッションは人生を変える。

私達は、一人で、何役も持っていて、さらに、それぞれに感情がある。 日々追われてすごし、なかなか深層心理に注意を払う事が出来ない。私達の人生は、学芸会とちがって、やりたい役に立候補して、役を獲得するのではなく、さまざまな役割が責任が好む好まざるにかかわらず、意識しないうちにまとわりついて来る。

とても、一人で扱えるほど、私達の心は単純じゃない。
薬でコントロールしきれない、魂の叫びが存在する。

Who am I? (私は誰?)
●●会社のXXです。
灘田(という家の者)です。
●●大卒業生です。

かんたんな答えは一杯あるし、世間はそれで納得する。

でも、自分はしっているだろうか?体外的な代名詞では説明できない、
宇宙のように広く深く入り組んだ自己(Self)があることを。
[PR]
by totoatsuko | 2005-09-20 21:59 | 日々感じたこと | Comments(0)

小雨のボストン 〔写真:チャールズ川)

d0065558_13524898.jpg
夏の間離れていたボストンの我が家に帰ってきて数日が過ぎました。

友人によると、この夏ボストンはまったく雨が降らず晴天続きだったのに、ここ2,3日台風の影響で雨続きなのだそうです。

日本での大地震、南アジアでの津波、異常気象、台風カトリーヌの被害。
地球が悲鳴をあげている。人間と共生していくことを諦め、人間を見捨てて、自分を守ろうとしているのか?

戦争。テロ。
少しでも、"感情”があれば、戦争を始めよう、なんて言えないはずだと私は思うんだけど

医学の進歩、便利な生活、e.t.cを手に入れたはずの私達ですけれど、反面、自然な生き方をする事が難しくなってきています。

土に触れることなく、風のそよめきに気付くことなく、心の痛みに共鳴することなく生きていくのは、人間にとってとても不自然な気がしてなりません。

人間は、気づかないうちに自分達を傷つけ、破滅にむかっているように感じてなりません。


9月、たまっていた事、新しい事を始めるための事務的な作業におわれて、なかなか書く時間がとれないでいます。

近いうちに、アイデンティティーIの続き、日本に久しぶりに帰って、いろんな人に会って感じた事をぼちぼちアップしたいと思っています。

音楽療法や霊気、私の活動などについて、質問があったら伝えてくださいね。一人の方が思っていることは、結構他の大勢の方も思っていることがよくありますから。大事に答えていこうと思っています。
[PR]
by totoatsuko | 2005-09-17 13:52 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite