「ほっ」と。キャンペーン

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

理屈は要らない

d0065558_12534371.jpg"A rose blooms because it blooms, it is without why"

詩人のアングラス シレシウス (Anglus Silesius)のことば。


花は自分自身の安全を気にしているだろうか?
誰かに見守られていたいと思っているだろうか?
他の草花や、人間、環境に受け入れてもらいたい、と願っているだろうか?
他の色の花にうまれてこれたら、と考えることはあるだろうか?

花は 花であるから咲いていて、それ自体が"花”という存在の証だ。
花はヒトに”美しい”と言われるために咲くのではなく、花だから咲いている。
化粧をする必要もなく、誰かを喜ばすために咲いているのではない。

それにひきかえ、私達人間は 多くの場合 ”何故?”という 理由付けによって、自身の存在を確認する。何かを決断するときは、多くのしがらみを無意識のうちにひきずっている。

こうしたら、社会が、友達が、親が、先生、あるいは自分の良心がなんていうだろう?
ああしたら、非常識と思われるかも?そうしたら、変わり者とのけ者あつかいされるかも。

こんなに外部の要素を気にしながら生きている私達は
どのくらい本来の自然の自分として決断をし、それに自信を持って、自分自身の人生を生きれているんだろう?

あまりにも、自分以外の目を気にして生きてきたがゆえに、本来の自分は誰なのか分からなくなってはいないだろうか?

どうやったら自分らしく生きれるか、という問いにたいして、簡単な答えはない。

私達は社会の中で、環境の中で生き抜くために、自分自身をコントロールし、変化させていかなくてはならない。
季節が変わるごとに、服を着替える。暑さに、寒さに耐えるために。
出かける場所 (例えば、学校、パーティー、それか自分のベッド)によって、服を選ぶ。
多くの場合、無作為のうちに。

そうやって作られていく自分も、自分の一部なのだけど、問題は、どうやって本来の自分を失わずにいきていけるか、ということだ。

もっとも、自分をうしなっている、なんてこれっぽっちも気づかずに、疑問も感じずに生きている人はたくさんいるけど。。。

だから、本来の自分って誰なんだ?何が自分にとって自然ないきかたなのか、
そんな疑問をもてるのは、その答えを見つける旅のおおきな第一歩。

答えは、自分のなかにある。考えても見つからない。
何故なら、答えはアイデアとか理屈じゃなく、"生きる”こと自体だから。

これに続くもう一つの質問は、
何が本来の自分であることを否定し、何が本来の自分を殺しつづけているのか?

私達は、色んなしがらみと繋がっている。過去のトラウマ、些細な一言、社会、家族、祖先の目、しきたり、自分自身が自分に課した決まり。それ自体、はっきり認識していないかもしれない。

よく分からない混沌のしがらみのなかで、知らず行ったりきたりしながら、自分は"自由”であると思うかもしれない。そして、もっと深いもつれた場所にはいりこんでしまう。

もし、そのしがらみと向かい合い、適当な距離をつくることができたなら
世界はこの目に どう映るんだろう?
心は どう感じるのだろう?

熱くて殺伐とした砂漠をさまよっている、と思っていて、その環境から必死に自分を守ろうとしていたけれど、

もし、気づいたら?
砂漠にきてしまったのは、自分で選んだわけではなく、
何かを避けるためにさまよった末だと。
もし、何から避けているのか気づくことが出来たら、その対象と対話をすることができる。
案外、砂漠まで逃げなくてはならないほど怖いものではないかもしれない。

本当の自分はどこに行きたいのか、なにがやりたいのか?

そのために必要なものは、すべて自分の中にある。
きっとみつかる。ただ認識していないだけ。

自分らしく、自然体に生きることに理屈はいらない。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-28 12:48 | 日々感じたこと | Comments(0)

霊気とGIMセッション

典型的なGIMセッションは以前の記事で紹介しましたが、霊気とGIMの音楽部分をつなげて行なったセッションについて紹介したいとおもいます。

GIMセッションの典型的な流れをここでもう一度簡単に表記しますと、
セッションは3つのセクションに分けることが出来ます。
1、会話をする。
2、言葉の誘導に続き、音楽体験にはいっていく。
3、音楽体験を振り返る


私は、2の言葉の誘導の部分で、霊気を取り入れることがあります。
言葉の誘導は、クライアントが深い音楽体験にはいっていくのを助けるのが主な目的です。

例えばある特定の場所や、色を思い浮かべることを提示したり、体をリラックスさせるエクササイズをすることもあります。

これらを、言葉ではなく霊気のテクニックを使って行なうのです。
霊気のセッションは、体全体に手を当てていくため、それ自体で1時間半くらいかかりますが、私がGIMセッションで使うときは、頭のポジションのみ手を当てます。

なぜ言葉ではなく霊気のテクニックをつかうのかというと、
時に、言葉は私達を理性、理屈のレベルに引き戻してしまい、心の深層に入っていくのを妨げることがあるからです。

霊気には、私達の肉体だけではなく、心、魂のバランスをとる力があります。
霊気セッション中に、イメージが浮かんだり、強い感情がうきあがってくるのは、その一つの例といえるでしょう。

GIMで霊気を使う場合、霊気によってリラックスし、浮かんできたイメージや、感情の奥深くに、それに続く音楽とともに入っていき、心の内面を探索していくのです。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-25 09:09 | 霊気 | Comments(0)

霊気とは

レイキ(臼井霊気療法) は、戦前に臼井甕男が創始した療法のひとつです。
戦後アメリカを中心に世界中に広がり、日本に逆輸入されるきっかけに成ったようです。
メソッドは、簡単にいうと、霊気療法士が決められたいくつかの体のポイントに両手をあて、その人のエネルギーのバランスをはかるものです。
エネルギーを消耗しない構造のでヒーリングといえるでしょう。

手当てや手かざしによる療法は、洋の東西を問わず、太古から実践されてきた自然療法でした。お釈迦さまやイエス・キリストさまも、手当てによって病を癒したと伝えられています。ただそれは個人の資質や宗教的存在によるものと考えられ、特殊な能力を持った人しか行えないと捉えられてきました。それを誰でも実践可能にしたのが、レイキのヒーリングシステムです。


「自分や家族で独占せず、多くの人々に治癒能力を授けて喜びを共有しよう」と考えられた臼井先生は、この能力を「臼井霊気療法」と名づけ、同年4月に東京・青山に移転し「臼井霊気療法学会」を創設されました。施術を行うとともに霊気療法の公開伝授を行い、屋外に行列ができるほど盛況だったそうです。

現在、アメリカの病院内では、レイキ療法が認可されています。イギリスやカナダでは、レイキヒーリングに保険が適用され、先進国においてレイキは、代替療法としてもポピュラーな存在となっていきました。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-25 08:32 | 霊気 | Comments(0)

Guided Imagery and Music のトレーニングプログラムについて

ガイデッド イメジェリー アンド ミュージック(GIM)セラピストになるためのプログラムは、現在アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパにいくつかあります。

GIMについてのおおよその情報はAssociation of music and Imagery (AIM)のオフィシャルサイト(英語)に載っています。

AIMオフィシャルサイトの中のGIMトレーニングプログラムについてのページ


このプログラムに出願するのに必要な条件は、何らかの分野で修士を取得していること、臨床経験があることが、最初にあげられるでしょう。その他の細かな条件は、各プログラムによって異なりますが、面接があるので、その人がセラピストに適正かどうか、というのも見られていると思います。

GIMセラピストバックグラウンドは様々で、例えば、ソーシャルワーカー、マッサージセラピスト、サイコセラピスト、医師、音楽教育を学んだ人など。音楽療法士である必要はありません。

GIMトレーニングの最低限の必修科目はAMIによって決められていますが、履修内容は、各プログラムによって大きく異なります。

私が学んだCreative arts instituteは、GIMを深層心理セラピーと位置づけ、3年にまたがって授業が組まれています。授業と平行して、スーパービジョンをうけながら臨床の実践もしていきます。

あるプログラムは、GIMをスピリチュアルジャーニーと位置づけ、それに沿う授業内容だとききました。

私が学んだ内容は、大まかに言うと、GIMセラピーでの音楽の使い方、トランスパーソナルセオリーとその実践、その他のGIMセラピーセッションに必要なテクニックについてでした。

以上で不明な点、具体的な質問がありましたら、お知らせください。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-18 23:54 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)

Guided Imagery and Music セッションの流れ

通常2時間のGuided Imagery and Music セッションの流れを説明したいと思います。

フロイト、カール・ユングなどの心理学者が提唱している、無意識の層の存在についてきいた事があるでしょうか?自分の一部であるにもかかわらず、心の複雑な構造ゆえに、また日々の煩雑に追われ、なかなか深層心理と深い対話をする機会がないかもしれません。

しかし目覚める前にみた夢が、一体何を伝えているのだろう? と思ったことがある人もいるでしょう。ユングは、夢は深層心理からのイメージ化されたメッセージだと言っています。

GIMセッションでは、音楽を聴きながら心にうかんだイメージや、色と形を画用紙に描くことを通じて、心の中に存在している無意識の層と、深い会話を体験することを目的とします。何か自分よりもおおきなもの、とてもスピリチュアルな体験も起こることがあります。

セラピーは、自分と 自分なりの方法で 真摯に向き合っていくプロセスです。

1つの典型的なセッションの流れとしては、クライアントとセラピストの対話でセッションが始まります。

その日の気分や、印象的だった夢や出来事についてなど、セッションの時と空間の中で自分の中に現れた事を話します。

その後、セラピストはその会話に基づいて音楽を選び、クライアントを瞑想状態に導いていきます。クライアントはイメージの中に入ってゆき、自分の中で音楽とそのイメージがどう変化していくか、どのようは感情が出てくるか探ります。いうなれば、夢を見ている状態に似ているといえます。音楽とセラピストはあなたの心の深い旅の同伴者です。

音楽が終わると、クライアントは、音楽の中での体験を、対話や色と形に描くことによって、セラピストと共にプロセスします。そうすることにより、自分の中から湧き出てきた、イメージ、色、形が自分にとってどういう意味があるのか探っていきます。

ある クライアントは

“私の issueはとても深い所に埋められていて、硬く蓋をされていました。私はその蓋をこじ開けることができず、中にあるものとの対話をする事も出来ませんでした。しかし、音楽は私をリラックスさせ、夢想状態に導き、私の心の深い部分が自ら表層に浮かび上がってきました。言葉のみのセラピーでは、外からの解釈をきいているようであったのに対して、GIMは私の内側から意味や答えが生まれてくるようでした。”

“I really enjoyed the music therapy session. It was such a unique and relaxing experience, unlike anything I have experienced before. The whole process stirred my creativity and imagination in a way I haven't experienced in a long time.”

"It's great way to explore inside you. I discovered more my hope, direction as well as my hidden fear. Thank you"

東京でやったGIMグループセッションの体験談を書いてくださった方がいますので、ご覧になってみてください。
Guided Imagery and Music Therapy Group Session Experience
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-09 13:15 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(2)

はじめまして

このサイトは、
ミュージック・セラピー=音楽療法の世界、
アメリカ音楽療法学会認定 音楽療法士、
グリーフカウンセラー、霊気療法士であり、
マクロビオティックを生活に取り入れている
灘田篤子の活動の紹介、日々の想いをかきとめてています。

ホームページはこちらです
お問い合わせ  letsmusicingATMARKgmail.com

2014年 インタヴュー記事


2006年9月、東京都渋谷区で開業。
2015年12月 気学鑑定 開始。

■音楽心理療法 (Guided Imagery and Music)・個人セッション
 1.5時間 15,000円 (初回のみ10000円)
 2時間  20,000円 (初回のみ15000円)
■グループ(ご家族やご友人など3名まで)セッション
 1.5時間 20,000円
 2時間  25.000円 (初回のみ20,000円)
上記以外の人数・お時間のアレンジも可能です。ご相談ください。


内容は以下より選択できます
1.心理療法・カウンセリング 
2.自分の心や自分達の関係のクイック ヘルスチェック
3.音楽療法の体験学習

セッション後4週間はメールでのお問い合わせが無料です


気学鑑定
2時間 15.000円

気学宗家 園田真次郎・矢島滋規先生(親子)に師事された 渡邊雅子氏に師事し研鑽をつみ
鑑定士となりました。宇宙と人間の法則を解説する気学という学問・統計学をつかって、よりよい日々のために 気学鑑定士としてアドバイスをしています。

Music Together 代々木上原クラス
NY発の8か月~未就学児向けの親子の音楽教室です。
英語がメインだけど、英語だけじゃない、いろんなオト、声、色んなリズムの歌や曲をつかって、
楽しみながら音楽の基礎を体にしみこませていきます。

春学期、夏学期、秋学期、冬学期とターム制です。
日時:日曜の朝。
詳しくは music together, 代々木上原、等のキーワードで検索


■子供のピアノレッスン or 情緒ケアのためのセッション (30分)
月謝 (月4回) 12000円


子どもと大人のためのアートクラス (月一回日曜日開催)現在休止中
2時間のセッションです。
参加費(材料費込) 一人2500円 (子ども大人も)
過去セッションの様子は、ブログ  をご参照ください。



セラピー、ピアノレッスン、ワークショップ等の出張サービス(交通費が加算されます)も
受け付けております。
ご相談ください。






(略歴)
灘田 篤子 (なだた・あつこ)


米国認定音楽療法士, MT-BC (Certified by American Music Therapy Association)
認定GIM therapist, FAIM (Fellow of Association for Imagery and Music)
グリーフカウンセラー

Music together 認定講師

霊気療法士 (古典・西洋霊気 ティーチャーディグリー終了)
愛気 ティーチャーディグリー 終了
マクロビオティック リマクッキングスクール師範科終了
山村塾 望診講座・食養医学講座 終了


Education

桐朋音楽学園大学ピアノ科卒
ニューヨーク大学大学院 音楽療法科修士課程卒業
ブレーヤー大学院グリーフカウンセリング通信博士課程履修科目終了
The Center for Therapies and Creative Art,
Bony Method Guided Imagery and Music Post Master program 卒業


在学中からニューヨークのスローンケータリング癌センター、ニューヨークフォウンドリング小児病院、精神科病棟、重度難聴児幼稚園にて音楽療法を実践。

一時帰国の際には、国立成育医療センター等で、医療・福祉にかかわる方, 音楽療法士、また一般の方を対象に、緩和ケアの一環としての音楽療法や、発達傷害のある人、一般の人を対象とした深層心理音楽療法についてのワークショップを実践。

2004年10月 ~ 2006年5月の間 ボストンのbeacon Hospice、Dana-Farber Cancer centerに在籍し、施設や家庭での訪問セッション、ガイデッド イメジェリー アンド ミュージック (Guided Imagery and Music 。以下GIM)の 個人セッション、ワークショップなどを実施。


2006年7月 帰国。

以降、東京を拠点に活動を始める。

成育医療センター、パークサイド広尾 レディースクリニック、介護老人保健施設 アクアピア新百合、で、グループ、および、個人音楽療法セッションを提供。

2010年 未就学児向けの療育施設 こころとことばの教室 のたちあげに関わる。

音楽療法・音楽心理療法のグループセッション
親子のための、こころとカラダを育てる食育・料理教室
スタッフに向けの教育・スパービジョン
 
を担当。
 

2011年 FAMI (fellow of Association of Music and Imagery) の認定を受ける。
2013年 音楽とケアマインドの国際シンポジウム(がんプロフェッショナル養成基盤推進採択事業)
     にて 緩和医療における音楽療法について講演
2014年 NPO法人フローレンス による 障害児保育園ヘレンで保育スタッフとして勤務。
2015年 Association of Music and Imagery の学会誌に論文が掲載される。

現在、音楽療法や 一般カウンセリングに対してのスーパーヴィジョン、講演活動を行っている。 

お問い合わせ
letsmusicingATMARKgmail.com

[PR]
by totoatsuko | 2005-07-07 22:57 | プロフィールとコンタクトinfo | Comments(2)

ヒーリング (回復?) って?

d0065558_1334619.jpgインタネットサイト英辞郎で Healing を検索したら、

healing  【名】 治療{ちりょう}、回復{かいふく}、治癒{ちゆ}、癒やし

と出てきました。

ここ数年日本では 「ヒーリング」 または 「癒し」ブームで、これに関連した香り、音楽、生活用品、その他アイデアグッズのマーケットが盛況のようですが、実際 ヒーリングってなんなんだろう? 気持ちよくなること? 疲れが取れること? それだったら、 リラックス とどう違うの?と思ってしまう。

「ヒーリングミュージック」 と名づけられたCDは 巷にたくさん出回っているし、実際 音楽療法士です、と自己紹介したら、「何か気持ちいい音楽を演奏してくれる人」に思われることが少ないくない。

私の音楽療法士としての役目は、何かを与えるのではなく、音楽を色んな使い方をして、その人の持っているエネルギー、パワーを最大限発揮することなのだけど。


心と肉体と魂
例えば、死が遠くない 肉体的な病にかかっている人。癌、エイズ、その他色々。
その人にとって、回復・ヒーリングってどういうものなんだろう? 

延命治療をして 少し死の瞬間が遠ざかること? そこには、本人や家族の一瞬の喜びがあるだろう。でも、それは、魂の声を無視していることにならないだろうか?

ましてや、多くの場合、延命治療は肉体的、心理的にとても過酷なものである。

人はいつしか死ななければならず、その”時”は、永遠に遅らせることはできないのだ。

もし、本人が「死」を忌み嫌い、避けつづけているのだったら、本質的には何も変わっていない。1次的な病状の回復とは裏腹に、あ肉体の死は間違いなく近づいてきて、魂と心を刻々と追い詰めているのだから。

私達の魂はしっている、いつその"肉体”から離れなければならないかを。


あるお医者さんがおっしゃったこと : 病で苦しんでいる人を助けたくて医者になったけど、医療だけでは患者さんの苦しみを救ってあげることはできないんだ、ということに医者になって気づきました。

私は ヒーリング というのは心と肉体と魂のバランスが取れたときのことを言うのだと思っています。体が健康でも心や魂が病んでいる人は一杯いる。肉体的な痛みに苦しんでいても、心や魂が浄化されていて、その痛みといい関係を持っている人もいる。

ヒーリングミュージックでリラックスしても、それが苦しんでいる自分からの逃避ならば、根本的な解決にはなっていない。

薬で鬱などの症状や、体の痛みが解消されても、”こころ”を無視しつづけていたら、本当のヒーリングは得られない。


ある癌患者さんが言った言葉: 病が私の人間としてのヒーリングを可能にしてくれました。

この人は、いつも健康で、仕事も成功していたのだけれど、病にかかり、自分一人では何も出来ない状態になってしまい、ものすごい怒りや悲しみを爆発させていました。でも、音楽療法セッションを通して、病によってたくさんのものを失い怒っている自分をなぐさめ、少し落ち着いて自分の人生を振り返り向かい合ったとき、あんなに多くの物を失ったにもかかわらず、素晴らしい家族や、かけがえのない人生経験など、自分がまだ持っている失なわれることのない物に気づいたのでした。

彼は、病になるまで、社会的な成功以外に、自分にとって何が本当に大切なのか気づかなかったのです。

私は音楽療法士として、対峙したくない感情や自分の側面と向かい合うこと、心、体、魂のバランスを見出す過程が、ヒーリングと言えるのではないかと思っています。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-06 04:31 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite