カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:霊気( 4 )

ある霊気体験者の感想

d0065558_1421445.jpg霊気では、霊気を受ける人はまず仰向けに寝転がります。多くの場合目を閉じますが、あけていけも構いません。

霊気を仲介する人は、頭、上半身の胸側、足、背中にあるきめられた位置 (それぞれ4箇所くらい)に両手を置き、霊気を仲介します。一通り手を定位置に置き、プロセスを終えるのに1時間半ほど、かかります。

ある人が霊気セッションをおえて私に伝えてくれたのは、
私の手がその人の頬を包んだ時、今まで何年も思い出したことがなかった、昔育ったアメリカの田舎の大きな木下で友達と遊んでいるシーンが思い浮かんだ。。。とても懐かしい気持ちになったとともに、わき腹がとても温かくなった。

この例で言えることは、霊気はエナジーワークで、肉体に触れて行なわれるものだけれども、肉体と、心と、魂はつながっているし、霊気はそういう深いところに働きかけるので、セッション中に強い感情や、記憶がよみがえってくることもあるのだ。

もう一人の方は、
しばらくの間つま先に強い痛みを感じていたけれど、それは、なにか強いエネルギーがそこに送られているようだった。少しすると、足に流れているエネルギーの均衡がもたらされ、痛みは消えていき、霊気のセッションの前に足が感じていた不快感は取り払われていた。

私は、特に足にエナジーを送ったわけではない。体が必要なものを知っていて、私の手を通じてバランスをとるように体自身がこのように反応したのだ。


***
私が霊気を学ぼうと思ったきっかけは、音楽療法士としてやっている過程で、目に見えないエネルギーの流れによりセンシティブになる必要性を強く感じたからです。私たち人間はエナジーシステムですし、木、水、火、風、空気、落ち葉、全てにエネルギーが流れている。

ふっと人が部屋に入ってきた時変わる空気のダイナミックス。目の前にいる人がもっているエナジーは、流れているのか停滞しているのか。その人の持っているものを引き出すお手伝いをしている音楽療法士としては、また、音楽という目に見えないものを扱っている者としては、こういうことによりセンシティブであれることに越した事はない。

また、私の音楽療法士としてのスタンスと霊気の働きが、とてもよく似ている。
音楽療法士として心理療法を行なっているとき、私はクライアントに、こうする方がいい、とか、貴方はこうでしょう、と決め付けることはしない。クライアント本人が、自分の内面ですでに知っている答えや、ヒーリングエナジーを最大限活用できるお手伝いをする。

霊気を送っているときも、何かを送って悪いところを直す、のではなく、私の手がユニバーサルエナジーとクライアントを仲介することにより、クライアントが心や、体の崩れたバランスをとるために必要としているエナジーを取り込むお手伝いをする。。
[PR]
by totoatsuko | 2005-11-13 14:19 | 霊気 | Comments(0)

Reiki: 私の霊気の先生との対話

d0065558_13563192.jpg ボストンの秋も深まり、本格的な冬がやってきそうななか、13度と暖かい土曜の昼下がり、チャールズ川にかかる橋をわたりながら撮った一枚。

今日は、先日Meditation to one gentleman's deathので紹介した内容のなかで行なった霊気について、私の先生とE-mailでかわした対話を皆さんと分かち合いたいと思います。

Atsuko wrote:
...Today, I am e-mailing you since I have a wonder regarding Reiki.
One of my clients passed away last week. He had gone while I was doing a session with another client.

I visited his bed, uncovered white sheets and say good bye to him.
There was no one beside him. No family no staff.

On that night, I meditated to him. That was a part of my closer process.
During the meditation, I felt so close to his soul, I decided to send Reiki to him. therfore, I asked his permission, and my hand strongly vibrated.
Throughout the Reiki process, my hands felt strong vibration.

I wonder what it is. Well, thinking back, sending to Reiki to a deceased person's body sounds strange, but at that moment of meditation, I felt it right to our connection.

What would you say about the strong vibrations that my hands felt? What would you say about what I did?


My teacher wrote:
I think that wonderful things are happening with you and Reiki. It is very appropriate to send Reiki after someone dies, particularly to someone with whom you have been close. Sending Reiki can become part of your closure process with an individual as you work in Hospice. The strong vibrations in your hands are an indication that you are developing a stronger bond with Reiki, and in the case that you wrote about, the vibrations may have been an affirmation to you.

****
霊気は目に見えないし、なんだかアヤシイと思われるというのは一般的な反応ですし、実際私も少し前までは、まやかしの変なものという認識だったので、多くの人のそういう反応はとてもよく理解できます。いかがわしいと思われるから、”霊気療法士”なんていわないほうがいいよ、とアドバイスしてくれる人もいます。私自身も未だに、自分と霊気のコネクションをつかみきれていない、というのが正直なところですが、、霊気を信じているし、自分の信じている事を誠実に伝えていけば、理解したり興味を持つ人も増えていく、と信じて、これからも霊気の体験をこのページに記していこうと思います。

霊気のみのセッションに興味がある方はおしらせください。
[PR]
by totoatsuko | 2005-11-13 13:51 | 霊気 | Comments(1)

霊気とGIMセッション

典型的なGIMセッションは以前の記事で紹介しましたが、霊気とGIMの音楽部分をつなげて行なったセッションについて紹介したいとおもいます。

GIMセッションの典型的な流れをここでもう一度簡単に表記しますと、
セッションは3つのセクションに分けることが出来ます。
1、会話をする。
2、言葉の誘導に続き、音楽体験にはいっていく。
3、音楽体験を振り返る


私は、2の言葉の誘導の部分で、霊気を取り入れることがあります。
言葉の誘導は、クライアントが深い音楽体験にはいっていくのを助けるのが主な目的です。

例えばある特定の場所や、色を思い浮かべることを提示したり、体をリラックスさせるエクササイズをすることもあります。

これらを、言葉ではなく霊気のテクニックを使って行なうのです。
霊気のセッションは、体全体に手を当てていくため、それ自体で1時間半くらいかかりますが、私がGIMセッションで使うときは、頭のポジションのみ手を当てます。

なぜ言葉ではなく霊気のテクニックをつかうのかというと、
時に、言葉は私達を理性、理屈のレベルに引き戻してしまい、心の深層に入っていくのを妨げることがあるからです。

霊気には、私達の肉体だけではなく、心、魂のバランスをとる力があります。
霊気セッション中に、イメージが浮かんだり、強い感情がうきあがってくるのは、その一つの例といえるでしょう。

GIMで霊気を使う場合、霊気によってリラックスし、浮かんできたイメージや、感情の奥深くに、それに続く音楽とともに入っていき、心の内面を探索していくのです。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-25 09:09 | 霊気 | Comments(0)

霊気とは

レイキ(臼井霊気療法) は、戦前に臼井甕男が創始した療法のひとつです。
戦後アメリカを中心に世界中に広がり、日本に逆輸入されるきっかけに成ったようです。
メソッドは、簡単にいうと、霊気療法士が決められたいくつかの体のポイントに両手をあて、その人のエネルギーのバランスをはかるものです。
エネルギーを消耗しない構造のでヒーリングといえるでしょう。

手当てや手かざしによる療法は、洋の東西を問わず、太古から実践されてきた自然療法でした。お釈迦さまやイエス・キリストさまも、手当てによって病を癒したと伝えられています。ただそれは個人の資質や宗教的存在によるものと考えられ、特殊な能力を持った人しか行えないと捉えられてきました。それを誰でも実践可能にしたのが、レイキのヒーリングシステムです。


「自分や家族で独占せず、多くの人々に治癒能力を授けて喜びを共有しよう」と考えられた臼井先生は、この能力を「臼井霊気療法」と名づけ、同年4月に東京・青山に移転し「臼井霊気療法学会」を創設されました。施術を行うとともに霊気療法の公開伝授を行い、屋外に行列ができるほど盛況だったそうです。

現在、アメリカの病院内では、レイキ療法が認可されています。イギリスやカナダでは、レイキヒーリングに保険が適用され、先進国においてレイキは、代替療法としてもポピュラーな存在となっていきました。
[PR]
by totoatsuko | 2005-07-25 08:32 | 霊気 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite