カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

自己啓発本

d0065558_21544235.jpg
本屋さんには、自己啓発本やわかりやすく説明された心理学系の本が沢山出ている。
そのコーナーは、どんどん拡大されていっているように感じる。
それだけ、この分野に興味がある人や、ニーズが増えたのだろう。
自分の心や心と繋がっている体の症状を理解するための手立てを知りたい、と思う人が。
自分の心の状態をなんとかしたい、と思う人が。

思うに、自己啓発本によって刺激されるのは主に頭だ。
頭で本から得た知識・ケースを利用して、それらを自分の心の状態に照らし合わせて、
なるほど、こういうメカニズムがあるから、自分は鬱になってたんだ、とか優柔不断なんだ、という感じで理解し、そのためにはどういう手立てを打ったらいいのか、本からアイデアを得る。
いわば、頭で自分の思考回路や言動を変えようとする作業。

私のところには、たっくさんの自己啓発本や心理学の勉強をして自分の状態をなんとかよくしよう、と頑張ったけど、やっぱりどうにもならなくて来た、という人もいる。

私は、自己啓発本で得た知識によって心の状態をよくするのは至難の業だと思っている。
何故なら、心をないがしろにしてきた張本人の「頭」を使って、心をどうにかしようったって、無理があるから。いう事をきかなくなった心に手をやいて困ってしまって、その心をどうにかしようとして、知識をかき集めて試してみても、心の声を聞けるようにはなかなかなれないからだ。

むしろ、啓発本から知識を得ることによって、心の声に耳を傾ける作業から逃避しているのを誤魔化して、知識やー先生が言っていたから、という理論を後ろ盾にして武装してより威圧的に心を説得しようとする、なだめようとする。そのやり方は昔からやっていて、そのやり方によって心のバランスが破綻してしまっているのだ、という事実にも関わらず。

セラピー(私のやりかたは音楽心理療法、色と音と対話を使う)では、知識とか他人のケースとかはぶっとばして、いまそこにある心の声に耳を傾けようとする。100の回復のケースが本に紹介されているかもしれないけど、あなたは、その100の例に当てはまらない可能性が高い、ユニークなあなたはあなたでしかない心を持った人間なのだから。

知識で自分をがんじがらめにするのに疲れたら
それが参考にはなっても本質的な回復や新たな方向性を導いていないのに気づくことができたなら、そんな理屈を捨て去って、ただただ心からのメッセージに耳を傾けてやってください。それはとてもエネルギーの要る、ともすれば危険な作業。だから、必要なら躊躇わず専門家のサポートを利用してください。それは、汚名でもなんでもない。自分いとって必要な物を利用するだけにすぎないのだから。
[PR]
by totoatsuko | 2008-03-09 00:12 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite