カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

投影・虚構

投影も虚構も、全てリアルではない。

相手に自分の心の中を投影して、この人はこんな人と思い込む
演じたい、作りたいイメージを作るために、ありのままの自分とは異なるの言動をすることで虚構を作る

リアルなその人の中身とは違う要素を勝手に見出されたり、自分で構築したり。

投影や虚構とリアルなその人とのギャップがクリアーになるのは
自分が、それらが自分の勝手な妄想であり、作りたかった虚構である、と自覚した時。

d0065558_14091242.jpgある人を見て 怖そうだな と思う。
そう思うことで、話しかけづらく感じる。

その人のことをなにも知らないのに、自分が 自分の中にある ”怖そうなひと” というのを勝手に相手に投影して(ただの白い壁に映画を投影するようなイメージ)
その人が怖い人だと無意識に思い込む、というメカニズム。(白い壁だとはおもわず、投影された映画の世界が壁の存在そのもの、と思うようなもの)

アイドルがアイドルの役目を全うするためにアイドルを演じて虚構を作り
それを虚構とわかっていて、エンターテイメントとして楽しむ。
だが、彼らがリアルでも同じような人間だと勘違いしてる人も多い。

自分の中に抱いている感情やイメージを投影しやすかった相手なのか
相手と深くコミュニケーションして色々知った上で感じている印象なのか

自分が無意識に相手に投影しているものや、世間に対して作っている虚構を自分で自覚したらセラピーの材料にして
そんな幻想の世界で生きることをやめられる。

何故、相手のことをなにも知らないのに自分はそんな妄想を相手に投じて、相手に幻想を抱いた上に
事実に基づいていない、妄想 というものに基づいて、
不必要に自分の行動を無意識に制限したり、大仰に出たりしいていることに気づき
それを止めることができる。

自分の妄想かに気づき
そこから自分を自由にさせることができたら 
もっと息がしやすくなる 
もっと楽に人付き合いができるようになる。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
by totoatsuko | 2017-07-20 14:09 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite