カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

音楽心理療法体験談4 自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い

d0065558_14362713.jpg
許可をいただいてご本人が自身のSNSにアップした音楽心理療法の体験談シェアします。


表題の 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖い」

というのはとても的を得ていると感じます。多くの人が、初めて ”深層心理を扱う類の” セラピー、カウンセリングプロセスをやろう、と決める時には、同じように感じていると思います。 


行ってどうなるの? って。

薄毛が治る、体重が減る、欲しいものが自分のものになる、みたいな、誰が見ても分かる結果に向かって行うものではないから、そう感じて当然。

ましてや、慰めてもらう、とか、気分良くしてもらう、類の誰かになんとかしてもらえるものではなく、自分でワークしないといけないから。

結構心の体力を消耗する。気休めや気分転換として利用するにはそぐわないサービスだと思います。

彼女の最初の3セッションの間隔は、1年以上、あるいは半年以上あいています。


セラピーのプロセスを深めるには、以前の投稿にも書いたように、一定期間2〜4週間以内のスパンで通う必要があるのですが、

彼女はたまにセッションにきて何をしたいんだろうか?と思っていました。

3セッション目に、そのことについて掘り下げて話をすることができ、彼女は以下のように言いました。


本当のところは、本質的なところから変わりたい、と思ってる。

けれど、セッションを1回受けたら、毎回なんかよくなった”気がして”、”通う” 必然性を感じなかった。

セッションを終えたらもう自分は大丈夫、って感じられたから。

でも、今篤子さんと話していて、自分は気休めなことをして治った気に自分をさせようとしていただけなのかも。

なぜなら、今でも本質的には自分のパターンみたいなのは何も変わってないから。


この対話をした後から、彼女は定期的にセッションに来初め、

9セッション目 (定期的に来始めて7回目)を終えて今彼女が思っていることを以下のように書いてくれました。


=====

篤子さんのセラピーを受けています。

セラピーは奥深いです。

セラピーの内容はその日によって違います。
篤子さんとお話してから、音楽を聴きながらマンダラを描く日もあれば、即興する日もあるし、

楽な姿勢で目を瞑って音楽を聴きながら頭の中に浮かぶイメージ(感覚や感情)をみる日もあります。


どんな内容の日も、言葉では表現しにくかったものを、マンダラとか即興とかイメージで自分で表現して、え!こんなこと思ってたの?とか、これってこういう意味かもしれない! って気づいて、セラピーが終わる頃には言葉でも表現しているなって思います。


自分を知っていくって面白いです。


篤子さんのセラピーを受けて、まだなんとなくだけど、自分の感情を置き去りにして目を背けることがどういうことか、

どんな感情も受けとめて向き合うって難しいんだなってことが、わかってきたような気がしています。
もっと自分を知って、どんな感情でもしっかり感じながら生きていけるくらい、軸というか自分を支えるものが自分の中で大きく育てば、

きっと自律神経も整って、なりたい自分に近づけるんじゃないかなと思います。


今のなりたい自分は、眠れて食べられて伝えられる自分です。
当たり前のことでしょって自分でも思うけど、出来ないのが今の自分です。

自分から変わろうとするのは勇気も覚悟もいるし、そこに時間もお金もかけようと思えることって少ないです。


資格取得やダイエットなら時間もお金も惜しまずできても、自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖いです。

今は何か治したい、変わりたい、助けてって時に、色々な方法を選べるのだから、自分が信じられるものに手を伸ばせばいいんだって、

手を伸ばして掴んだ後から気づくって遅過ぎかもしれないけど、気づけて良かったと思います。


セラピーを受けなかったら絶対に気づけなかったことだから、

わたしは1人でも大丈夫、自分が生きやすいものを1人でも選べるって自信が生まれるまで、篤子さんのセラピーを受けたいです。


生きやすいって

楽できるって訳じゃなくて、自分が納得のいく方を選べて、それから時間がたった後も良かったなって思える生き方です。


(終)



[PR]
by totoatsuko | 2017-06-23 13:47 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite