カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

困難を乗り越えられない〜 そういう場合 individuation process は助けになる


d0065558_15091164.jpg
結婚している人と付き合っているケース
結婚していて他にも付き合ってるケース
結婚していなくても同時に複数いないとダメなケース

それぞれのケースにより、心の中で起きていることは千差万別ですが
相手が他の誰かと結婚という関係を結んでいる、まだ終わらせていない、と同時に 自分と付き合っている、
という人。そういう人間であり心理構造である、という事実を
都合よく大きな問題ではないことにしてしまう自分の心理は何なのだろうか?

totalityとは真逆の方向で心のダイナミックスが動いている。

愛してるんです、愛し合ってるんです

それはそうかもしれない。
それって、なんか嬉しい気持ちになりますよね。

価値観が合うし
一緒にいて楽しいし
本当に幸せ

そう、落ちてしまった恋は麻薬。

でも、その人は ”自分のパートナーと向かい合えず、きちんと関係を整理せず” 自分に甘い言葉を言っている、そういう人で
この否定しても否定できない事実に対して、自分の心は必ず何らかの感情反応をしているはずなんです

嫌だな
苦しいな
言ってること、本当なのかな
自分って一体相手にとってなん何だろう?

でも、その傷ついてる気持ちに気づいたら、甘い関係は壊れてしまう、真実の愛であるはずのこの関係に
だから、その自分の内なる気持ちに蓋をする。

自分をtotalに感情の全てを使って生きる能登は、真逆の動きだ。

もし、その人が詐欺師であるとか、犯罪者であって、自分も餌食にされる、と分かっていたら
その人にどんなに甘い言葉をかけられても、いやいやそもそも問題ある人だから関わらないようにしよう
っていう判断ができると思うのですが。

いやいや、一瞬でも夢を見させてくれるんなら、最終的に食べられちゃってもいい、っていう
現実逃避というか、自分を大事にできない人もいますけど。

または、相手にパートナーがいる方が軽い関係で居られるからいい、と積極的に肯定する場合も。
(ホステスさんとかホストさんとかだと、お客さんに疑似恋愛体験をさせてあげるものプロとしての仕事ですから別の話です)
その気持ちが本当にほんとにいいのならいいのですが
totalityの状態からは程遠い状態でそういう風に言っているのなら(多くの場合、そう。)
それは、自分の存在を自分で軽んじている=自分で自分を大事にできていない
と言える。

こんな自分には、こういう関係が適当だ、と無意識に思っている。

自分が自分で立っていられる状態 individuation process が深まっているたら、
相手が自分の問題を解決できなくて逃避するために自分が利用されてるような関係なんか楽しくなんかなくて、
苦痛だから近寄りたくないはずだ。


その結婚がうまくいっていなくて
そこに欠けているものが何なのか、
自分と、相手と、自分と相手との間に流れているものに向かいあわず
うまくいっていない内容も”見ないようにして” 他の人と親密な関係を築く、
という形で 
自分から逃避し、その結婚から逃避し、自分を穴だらけ、重心もぶれまくり な状態にしていったら
その逃避先の関係がたとえ深くなっても そこから逃げたくなるだろうし、
仮に結婚という形になっても 
またその結婚から逃避したくなりまた同じことが繰り返される可能性は高い。

だって、そういう心の構造の人だから。

人との関係は、深まれば深まるほどたくさんの要素が混入してくるので
だから飽きないのだが
自分が自分と向かい合えない状態だと、その複雑性、関係の深さを生きることが出来ない。

自分の問題(多くは意識されていない)を 人や環境 など 外の要因を使って補おうとすると 
環境や外的要因に左右されやすい状態の自分は、時と場合によって欠けてる部分の形が変わるので補うパーツを変えないと自分のバランスは取れない。

Individuation process が深まり、totality に向かって 自分の形が360度全ての方向にバランスよく意識が向いており、どの側面も尊重され、バランスが取られ、ブレンドされても毒が精製されない自分になっていくと、自分が成熟していくのを感じられる。感性が蘇り、視界が広がり、綺麗な空気(環境)を選べ、自分をしっかり持って生きていける。

自分を毒する人には近づかなくなるし
自分を毒する関係を育まなくなる自分になれる。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ 
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   


[PR]
by totoatsuko | 2017-04-18 15:15 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite