カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

大いなるもの と 現実 のはざまで

d0065558_17223370.jpg
霊感がある人にしか見えないもの 聞こえないものがあるらしい
凡人には分からない何かがあるらしい

それは何だか神聖で、汚したり、疑ったりしてはいけないもの
そうしたくなる気持ちすら その神聖さ、その絶対性が理解できない未熟さゆえ
と切り捨てられるような気持ちになる人もいる

確かに ”おおいなるもの” の力や叡智は 
私たちの ”認知している現実” をはるかに超えるもののようだ。

しかし、だからと言って、それが理解できなかったり 繋がれないからといって 
霊感のある人の言葉に 責められてるように 感じる必要はない。

人によって、
霊感のある人は あなたは天から授けられた使命をまだ分かっていない、精進がたりない
というような言い方をする (そしてお布施を請求したり・・・)その人が ”精進”するための手助けなどせず、大いなるものの声とやらのメッセージだけを伝えてくる。

しかし、それだけでは、日々を懸命に生きている人の助けにはならない。

この話を聞いたとき、音楽心理療法であつかう ”無意識” と ”意識” の距離の遠さに重ねた。
音楽やアートを通して、自分の ”無意識” の声を
紙という平面や、粘土という立体や、音という形にならないものにしてとらえる。

その作業体験は、
神の声をきいたような印象だったり
まったく無知だった事へのきづきだったりする

ははぁ とひれ伏したくなるような体験だったり
拒絶したくなるようなおぞましい真実だったりする

これは、理性にとっては  
毎日 毎日 目覚めて、ごはんをたべて、排せつをして、着替えて、掃除をして、人間関係に苦しみ、くだらないことで大笑いをし、歯磨きをして、床に就く、そんな現実を生きている理性にとっては なにか遠くのこと、神聖なる領域で起こっている事 触れられない 近づけない 自分とは遠いところで起こっているもの 自分との関連性をかんじられないもの
であったりする。

だから、専門家である音楽心理療法士が、その溝をギャップを埋め、無意識と意識をつなげるルートづくりを促す事で、その無意識の領域、おおいなるもの が 自分の一部であることを実感できるようになるプロセスを手伝い、その人の”感じられる範囲” を広げる。

疲れてるとき
悲しいとき
辛いとき

なにか大いなるものの声を聴きとってくれる人の所に行って
将来はどうなる と予言してもらったり 
この先に起こる これよりひどくならない何か確実なものを約束されたい 
誰かに守られ 導いてもらいたい 寄りかかりたいと感じるかもしれない。

それは、とても助けになる。

しかし 誰かが言う”お告げ”は、お告げでしかない。
どんなに 美しくパワフルな言葉で語られていても。

リアルに今感じている痛みを 実際の所どう扱うのか、どう溶かしていき 変容させていくのか
その ”プロセス” を手助けはしてくれない場合がある。

ただ お告げを信じて 今の痛みから目をそらして 気を紛らわして では
根本の所の変容には向かない。

心理療法で自分の無意識と対話するプロセスでは自分のなかに実は存在している。 
おおいなるもの との繋がりを感じる力をはぐくみ
自らその声に耳をかたむけ ききとり
自分で自分を導いていくことができるようなプロセス起こりうる。 




音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


[PR]
by totoatsuko | 2017-03-07 17:22 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite