カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

黙ることで生き残れた

d0065558_14131525.jpg
口をとざして、自分の感情を感じる事に封をすることによって
子供時代をサバイヴすることを学んだ人にとっては、
自分のオリジナルな声をつかって ”自由に歌う” ということは、とても困難な場合が多い。

自分の意見を言うと自分より強いものは上の立場の人から攻撃され、脅される環境で
自分を持たない
自分を押し殺す 
ことを学ぶ。

そして、その学習した おかしな世界、いびつな関係を ”生き抜く方法” を
もう使わなくなくても ”普通に生きられる” ほど年齢的に成長しても
わざわざ おかしな関係を再現できる人を ”自ら選び”
過去に修得した ”自分を押し殺して生きぬく方法” をつかって生きる事に 
無意識に固執している。

そして、心の血は流れ続けている。

ただ、慣れているから それしか 生き方 人との関わり方 を知らないから
という理由だけで 自分が傷つく生き方を続ける。


音楽心理療法の過程では 声をだす、すきなようにうたうことがある。

内なる声 自分の意見 を押し殺したり
感じる事 考える事 をやめた人にとって
”自分の声” を見つける というプロジェクトに取り組むこと それ自体 避けたい気持ちになる。

自分の声を発する = 死ぬ (殺される)~恐怖・不安・絶望

という概念が 心の向かい所に植え付けられ、大木となって心をおおっているからだ。

だからこそ、音楽心理療法の声をつかうアプローチがその傷を見出す過程を可能にし、
その傷を癒していくプロセスを可能にするのだ。

言葉だけのカウンセリングでは なかなか到達できない 深い変容
死と再生 のプロセスだ。

毎日死んでいくように生きる のではなく
”新しい生き方をするために” ”ちゃんと死ぬ” プロセスが必要なのだ。

それは ものすごく痛い ものすごく辛い
生きてるフリが出来ないほど 自分の中の大事にしていたものが死んでいくプロセスを感じるから。
だからこそ、ちゃんと 自分を悩ます部分が ”ちゃんと死んでいき” ”新しいものに生まれ変わる”プロセスを歩き、見届ける事ができるのだ。




音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


[PR]
by totoatsuko | 2017-02-26 13:55 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite