カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

Music together 秋学期 2014

d0065558_22571881.jpgMusic together クラス 秋学期 2014 @ 代々木上原の詳細が決まりました。

私の予定があり、出だし少々ランダムなスケジュールとなっています。

日時:日曜日 10時半~ 11時15分 (日程の詳細は以下)
計12回(振替日含む)
1学期 参加費:29000円、 8か月以上のご兄弟 25000円(秋学期の教材、マクロビ スナック付き)ご両親、祖父母様の一緒の参加、歓迎です!

日程
1.     8月31日
2.     9月14日
3~5.  10月5日、12日、26日
6~11. 11月2日、9日、16日、23日、30日, 12月7日、
振替日. 12月14日、


よくある質問に、単発での参加はできませんか、というのがあります。
Music Together では、組織として、単発の参加は原則ご遠慮していただいています。
理由は、Music together は ”イベント” ではなく、あくまで ”音楽教育” だからです。


クラス運営、内容にはマニュアルがありません。
毎週のクラスの内容が 子どもの中で積み重なっていっている
子どもの音楽的な成長の様子講師によってクラスが運営されている

そういう側面は 参加している側にはあまり実感しにくいだろうとは思います。

クラスは笑いと、即興性と、クリエーティビティーに満ちていて、
お勉強、 というよりは 楽しい時間 なので、習い事、という概念にははまりにくい。

気が向いたときにいつでも行ける 遊びにいくのに便利? な場所、 
のように感じられても当然だと思います。



いわゆる ”音楽教室” 的な習い事である 定期的で 保護者の方が自分の力で子どもの変化をみつめ 感じる事をしなくても、数字とか先生の評価を ”読む” 事で成長を知ることが出来るような ”試験” を Music Together では行いません。 

試験 で測れるような力 をつける事が メインの教育目標ではないからです。

子どもが、自分なりの感じ方の幅を広げる経験、
感じたものをさまざまなアプローチをつかって表現していく力
目と耳と体のコーディネーション
統治されていないランダムなグループダイナミックスの中で 自分がありのままでいる 流されない力、あえて流されてみる力
思い通りにいかない時に その気持ちをどう扱って どうアウトプットするか 試行錯誤する経験
指示されないなかで 自分の感性を頼りに 自分がいい と思う音やニュアンスを創り出していく力


こういう力は、たまに来るのでは、子どもと講師、子ども同士の信頼関係、何をやってみても安心してチャレンジしてみる環境が構築しにくく、学びの経験をなかなか積み重ねていきにくい。

失敗してもいい、、、 というか、ここは 失敗 って外的評価はないんだ
って、気づいて、心からそう思えるには時間がかかります。

言われた通り歌ったり楽器たたいたり、行動したりするのが大事 って日々教えられてる子ども達が
自分で感じて 考えて 自分のタイミングで 自分の表現をする というのを学ぶのには
そして、その力を深めるのには、やっぱり毎週積み重ねられる環境のほうが 伸ばしていく事が出来ます。


年齢で分けた教育マニュアル が決まっていないからこそ、
その瞬間の子どもの様子をみながら その時のクラス内容を作っていくクラス・プログラムだからこそ
親が想像もしない学びを子ども達は 空気を吸うように 自然と身に着けていきます。

時に、Music Together で身につけたクリエーティビティー、音楽を楽しむ力 は分かりにく場合もあるかもしれません。日本的な音楽教育でよしとされるような事を出来るようにする教育ではないから。 むしろ、先生の指示にもかかわらず、音楽を始めると楽しくなっちゃって、自分の表現のアイデアがどんどん出ていちゃって、先生の言うとおりにしてるだけではとどまれなくて、評価が下がってしまうかもしれない。

しかし、Music Together は、 もっと長い目でみて、子ども達にプログラムを提供しています。
学校の音楽でいい点を取れるための教育ではなく、生きているあいだじゅう、年をとっても 心底 音楽が好き! で、音楽表現が生活の当たり前のように一部になって、自分自身を自分の力でより楽しく、豊かに生きる土台を育んでいるのです。

音楽は、ダンスにも、スポーツにも、学問にも繋がっています。
好きなジャンルの音楽をたどっていって、ダンスがやりたくなるかもしれないし、そのジャンルがよく使われているスポーツに関連する分野に進みたくなるかもしれない。現場で即興的に起こっていく受動的な音楽の楽しみ方、能動的な音楽の楽しみ方、どちらもを自由に行き来できるちからは、人とのコミュニケーションに通じるものもあります。


夏学期は終わってしまいましたが、よかったら是非! 秋学期 無料体験 しにきてみてください。





音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ

アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。
[PR]
by totoatsuko | 2014-07-27 22:52 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite