カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

music together を体験

d0065558_2349034.jpgアメリカで開発された幼児音楽教育プログラム 
Music together のフランチャイズクラスを始めて、かれこれ3年目に入りました。

色んな出会いがあり、別れがあり。

どんどん替え歌にしていったり
色んな変拍子(3拍子、4拍子 というメジャーな拍子ではない)で作られた歌のリズム感
自然と体が動いたり、手をたたいていたり、音楽が特別なものでなくなっていく感じ
子どもが発信する声やしぐさが、グループの音楽につながっていくかんじ
英語だけでなく、スペイン語や韓国、アフリカのどこかの国の言語の音も面白い

音楽療法セッションと共通しているところが多いです。
よりよいクラス内容にするために、その学期で使う歌を歌いこんで自分のものにしようとする過程で、
自分の子ども達とも一緒に歌ったりして楽しめるのは、とてもうれしいです。

先日、知人が主催するmusic together のクラスに 
娘と初めてmusic together参加者として参加しました。

いつもは、私がリーダーをやっているので、
娘もそんなに好き放題私とかかわれないし、私も関わってあげる事ができないのですが、
この時は、馴染みのあるmusic together の曲の中で、いっぱい娘とスキンシップをしたり、歌ったり、踊ったり、他の参加者の方と絡んだりできて、娘と私にとって、とても濃い時間が過ごせました。

改めて、music together のクラスって、音楽教育だけの側面だけではなく、
親子がしっかり向かい合う、そして、歌、という共通言語?道具?を使って繋がれる、
ステキな時間だと思いました。

2014年春学期の代々木上原クラスのグループメンバーさんは、定形発達の1歳児さんがメイン。
そこで保護者の方にお伝えしたのは、


見ている、聞いている、それも、とっても大事な学びの、吸収の時間。
やらせようとすることで、その貴重な子どものペースで行われているプロセスの邪魔をしない。
リーダーの通りをすぐマネしないから、といってアセらないこと。
乳幼児が、聞いていない風な時でも、いろんな人が話す言葉のシャワーを浴びて、
理解してるのか、してないのか傍目には分からなくても、しっかり吸収していて、
ある日、言葉を話し始める、どんどん、どんどん。
誰かが言った言葉のマネをする時期ををあっという真に超えて、
”自分のことば” を話し始めるようになる。

音楽も同じ。
話すように、生活するように、音楽が子どもたちの、
家族の日常の一部になる環境づくりをするのが music together の教育方針の一つ。
定形発達のお子さんが言葉を獲得しない事がないし、
劣等感のせいで、はずかしくて話したくない、とはあまりならないのと同じ。
誰だって、自分が楽しめる音楽を発信する力や、音楽によって人とつながり楽しんだり、自分らしい音楽センスは磨かれるはず。


日本でも、どんどん music together のフランチャイズクラスが出来ています。
リーダーさんや参加者の皆さんによって、クラスの雰囲気がそれぞれ違うと思います。
クラスがお近くにあったら、是非体験してみてください。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使って深層心理をひも解くカウンセリングについてはコチラ
[PR]
by totoatsuko | 2014-03-30 23:49 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite