カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

自分自身であることは、友好関係を制限するものではない

先の投稿で わざわざ
>マクロだから、そうじゃないから、というので友好関係に制限をかんじなくていい、

なんてかく私は
マクロビオティックを生活に取り入れていったこと、
人と同じであることのみに特別価値をみいださない、

という生き方にたいして受けた、
私の人格批判にまでもつながるようなコメントによる傷や呪縛から、
まだまだ 自分で自分自身を完全に解放することができていないのだな、
と改めて感じました。 これは、私の心の問題であります。

d0065558_132518.jpg


私が マクロビオティックを生き方に取り入れているのは 人に対して失礼なんだ
人と違う事、人と違う価値観や信念を持つことは 人を傷つけることなんだ 

もう そういうコメントをコンスタントに浴びなくてもよくなった今でさえ
私が 私であることが ステキだと言ってくれる子どもたちや同僚や友人の輪がふくらんでいっても、マクロだから、そうじゃないから、というだけで人との関係に悪影響を及ぼしていないと自分で実体験を重ねてきていても、


それでもなお

>マクロだから、そうじゃないから、というので友好関係に制限をかんじなくていい、
ということが、 とても とてもスペシャルに感じているから、
あえて 自分で書いて確認して人と共有したいと思うのでしょう。


日本にいても、ある次元・ ある世界・ 
特殊な世界に限定されず、多くの人の間では お互いの信念を尊重しながら調和をはかっていく、というのは ”あたりまえのこと” なのに、

あえて公の場(ブログ)でかき、確認する必要があった自分は
まだ その傷から回復できていない、
あるいは古い次元に自分で自分の足をまだつっこんだままでいるのだと思いました。

草食なこと、地球との共生がどうの、と言っていることに対して
人と違う価値観をもっているから、常識から違うから いけない、そう批判する人もいる。

私自身は、違うこと=悪 と思っていないし、
そういう次元でものごとを捕らえる世界で 
自分なりにできること・・・批判に対して戦ったり、かわしたりしつつも
できることなら、そういう批判的な世界に存在したくなかったし、
存在してるつもりでもなかったけれど 

(相違が悪・自分自身であることも悪、という価値観も勿論アリだと思いますが、
人を攻撃する土台となるべきではない、と思っています。)


やっぱり 身近にいた人に、対話ではなく、批判を受け続けると、
知らないうちに その批判に対して、反抗心だったり脱力感だったり、憔悴だったり、自己否定だったり、
いろんなものをためて、自分の成長をさまたげてきたんだな、と振り返って思います。


そのとき、私が私らしくあることが大事、人と違うのが当たり前、
というスタンスをとってくれていた仲間もいたけれど、それを十分取り込めていなかったのかもしれない。
そういう人は、特殊なんだ といわれたとおり思いこんでいたのかもしれません。

ただ、かわらず私に寄り添ってくれて、楽しい時間を一緒に過ごすことができる仲間のおかげで、かろうじて自分が保てていたのだと思います。
どんなに批判されても、自分の信念を失わず、かつ 
余裕はなかったけれど、人や自分の心に対して聞く耳を切り捨てず、
持ち続けることができていたのかもしれない。


しかし、こうやって、今までよりももう少し過去を冷静に振り返ることができるようになり
いままでよりも沢山の人と出会うようになったけれど、人と違っていい、それぞれがそれぞれの信念をもって生きている、というのが 特殊な人たちだけの価値観ではないのだ、と感じられる人とのやりとりを あたりまえに 普通に存在する日々を 何度も 何度も 何度も 重ねて経験すること  で、やっと過去の呪縛 - 「批判された言葉を自分の心の中でエコーさせて、さらに自分を締め付け続けた自分」 から自分を解放できそうな気持ちになっています。



人と違う事 というのをテーマに書くにしても、
これからは もっと もっと さらにのびやかに オープンマインドに
異なる視点から書いていけるようなきがします。




人と違う事に対して 批判的で、
それゆえに 大事な人間関係・信頼関係をも壊すことを厭わない人、
もうそうせざるを得ない人がいる、 
というのは「経験に基づいた知識」としてこころに留めつつも、
もう その呪縛の影を私の心に落とさせない。

過去の批判の記憶から新しいスタンスを見出して、
すがすがしく 自由なきもちで、これからも、ここに私なりの思いを綴っていきたいと思います。

何か ひとつ皮がむけそうになってきているのを、実感しています。

そして、ここに この変化を こうやって記し、読者の方とシェアすることで、
もう 懐かしいから・なじみがあるから という感じで無意識に 知っている世界にもどらず、
新しい感覚で世界を捉えていこうとしている自分が、後戻りしないように布石をしたいと思います。


苦難と向かい合うのは とても とても辛い事ですが
その過程をとおして、生きているなかで何度も 何度も 自分が脱皮していくのを感じられること
それによって、私を生かしてくれている 人や環境に
より深い愛と感謝の気持ちをもつことができ、 
よりよく貢献していくことができる自分に変化していけることは嬉しいことです。



すべてのことに 感謝して。



女性のための 音楽と色と声のワークショップ@パークサイド広尾レディースクリニック、参加者募集中。

音と色をつかったカウンセリング・深層心理プロセスのご予約はこちら

うつ・虐待・摂食障害・妊娠や結婚・人生の大きな決断をまえに迷ってたり体調を崩されている方・不登校などのお子様をもつ親御さん などのために
[PR]
by totoatsuko | 2011-06-18 00:28 | Comments(2)
Commented by M at 2011-06-19 11:53 x
Do not allow them to pull you down.
Don't be influenced by their spell and fly freely!

Your friends and your kids need your smile and love.
Be confident.
Commented by ゆき at 2011-06-19 13:42 x
以前に、totoatsukoさんがマクロビじゃないお友達と焼き肉やさんに行かれた記事のコメントのやり取りで誠実にコメントを返されている様子を拝見し、とても勉強になっていました。

マクロビじゃない人、マクロビを知らない人にも、自分のスタンスを上手に伝えつつ、相手の価値観を尊重していることも温かく伝える…丁寧さとこころ配りがいりますね。
それを上手にするのは、自分自身のやわらかい気持ちが必要だな~と、会社の人とのランチを断りながらいつも思います。
考えてみると、これってマクロビに限らず、生活・ビジネス、全てにいえることかもしれませんね。


話は変わりますが、前に教えていただいたクッキー、とてもはまってしまいました。
最近は全粒粉+オートミール+キャロブが定番になりました。
このお陰でお砂糖に頼らず満足感を得られるようになり、教えてくださったtotoatsukoさんに大感謝です☆
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite