カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

闇は闇ではなく、影は影でないかもしれない

d0065558_17345039.jpg今の自分を暗闇にとじこめているどんなツライ トラウマも、
いや、そこまでひどくなくたって、ずっと自分の気持ちや頭から離れない出来事や関係を、ちゃんとみること、対話することができたら、
これからの自分の人生を豊かにする、自分がもっとクリエーティブでもっと強くなれるための枯れない泉になる というようなことをブログでかいたことがあります。

自分をのみこもうとしている闇が闇ではなく、
自分から光をさえぎっている影は影でないかもしれない。

クライアントが、
「自分が、今現在、セッションを通して言語として認識できるようになるずっとずっと前から、
振り返ってみれば、のしかかるような黒い塊は子供のころからずっと感じていたように思います。
毎晩 眠る前に夢なのか、実際見えてるのか分からないような感覚のなかで、今日いちにちのくるしかったことを感じながら、黒いものを天井の辺りにみていました。
理論的には、それが 自分の苦しさ とは認識せずに。

前回 イメージ(@音楽心理療法・Guided Imagery and Music セッション)の中で、思いがけず 黒い闇のようなものに飲み込まれ、当時自覚していなかった辛い気持ちや、悲しみや怒りを感じたら、ああ!これが自分の避けてきた部分なんだ、これが過去のひどい鬱をひきおこしていたんだ、と気がつきました。
それは以前からも気がついていた事なのだけどイメージをなぞる作業は現実とはまた違ったリアルさを持っていました。
あまりの闇に不安がかき立てられたのですが、そのイメージをさらにふくらませて絵にしてみてとのアドバイスで思い浮かんだ絵は自分の想像していたものとはまったく違うなぜか輝くような色とりどりの絵でした。
しかし、これは不安の逆の意味でしかなくて、その絵自体に意味があるなんてその絵を描いたときはなにも気がつきませんでした。

そして、2週間後、次のセッションの前日に突然、はっと分かってしまったのです。
あの闇は闇でもなく、黒い袋でもなく、自分の大事なものが沢山はいってるものだ! と。

こうしたらステキだな~、とかこういうふうにやりたい、と自分が直感的におもっても、
なんらかの理由で(ここは、これからセッションでもっとみていきたい部分)、
それはやっちゃダメ、と自分のある部分が判断して、それをカタチに行動にしていくための
次のステップを考えることもなく、自分でどんどんその袋につめていっていた。
自分がそうしてきた、という自覚はいままで全くなかったし、まさか闇の中身が
自分にとって素敵な希望で満ちあふれていたなんて!
セッションの後に描いたイメージは既に答えが描かれていたなんて!!
心はすでにわかっていたのに、伝えたかったのに
闇だと思い込んでみないようにして、大きさのバランスを取って生きていたなんて!

そして、自覚してなかったけど、闇が大きくなったり、小さくなったり日々してるんだけど、

大きくなって手に負えない感じになっている時、自分は意味なくイライラしたり、
どうでもいいようなことに爆発したりしてたんだな。 ああ、それは母も同じ感じかもしれない。

この気づきは、ほんとうに衝撃的。
汚い、辛いもの、自分を苦しめるものの塊、と思っていたものが、
実は自分の大事なものがいっぱい詰まっているものだ、という事実。
もう、そんなに怖がらなくていいのだ、という事実。

ひどい鬱の期間をへて 本当に奇跡のように抜け出した後は、
鬱にならないように、この黒い袋をちゃんと抱えながら、バランスをとりながらいきている、
という感じだったのだけど
そもそも黒い袋は存在していなかった、存在しない、というか
わたしの希望や夢そのものだった!のだからよーく見つめてほんとうにやりたいことから
ひとつづつ取り出して丁寧にみつめていけばいいのかなと!」


そんな話をして、黒い袋で、キラキラしたものが詰まっているであろう袋にフォーカスして、今回のイメージを始めてみました。
そうすると、また 予想もしてなかったようなイメージがたくさん・・・
まだまだ 心の探検は続いてます。


音楽と色を使ったカウンセリング・ホームページ
[PR]
by totoatsuko | 2011-01-13 06:55 | Comments(1)
Commented by Namster at 2011-01-13 18:07 x
ユングでしたっけ、Shadowの90%はゴールドだって言ったのは・・・
私は100%だと思ってますが。

たくさんのキラキラが見つかるといいですね~。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite