カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

投影・虚構

投影も虚構も、全てリアルではない。

相手に自分の心の中を投影して、この人はこんな人と思い込む
演じたい、作りたいイメージを作るために、ありのままの自分とは異なるの言動をすることで虚構を作る

リアルなその人の中身とは違う要素を勝手に見出されたり、自分で構築したり。

投影や虚構とリアルなその人とのギャップがクリアーになるのは
自分が、それらが自分の勝手な妄想であり、作りたかった虚構である、と自覚した時。

d0065558_14091242.jpgある人を見て 怖そうだな と思う。
そう思うことで、話しかけづらく感じる。

その人のことをなにも知らないのに、自分が 自分の中にある ”怖そうなひと” というのを勝手に相手に投影して(ただの白い壁に映画を投影するようなイメージ)
その人が怖い人だと無意識に思い込む、というメカニズム。(白い壁だとはおもわず、投影された映画の世界が壁の存在そのもの、と思うようなもの)

アイドルがアイドルの役目を全うするためにアイドルを演じて虚構を作り
それを虚構とわかっていて、エンターテイメントとして楽しむ。
だが、彼らがリアルでも同じような人間だと勘違いしてる人も多い。

自分の中に抱いている感情やイメージを投影しやすかった相手なのか
相手と深くコミュニケーションして色々知った上で感じている印象なのか

自分が無意識に相手に投影しているものや、世間に対して作っている虚構を自分で自覚したらセラピーの材料にして
そんな幻想の世界で生きることをやめられる。

何故、相手のことをなにも知らないのに自分はそんな妄想を相手に投じて、相手に幻想を抱いた上に
事実に基づいていない、妄想 というものに基づいて、
不必要に自分の行動を無意識に制限したり、大仰に出たりしいていることに気づき
それを止めることができる。

自分の妄想かに気づき
そこから自分を自由にさせることができたら 
もっと息がしやすくなる 
もっと楽に人付き合いができるようになる。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
# by totoatsuko | 2017-07-20 14:09 | Comments(0)

あなたが結婚するべき相手は・・・?

d0065558_18251177.jpgあなたが結婚するべき相手は・・・?

「それは、あなた自身」
そうこのYoutubeに公開されているTEDのスピーカーは断言している。

自分があるがままの自分を愛せるようになると
自分を愛するように 人を愛せるようになる。

誰かに幸せにしてもらおう
誰かに自分に欠けているものを埋めてもらおう
というスタンスでは、幸せになれないし
大事な人を本質的に大事にできない。

自分で自分を愛し
自分と一生を共にする、
病める時も貧しい時も良き時も どんな時も
その覚悟と実行力。

自分を大事にする
常に自分と共にある
というのは、実は結構難しいこと。

周りに自己中だとか、色々言われたり、自分で自分を批判するパターンが染み付いてるから。
自分を愛することと、自己中心的で破壊的なのは違うのに・・・

自分を大事にする覚悟と決意が実行に移せる自分に変わるためのプロセスには
まさに音楽心理療法が手助けしてくれる。

いいスピーチでした!


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」






[PR]
# by totoatsuko | 2017-07-16 18:29 | Comments(0)

スーパーヴィジョンの必然性

d0065558_06143793.jpg学会でいくつかプレゼンやらワークショップやらをして話を聞きにきてくださった方と交流したりしてスーパーヴィジョンを受けたことがなく音楽療法士という専門家としての職業をされてる方が多いということを学んだ。

セラピー がセラピーであれるのは

セラピストが常に自分の客観と主観を細かく自己観察しながら
同時に、クライアント(達)サポートスタッフの動きも把握し
自分のセラピストとしての一つ一つの介入(クライアントの配置、声のトーン、抑揚、「自分の音の使い方」)に「意図」があることを自覚し
その意図が意図通り発せられてるか検証し
自分が発したものがクライアントの情動、行動にどう関連しているか検証しているから
だと私は思っている。



自己の内面観察なしにセラピーは行えない。

自分を自己観察しながら、クライアントも、自分とクライアントの出す音も行動もすべて同時にとらえて セラピーを行う、というのは簡単に出来るようにはならないし、ある程度できるようになっても、常に自分と対話をし続ける類のものだ。

セラピストはクライアントの先生でもなければ、友達でもない。
クライアントのセラピストなのだ。

クライアントのセラピストである、というのはどういうことなんだろうな?
先生や友達とは何がちがうのか?

セラピストは、独りよがりではなく、自分のニーズを無意識に押し付けもせず、
クライアントに本当に必要な介入をしていくことを常に探求している。

これは自分がクライアントにやってほしい、と勝手い思ってることなのか
クライアントがセラピーのゴールに近づくために適切な介入なのか?

スパーヴィジョン 日本でも根付いてほしい
クライアントのためにも 
この仕事を専門家としてやっていく人の精神衛生のためにも。

皆がともに学びあい、成長しあい、尊重しあえる専門家のコミュニティーであれたら、とおもう。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
# by totoatsuko | 2017-07-07 21:55 | Comments(0)

音楽療法世界大会@ 筑波 in July 2017

I gave a couple of presentations at the world congress of music therapy, which is held once in three years and this time in Tsukuba for five days.


A great learning experience from the preparation process and the communication with the audience during my presentations/work shops.


I appreciate my friends' and kids' support to make this happen. Great to hung out with people whom you haven't seen for a long time and meet new people.


Now, it's time to get back to life!


There were moments that tears came down from my eyes when I was listening to presentations about how music therapy enabled kids and their families to express themselves and get bounded tighter in music. It was the same feeling when I encountered music therapy scenes at first time in my life back to 1998.


The power of music therapy is so moving.




幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
# by totoatsuko | 2017-07-07 19:46 | Comments(0)

死にまつわること

d0065558_18445445.jpg私は幼少期に大事な存在だった祖母と実弟を病気で亡くしているので死はある意味身近で、
死にまつわることにはいろんな意味で心が深く揺さぶられます。

それは、生きる ということに心が揺さぶられる、ということと表裏一体です。

生きているから死があるのだし
死があるのは生きているから。

子供の頃に子供としての感性を持って死別というのを実体験して
その後 映画や、小説や、身近な人が話したり書いたりする死にまつわるストーリーに触れると
自分の体験と様々なレイヤーや点で共通点を見出し、
どっぷりと死んでいくまだ生きている人、大事な人を永遠に失おうとしているときの堪え難い痛みが呼び覚まされ
いつも私を原点に帰らせてくれます。

生きていることの有難さ、尊さ
自分を取り巻く家族や大事な友人たちとの出会いとそこから続く関係の尊さ、かけがえのなさ

もし今後その人たちを失うことになった場合の 自分の堪え難い心の痛み 切実なやるせなさ

命を与えられ、今日もまだ生きていて 大事な人たちと一緒に一日を終えることができる という特別なことが
毎日続くと思えている今の状況が いかにかけがえがないか

初夏の夕暮れ 
電気をつけていない部屋がゆっくりと暗闇に包まれていく中でお茶を飲みながら感じている


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
# by totoatsuko | 2017-07-01 18:53 | Comments(0)

グリーフのプロセスは個人的に行われるもの

d0065558_16072466.jpg妻を病で失って、今の自分の気持ちとか、子供がどうした、とかをブログに逐一載せる。
このブログを書くことだけが今は心の拠り所

というセリフを読んだ。

みんなが読んでくれてるブログをアップデートすることが拠り所って、なんか不幸中の不幸。
有名人で読んでくれる人がいるが故に拠り所にできてしまうのだろうけど 
世間なんて、他人様。気まぐれで無責任で、もしかしたら自分を気分によっては攻撃してくる可能性がある他人様を拠り所にしなくちゃいけないって・・・

誰かも知らない人に向けて自分の気持ちを書く
そして、良くも悪くも大量のフィードバックを受ける

そういう作業は、
自分の辛さから目を背ける助けにはなるかもしれないけど




辛く悲しい別れから学び、糧にし、自分らしい新しい一歩を作り出していく過程であるグリーフのプロセス というのは 
もっともっと個人的なもので
ブログなんかには書ききれない 
言葉なんかで消化しきれないものだと
多くの人のグリーフプロセスをセラピストとして寄り添ってきて
そして、自分自身の個人的なグリーフプロセスを歩いてみて
そう思う。

彼が 本当に必要なプロセスを体験する機会がもてることを祈っています。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」


[PR]
# by totoatsuko | 2017-06-30 16:20 | Comments(0)

随分変わったのよ

d0065558_15351568.jpgお喋りをしていて
話を聞いていて、色々大変そうだな、と思いながらその人の話をきいていて
ところで音楽心理療法の仕事してるんですよね それって面白そう、と話をふられたので

深層心理のところまで降りていって
いろんな気づきを得ることで、今までの価値観とか世界観とかものすごく変わったり
相手との関わり方とか 付き合う相手の種類まで変わったりする

というようなことを、ざっくりと手短に話したら

あ〜、あの人も随分変わったんですよ〜
年取ると人間ってほんと変わりますよね 色々学ぶしね

という感じの返しがきて、なんだか肩透かしを食らった感じでした。

そもそも 音楽心理療法なんかに興味がなかったけどただ話振っただけだったんだろうな などと思いつつ
(そんな配慮して下さらなくていいし、そういう希薄なやり取りは個人的には好きではない)

個人的には、
そうですよね〜 そうとう変わられたんですね〜 
年齢重ねて人生重ねて色々乗り越えてこられたんですね〜
でも、今でもか・な・りこじらせ女子な感じですけどね〜 
辛そうなエネルギーを感じます

と、、、心の中で。

これは私の主観に過ぎないので、余計な御世話なのですが

音楽心理療法、サイコセラピー で起こる変化って 他のやり方では体験できない深いもの、
ましてや、一般的な加齢に伴い得た経験による思考、感情、態度の変化とは根本的に種類が違うもの。


興味がないのにサイコセラピーのセッションに行っても なんの得にもならない。

ただ私が主観的に、音楽心理療法をプロセスが その人の今の私からみたらすごく困ってそうな状況を根本的に変えることができそうだ、
と感じていた時に、音楽心理療法の力を借りなくても十分変化した、私大丈夫、というニュアンスの返答をきいて、
その結果 私の心に生じた 肩透かしだった心の感覚 が印象的でした。

本人が大丈夫 っていうんなら 私は何もいうことはない。
親切の押し売りほどうざったいものはない。

自分の主観的な感覚は、自分特有の受け止め方を連鎖してその人の生き方を生んでいくのだな、と思う。

幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」







[PR]
# by totoatsuko | 2017-06-30 15:49 | Comments(0)

「あなたはあなた」 だけど一人じゃない

d0065558_15261416.jpgこれは、あるこども向けのサマーキャンプのパンフレットに書いてあった言葉で いいな、と思った。

みんな意見が違う
違っていい
違うから、と言って仲間はずれにならない。

私と違うあなたがいるから
ぶつかることもあるけど
一緒にいて刺激になる 楽しい

一緒じゃなくていい
同じじゃなくていい

あなたはあなたでハッピーで
私は私らしくあることでハッピー



あなたがあなたの人生を自分らしく生きていてハッピーだと 私もハッピー
そんなあなたを応援したい 見守りたい 話を聞きたい 仲間に混ぜて欲しい
私も、あなたとおんなじ人間じゃないけど、自分のやり方で充実してる
いいな、って思うところがあったら一緒にやろう 
無理に同調してくれなくていいし
嘘ついて機嫌とってくれなくてもいい


あなたが私に同調してくれないと 私 楽しくない
私はあなたの誘いがないと動けない

じゃない。

子供の頃に
いろんな人と触れ合って
色々びっくりしたり 腹が立ったり 喧嘩したり 仲直りしたり

家族 という心も体も価値観的にも帰る場所がある中で
ガチで 素で 他人(家族に対するような甘えは通じない)とぶつかり合える経験って かけがえがない と思う。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
# by totoatsuko | 2017-06-30 15:26 | Comments(0)

いつでも生き方の方向性は変えられる

d0065558_17173820.jpgジャパンタイムスを読んでいたら

ブラッド・ビットが最近のインタビューでセラピーを受けていることについて話していた。

離婚騒動。
その事実から目をそらさず、
自分の正当さを法廷で主張するために相手の負を血眼になって探して攻撃して、その醜態を子供達に見せつけるのではない方法を選び、自分自身が、この最悪な出来事から学び、この後同じことを繰り返さず、より良い生き方をするきっかけにしているのだな、
と感じた。(こんなことになってしまう前にセラピーに行けたらよかったのだろうけれど、、、それは今言っても意味がないこと。こんなことになっても、自分を省みない人もいるのだし。)

以下、インタビューの一部の意訳です。


結婚するときに、お酒を飲みすぎること以外は全てやめた。

だけど自分のその飲酒癖のせいで家族との関係を台無しにしてしまった事に気付いた。
だからセラピーに行ってお酒をやめ 自分の気持ちと向かい合う方法を学んでいる。
それは自分が過去に教えられた ”ただ向かい合えばいいんだよ” というアプローチとは違う方法だ。
半年経った今、私は指先に再び感覚が戻ってきた。そのことについてとても嬉しく思う。
(略)
ブラッドはもう自分自身を俳優である、と定義しない。なぜなら、俳優業は彼にとって些細な事だから。
映画はリアルで重たい感情を体験することができる手軽な方法だ。
だが、特に父親である、という事を体験するには、映画という手段はもはや私にとっては助けにならない。

以下、インタビューの一部を抜粋
“It’s just become a problem. And I’m really happy it’s been half a year now, which is bittersweet, but I’ve got my feelings in my fingertips again.”

Pitt also said he’s learning to face his feelings despite his upbringing, where he was taught to “just deal with it.”

He no longer defines himself as an actor, he said, as it takes up so little of his time and focus.

“Film feels like a cheap pass for me, as a way to get at those hard feelings. It doesn’t work anymore, especially being a dad,” he said.



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」



[PR]
# by totoatsuko | 2017-06-28 17:18 | Comments(0)

音楽心理療法体験談4 自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い

d0065558_14362713.jpg
許可をいただいてご本人が自身のSNSにアップした音楽心理療法の体験談シェアします。


表題の 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖い」

というのはとても的を得ていると感じます。多くの人が、初めて ”深層心理を扱う類の” セラピー、カウンセリングプロセスをやろう、と決める時には、同じように感じていると思います。 


行ってどうなるの? って。

薄毛が治る、体重が減る、欲しいものが自分のものになる、みたいな、誰が見ても分かる結果に向かって行うものではないから、そう感じて当然。

ましてや、慰めてもらう、とか、気分良くしてもらう、類の誰かになんとかしてもらえるものではなく、自分でワークしないといけないから。

結構心の体力を消耗する。気休めや気分転換として利用するにはそぐわないサービスだと思います。

彼女の最初の3セッションの間隔は、1年以上、あるいは半年以上あいています。


セラピーのプロセスを深めるには、以前の投稿にも書いたように、一定期間2〜4週間以内のスパンで通う必要があるのですが、

彼女はたまにセッションにきて何をしたいんだろうか?と思っていました。

3セッション目に、そのことについて掘り下げて話をすることができ、彼女は以下のように言いました。


本当のところは、本質的なところから変わりたい、と思ってる。

けれど、セッションを1回受けたら、毎回なんかよくなった”気がして”、”通う” 必然性を感じなかった。

セッションを終えたらもう自分は大丈夫、って感じられたから。

でも、今篤子さんと話していて、自分は気休めなことをして治った気に自分をさせようとしていただけなのかも。

なぜなら、今でも本質的には自分のパターンみたいなのは何も変わってないから。


この対話をした後から、彼女は定期的にセッションに来初め、

9セッション目 (定期的に来始めて7回目)を終えて今彼女が思っていることを以下のように書いてくれました。


=====

篤子さんのセラピーを受けています。

セラピーは奥深いです。

セラピーの内容はその日によって違います。
篤子さんとお話してから、音楽を聴きながらマンダラを描く日もあれば、即興する日もあるし、

楽な姿勢で目を瞑って音楽を聴きながら頭の中に浮かぶイメージ(感覚や感情)をみる日もあります。


どんな内容の日も、言葉では表現しにくかったものを、マンダラとか即興とかイメージで自分で表現して、え!こんなこと思ってたの?とか、これってこういう意味かもしれない! って気づいて、セラピーが終わる頃には言葉でも表現しているなって思います。


自分を知っていくって面白いです。


篤子さんのセラピーを受けて、まだなんとなくだけど、自分の感情を置き去りにして目を背けることがどういうことか、

どんな感情も受けとめて向き合うって難しいんだなってことが、わかってきたような気がしています。
もっと自分を知って、どんな感情でもしっかり感じながら生きていけるくらい、軸というか自分を支えるものが自分の中で大きく育てば、

きっと自律神経も整って、なりたい自分に近づけるんじゃないかなと思います。


今のなりたい自分は、眠れて食べられて伝えられる自分です。
当たり前のことでしょって自分でも思うけど、出来ないのが今の自分です。

自分から変わろうとするのは勇気も覚悟もいるし、そこに時間もお金もかけようと思えることって少ないです。


資格取得やダイエットなら時間もお金も惜しまずできても、自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖いです。

今は何か治したい、変わりたい、助けてって時に、色々な方法を選べるのだから、自分が信じられるものに手を伸ばせばいいんだって、

手を伸ばして掴んだ後から気づくって遅過ぎかもしれないけど、気づけて良かったと思います。


セラピーを受けなかったら絶対に気づけなかったことだから、

わたしは1人でも大丈夫、自分が生きやすいものを1人でも選べるって自信が生まれるまで、篤子さんのセラピーを受けたいです。


生きやすいって

楽できるって訳じゃなくて、自分が納得のいく方を選べて、それから時間がたった後も良かったなって思える生き方です。


(終)


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。



音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」


[PR]
# by totoatsuko | 2017-06-23 13:47 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite