カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

家族なのにな・・・

d0065558_12144780.jpg

音楽心理療法のプロセスの過程で ”子どもの頃の自分の家族” や ”今の家族” の絵を描いたとき
自分が思っていたのとは違う雰囲気の家族の絵が出来上がる事があります。

何も考えずに(理性とか倫理観とか常識、とかに出来るだけとらわれないようにして) 
5人家族の絵をかいてみて その絵についてセラピストと話していると
家族の誰一人として手を繋いでいなかったり
無表情であったり
一人だけ巨大にかかれていたり

自分が気づいてなかった ”事実” に衝撃を受ける事があります。

もう一つ例を挙げると
自分から特定の家族メンバーに向けて ものすごいエネルギーに満ちた色と濃さが向かっており
その色は自分の内部まで蝕んでいるようである一方
もう一人の家族メンバーに対しては ほとんどエネルギーがいっていない


ウチはなんて特異な家族の形なんだろう と思わず感嘆詞が出たとき

じゃぁ、どんなのが自分は あたりまえの家族の形 だと思っているんだろう?
という対話につながる。

CMとか、ポスターとか、商業的な場でよく見る ”しあわせそうな家族” のイメージが 
”スタンダード” だと
無意識に思っているから 自分の家族の特徴を細部まで見たときに その特異さに驚くのだろうか? 


発想を転換して
例えば 色鉛筆セット。
もし、パカッと蓋をあけたら、ピンクとオレンジの色鉛筆が5本ずつ入ってるだけだったら、は? って思うと思う。
私たちは、色鉛筆の箱には、12色 ないし 24色の色鉛筆が入っているのが ”あたりまえ” だと思っているから。

家族の形にだって同じことが言えるとおもうんだけど・・・
世の中、2パターンの幸せ家族 2パターンの家族の関係性や歴史しかないなんて、ありえない。
家族の形にだって、明るい色も、暗い色も、渋い色もあり、組み合わせによっては無限大の色を作れ どんな絵だって絵描けるものなのだ。

だけど、何かの理由で
どす黒い色しか使われていないような家族との関係だったり
おとぎ話のような表面的できれいごとごっこ をやってるような家族との関係だったり、、、

家族の数だけ 家族の絵があるのであって、 
どれがスタンダードで、
どれが特異な絵だ、
なんてものはない・・・ けれど、心は勝手にそういう事を決めつけていて、幻想を見ようとしたり、自分の”理想”を家族とやろうとして、現実の家族と現実の自分とちゃんと向かい合えてない事がある。

そして、それが自分をとても苦しめる。

色鉛筆の色が沢山あるのが当たり前であるように、
家族の形も、自分の在り方も、無限にあり
自分で選べるのだ 作っていけるのだ という感覚がもてるようになる作業ができるのも
音楽心理療法の過程で起こる変化だといえる。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ 
.
.
.
.

[PR]
# by totoatsuko | 2016-09-28 09:57 | Trackback | Comments(0)

世界は 見る人の数だけ違って見えている

d0065558_11250135.jpg
誰かに対して 周りの人と全く違う印象や見解、解釈をもっているんだな、と感じたことはありませんか?

例えば、、、
小さな子供と大人がディズニーランドに行ったとき
同じ夢物語の世界を歩いていても 子どものディズニーランドの体験と大人の体験は違う。

自分より格段背が高くて大きいミッキーやドナルド。
乗り物にのって、本当にその世界を生きているように感じたり、ヒロインになりきったり。

かたや、ある大人はお金の勘定をしているかもしれないし、時間を気にしているかもしれないし、かったるいと思ってるかもしれない

例えば、日常の何気ない事
息をすること
坂道を歩くこと
メールのやりとりをすること
ある買い物をすること

人は、家族は、だいたい自分と同じように感じている、と無意識に思ってる。

でも、全然違う可能性がある、
子どもの体験と 大人の体験が 明らかに違う という程度に明らかに、くっきりと。


個々人の事情と、過去の記憶と経験の積み重ねの上に立っている現在の個々人の”感じ方”は本当に千差万別。
いいかえれば、日常に生きづらさを感じる、行き詰まり感を感じる その世界の自分の見え方は
その世界を ”見て、感じている” 自分 が 変われば 見え方も感じ方も変わる、と言える。

そのためには、今の見え方をしている自分の心の構造を変える事で可能になる。
思考をいじって、理性で、この角度から世界をみたらいいんだ、と分かっていても ”こころ” の感じ方が変わらなかったら、見える世界は本質的には変わらない。

心の 世界の感じ方を変えるには
今、自分の心は何を感じているのか という事が 
本当の意味で分かるようになってきたら 自然に変わってくる。

自分の心は 本当には どんなふうに過去を感じていて、どんな風に今感じてるか
それが、頭を使わず、感覚で 色にしたり 音にしたり イメージ化することをセラピストと重ねて行う中で
自分で 自力で 自分の心の感覚を取り戻す事ができる。

多くの場合、辛い状況や、向かい合いたくない状況を乗り切るために、
人は頭でいろんな理屈をつくって心をコントロールしていて、辛い事に飲み込まれないように自分を防御している。
心が本当に感じている事を感じられなくなっている。

そのギャップが その無知さ加減が 自分自身の苦しみを産んでいる場合がある、とも言える。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ 
.
.
.
.




[PR]
# by totoatsuko | 2016-09-01 11:05 | Trackback | Comments(0)

食 を変える

d0065558_08210690.jpg
例えば、基本的なことで、食生活を変える ということも
今の食生活になっているには これまで生きてきた歴史の中で積み重ねされた

思考パターン:何がどれだけ体に必要なのか、そうでないか、食べないといけないのか、そうでないのか?という固定概念・思い込み
記憶:何かを食べた時の幸福感、罪悪感、嫌悪感 という週刊
生活パターン、行動パターン:ごはんを食べる時間を取らなくなった経緯とその歴史の長さ、
             自分の行動範囲にあっていつも寄っているお店 

など、 たくさんの要素が複雑に絡み合って、 食のパターンが出来ている。
その無意識に作られた囲いの中に 自分の食生活は ”囚われている” だけなのかもしれない。

本当にそれが食べたいのか
本当にそれを食べないといけないのか
本当に ”体” が必要としているのか
体と感情の欲求は 矛盾していないか

自分の中で確固とした変わりたい理由があって、やりきるんだ、という覚悟があっても、食生活、生活パターンを変えるのって それ相応なプロセスだ。周りのサポートが必要な時もあるし、逆にこれまでに築いてきたまわりとの関係が自分の変化の足を引っ張ることもある。 

食生活のパターンを を変えるのがこんなに大変なんだから、
心理構造を根本の所からかえるのなんて、もっともっと 大手術 なプロセスだと思う。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  
.
.
.
[PR]
# by totoatsuko | 2016-08-26 17:44 | Trackback | Comments(0)

”引用” するのは簡単

d0065558_08253989.jpg
世の中には素晴らしい”格言” に溢れている。
素晴らしい一言、理想的な生き方・考え方、あるべき姿のモデル
そんなものが、本や雑誌、イメージ、映像などで あふれるように提示されている。

そして、そのことについて書いてある文章を ”引用” して
こうあるべきだよね、と 職場の人や友達に”指導”しようとしたり、
家族のメンバーや子どもに対して ~であるべき と”教えようと” しつつ

自分は そういうのとはかけ離れた言動を 何も疑問に思わずにやり続けてる人がいる。

なんか しらけちゃうな、言ってることが薄っぺらすぎて。
人の言葉を借りて、あたかも自分がそれを自分の物にしているふりして真剣な話はできないよ。


自分が出来てないのに
人に、子どもに、 ”他人の生き方やセリフを借りて 教える” こと
そして、そういう人になるための ”長期的な変化のプロセス” のサポートや導きは
絶対できない、と思う。

変わる って凄い難しいこと
導く役をまっとうするのは 相当なエネルギーが必要なこと。

口先だけでいい事、もっともらしいこと言って、相手の行動をどうこうしたいと思っているなら
まず、自分がどういう姿であるのか、自分と向かい合うべき。
自分で 自分のありたい姿 に変わるプロセスを 経験して、 
そして あるべき背中 を見せながら、
相手に何かを本当に伝えたいのなら、自分の言葉で相手と対話をするべきなんじゃないか、と思う。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  

.
.
.
.
[PR]
# by totoatsuko | 2016-08-26 17:38 | Trackback | Comments(0)

Music together 2016年 秋学期 代々木上原クラス

d0065558_8454192.jpg


Music together 2016年 秋学期 代々木上原クラスの日程詳細が決まりました。

場所:代々木上原駅付近
日時:日曜日 9時半~・ 10時半~ 各回45分セッション 
(日程の詳細は以下)計12回

1学期 参加費:29000円 
8か月以上のご兄弟 25000円 
(秋学期の教材1家庭1セット、マクロビ スナック付き)

ご両親、祖父母様の一緒の参加、歓迎です!

初日:8月28日
最終日:12月11日

上記の期間でお休みの日曜日 
9月18日、10月2・9日、11月20日 (基本連休にかかっている日曜日)


お問い合わせ・無料体験 お申込みは letsmusicingATgmail.com 灘田 まで。
(ATを@に置き換えてください)

Music together について過去の記事
単発ではなく学期を通して参加する理由

私が娘と参加したmusic together体験感想文

music together がいい! と思う理由

Music Together本部のHP

アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ       
[PR]
# by totoatsuko | 2016-08-22 14:01 | Trackback | Comments(0)

感情をぶつけあいつつ 冷静なときに対話しつつ

子ども達同志の小競り合いは いつも子ども同士で解決するように促しているのだけど
夏休み 兄弟が一緒にすごす時間も長く いつもよりほかの子ども達と交流する時間も少なく
私も巻き込まれて 頭から湯気が出るくらい怒って・・・

どうして私たちは家族というチームなのに、
仲間の事を挑発したり おちょくったり 
ばかにしたり 嫌な事やるの!?

そう言ったら、 彼らから見て納得がいかなかった過去の私の言動を持ち出してきて
今はその話をしているのはない、と言っても らちがあかない。

いいかげんな所で 言い合いの真ん中でも 場をあける
違う場所に移動して 強制中断する
それでも 追いかけてきて 怒りをかぶせたりするメンバーもいる

ほんとうに 気絶するんじゃないか ってくらい頭に血がのぼって
いけない いけない こんなことに こういう風にエネルギー使いたくない、と思う。

そうこうしてるうちに お腹がすいた、とか、明日の予定は~だから
とか、家族間の連絡事項で 全く違うやりとりをして


それぞれが カナリ冷静になったところで 改めて話をしたりする 個別に。


家族というチームを成長させるには、色んな出来事がおきるんだな、当然だけど。

誰が上とか下 とか 本質的にはそんなのなくて
大人であれ、子どもであれ、一人ひとりが 一人の人間で それぞれが一生懸命生きていて
その中で 家族に対して真剣に向かい合って ぶつかって 
許し合って 学んで 成長して そういうのやってこそ
自分たちだけにしかない 家族の歴史と文化がつくられていく。

こどもは そこで人間としての土台をつくっていくのだ。
病んだ心をはぐくんでしまうかもしれない可能性だってある。

親はカンペキ じゃないから
ヘルシーな心の人間にさせることは出来ないけど
せめて 子どもが ”自分の心 おかしいな” って気づく力
自分で自分の幸せ壊しちゃう心の状態・構造になってる って気づく力
そして専門家の所にいく くらいの判断力とか決意を持ってくれるといいな 
と願うばかり。


子どもと向き合ってると つらいなぁ~~  ときどきそう思う。
そんなときは 仲間に支えてもらう。

うれしいことも たのしいことも いっぱいある。
そんなときも 仲間に共有する。


心 って難しく感じるし 実際難しくもあるけど
おそろしく シンプルで 素直なものでもあるから。







[PR]
# by totoatsuko | 2016-08-08 15:01 | Trackback | Comments(0)

地域のラジオ体操

d0065558_1522526.jpg 夏休みに入ってから10日間 朝6時半から ラジオ体操 第1と第2 をラジオを聴きながら地域の小学校の校庭で 地域のみなさんとやる というのが毎年 ずっと行われているらしいのだけど 今年初めて 子どもが行く というので、ついていって一緒にやっています。

朝 外の空気を吸うのが気持ちいい。

自分が子どもの頃も 夏休み期間中地域の人達が主体になってやっていたなぁ と
ラジオ体操自体に あまり馴染みがない現在の子ども達を見ながら思い出しました。

改めて 子ども達って 地域の人達に支えられながら 見守られながら生きてるんだな、
と思いました。別に名前も住んでる所もしらないけど、顔見知りなおじちゃん、おばちゃん、おじいさん、おばあさん達とあいさつする。知り合いでもなんでもないけど、私自身も なにか地域の人と繋がっている感覚 というのは この小さな地域の中で気持ちよく生きていくのに糧になってのではないかな、と思いました。

地域の人達が企画するそれぞれのイベントには参加したことがなくても
でも、そういう風に地域の事を思って活動してくれてる人達がいる地域

そういう地域のエネルギーが感じられるか 感じられるか は
その人の生活様式にもよるのだろおもうけど
感じる事ができたら なんだか心があったかくなるし
自分も出来る事は地域に恩返ししたい という気持ちにもなる。

近所付き合いがストレスになる場合もよく聞くけれど
上手に距離をとって 自分がちょうどいい距離で関われるすべを身につけていられたらいいのにね。

人は 一人では生きていけない。

生かされている事に感謝。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  







[PR]
# by totoatsuko | 2016-07-26 15:32 | Trackback | Comments(0)

裏方の仕事

d0065558_10453234.jpg小学生が、自分より上の学年の公式戦に招集されて、帰ってきてから愚痴っている。

試合に全然だしてもらえないのにいつも招集されて
荷物もったりとかさせられる。
自分たちの荷物なんだから、自分で持てばいいだけの話なのに。

朝早くから出ていって かなりの時間かけて試合場所にいって 一日中炎天下 で
やったことは 少しのアップ(準備運動みたいなもの)の参加 と 雑用三昧
試合観戦もしてるけど 本人的に 興味のある試合でもなかったらしい

確かにね、自分 いかなきゃよかった 自分いなくてもいいじゃん って思う気持ちもわかる。

ただね、そういう雑用係り と言われる人がいるから 
選手はプレーに集中できる環境なんじゃない?
いわば 親が子ども達にやってくれてるような重要な役割を 君たちは任されていたんだよ。

君たちがいないと 試合がなりたたない、重要な役割なんだ。
雑用をしながら チームメイトやコーチの言動を観察して
彼らがどういう人間なのか どういう風にチームメイトとして関わってるのか
そんな所に気づきやすいポジションでもあるんじゃない?

目立たない仕事
料理して洗い物して、洗濯して干して畳んで片づけて、掃除機かけて拭き掃除して、
子ども達のスケジュール管理して 応援して 慰めて 気持ちを受け止めて・・・

それがなかったら 君たち、子ども達は今のような状態では暮らせないんじゃないかな?

全部雑用係がやればいい、 って態度をとられてたら腹が立つ経験をスポーツでしたならば
自分も家族というチームのプレーヤーをやっているときは、
それぞれが出来る 家族の雑用を分担する意識をもつべきだよね?


腹が立つ 悲しい そんな感情体験が
対話の中ですとん と自分の中で落ちる 納得する体験に繋がると
世界の見え方 感じ方が変わる。

それは、セラピーセッションの中でも起きる体験だけれども
いい対話の相手がいたら 日常でも 自分の感情体験 と 日々の対話から 
自分を大きく成長・成熟させるための変容を可能にすると思う、

とくに、成長期のこどもの価値観の形成には 
日々の感情体験と それに対する周囲の大人、保護者の反応の仕方が大きな影響をあたえているだろうな、と 最近よく思う。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  







[PR]
# by totoatsuko | 2016-07-26 11:00 | Trackback | Comments(0)

甘やかされている事に気づかない

d0065558_17495265.jpg
甘やかされている子どもは 
自分が甘やかされていると気づかない。

それで、親に守ってもらえない状況になったとき、
自分で自分の言動に責任を持ち、自分の生き方を確立しなくていはいかなくなったとき、
自分の思い通りにならなかったり、思い通りになるように周りが動かないことに腹をたてる。

親も甘やかしている自覚がない場合もある。
ただ、子どもを大事にしている、という感覚。

子どもは愛されて育つことがとても大事だけど
毒が混じった愛だと、心がゆがんだり、死んでしまう。

自分の事を自分で面倒みれない大人、
誰かがいないと立っていられない依存的な大人になってしまうのは不幸なことだと思うけど
自分に依存する子どもになるような接しかたを子どもにたいしてする事で、
そういう不幸な大人を育てているかもしれないのだが
親として、他者を無意識に利用して自分の存在を確認させてもらう必要がある 
そんなバランスを崩している親の心理的なニーズの対象として
子どもが ある意味 無意識に ”利用されている”、といえるかもしれない。

子どもの将来の幸せ 立派な大人になること
をざっくりとでも心から望んでいる、 という親でも そういう接し方をしうる
なぜなら、無意識の層にある心理的なニーズは、意識 ではコントロールできないから。


甘やかされている子どもは 自分が甘やかされていると気づかない。
小さい頃は特に、自分の親以外の親の子どもへの接し方を知らないから。
小さい頃は特に、自分の親が基準だから、それが 普通 で あたりまえ って思ってる。

親が心理的に healthy であること
それによって、無意識に自分のニーズや 必要のない過去の行動パターンを 
子どもとの関係の中で再現させない

自分が利用されてる って子どもは気づき そういう親から逃げる、という事ができないからこそ
よけい大事な事だな、と改めて思う。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  
[PR]
# by totoatsuko | 2016-07-13 17:54 | Trackback | Comments(0)

幸せの尺度

d0065558_14243035.jpg
子どもがいない人生はかわいそうなのか 
薄っぺらいのか 幸せじゃないのか?

子どもを持たない人に対する風当たりは昔ほどではなくなったとはいえ、ネガティブな見方をする社会や個人は確実に存在する。

どこの大学の研究だったか出所を書きとめなかったのだけれど
アメリカの大学の研究結果で、
老年期の子どもがいる人といない人へのインタヴューで 
自分の人生に対するこれまでの ”幸福度” に差異はみられなかた、というのがあった。

子どもがいたらいた で、悩みも多いし、相当辛い思いもする
子どもと死別する、とか、子どもが犯罪を犯すとか、、、大けがを負う、とか、親子関係が最悪であるとか、、、子どもは別の人間だから何をやってくるかわからないし、彼らにとってよい影響を与えられる人間であれない場合は、それも苦しいだろうし。

一方、子どもがいない人生であれば、それ故の悲しみや辛さもありつつ
子どもがいたらできない事 子どもがいないがゆえに出来る楽しみや、生き方がある。

個人的には、子どもたちと出会えたことに感謝する毎日を送りつつ、
全力でぶつかってくる子どもに、どうぶつかり返せばいいのか、どう受け止めればいいのか、どう答えたら・応えたらいいのか、正解がないところをもがいている時にふっと意識がとんで、これは、子どもがいるが故の苦しみだ、としみじみ思う。親子間のいざこざだけならまだしも、子どもと社会とのいざこざにも親として関わるのには、相当なエネルギーがいる。


一方、子どもがお泊りなどで出かけていって、24時間+α 全て自分のために時間が使えるとき
ものすごい解放感を感じる。子どもの行動や予定を把握して対応しなくていいこと。洗濯物がないこと。自分のペースで時間を使える事。まぁ、その感覚も、たまーに子どもが家にいないことがある故のものである。だから、そもそも子どもがいない人生の充実度だって、半端ないと思う。


話は変わって、、、

一人親だったり、義理の親が一緒に住んでたり、実の親と一緒に住んでる、その内のどの状況か、
という事に子どもの幸せ度は左右されるのではなく、
養育者との”関係の質”が、子どもの幸せ度に大きく影響する という
研究結果もある。

"It's the quality of the relationships in the home that matters - not the family composition," Business Standard より引用


おかれたところに咲きなさい というベストセラーになった本がありますが
社会のレッテルとか、他者の思い込み、とか、自分の思い込み? と 幸せ は関係ない。

子どもがいるとかいない、とか、パートナーがいるとかいないとか
それは、どちらであっても、
幸せを産むものでもあれば、苦しみや悲しみを産むものでも、どちらでもある。

それぞれが 異なる立場や状況で生きていて
何があるから 何がないから 幸せ 不幸 って誰かに言われる人生なんてなくて
そういう事を言い訳に 文句いいながら生きててもしょうがなくて

個々人が 個々人の幸せを感じられる ”幸せを作っていく”自分である しかない。
幸せそうな風景を ”マネ”しても、幸せは再現できない。

まず、自分は内面の自分と どのような質の関係を築くのか
そして、他者とどのような質の関係を築くのか
 誰を選ぶのか選ばないのか

幸せや人生の充実度の鍵を握っているのは、表面的な”条件”に決定されるものではないんだと
つくづく思う。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ  
[PR]
# by totoatsuko | 2016-07-11 14:47 | Trackback | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite